トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

マンガ祭り冬の陣3日目

 本来は、自分だけ早起きして出発するつもりでした。
 カツ味さん達はゆっくり参加の筈だったんですが、CHARLYさんがサークル入場する話になって、こばっちさんも一緒について行く、という話になってカツ味さんも早起きに強制参加です。
 カツ味さん「俺はまだ寝たいのによぉ、全くCHARLYさんは人の迷惑を考えない人だな」
 と、朝からご機嫌斜めです。(サーバーが落ちっぱなしのせいもある)

 CHARLYさんの「赤い翠星」とこばっちさんの「白い悪魔」の二台のえっちカー(HONDA)は順調に有明に到着。しかし駐車場がありません!
 相談の結果、9時開場の駐車場待ちで、サークル入場をカツ味さんとCHARLYさんと入れ替わり。(サークル入場は9時まで。そして『車はカツ味さんには任せられない』そうなので)

 さて、ここからは全員別行動になります(笑)

 
 * サークル参加(入場)

 今日は、kitさん所の『-pure heart-』の売り子さんです。諸事情で売り子が必要らしいです。

061231_1

 サークルのメンバーが集合したのは、

 kitさん:国際展示場駅前のコンビニ前(サンクス)
 亞玲さん:ビックサイト建物内のコンビニ前(ampm)
 自分:有明フロンティアビルのコンビニ前(サンクス)

 すばらしい…何という意志の疎通(ぉ) えーと、今どこにいます?の連続。

 コミケの規模は、サークル参加だけの入場者数で規模の大きさが判ります。
 東なんて、このまま開始してもイベント成り立ちそうな人の多さです(笑

 昨日、お金を使いすぎてしまったので、今日はおとなしく売り子です(ぉ
 開場までの準備時間中に、どんどん形成されていく巨大な行列も関係ありません(興味もないけどw
 昨日のアフターで、一般参加のつもりだった亞玲さんも、なし崩し的にサークル入場。買い出し要員だ。きっとそうだ(笑

 自分のスペースについて、チラシ片づけて、亞玲さんを新刊の受け取り(宅配:kitさんの本)に向かわせて、我々のした事は……まずご飯だご飯! いきなり椅子に座って食べ始める二人(笑) ほらー、スタッフさんがチェックに来ちゃったじゃないか!

 設営は主にkitさん(彼のSPだからね)で、亞玲さんは買い物リストチェックに余念が無く。自分はエムメロお嬢様のスペースと、その留守番役のカツ味さんの様子を見に行ったり。割と近かったからね。
 亞玲さんに「大手に並ばないの?」と聞くと、「礼節は守ります!」と、軍人さんは厳しいのであります。

 開場。
 亞玲少尉はすぐにリストを持って買い出しに旅立っていきました。
 リストのバインダーに「機関室(護衛艦の)」と書いてあって素敵。官給品かと尋ねましたら100均で買った自前だそうです。
 買い物の配分で、かなり論議が尽くされた様子ですが、亞玲さんは主に外勤。kitさんは内勤(笑
 開始早々、30分くらいでこのSPの主、kitさんもそわそわし始めたので「逝っていいよ」と。
 この、kitさん・亞玲さん・yukidenさんのシンジケート「リリカルなのは征服しTai!」のリストが大変。これまでの、なのはオンリーイベントで制覇済みの本以外でリストアップされた今回のノルマは150サークル!?

 各スペースに椅子は2脚ありますよね?
 二人揃って売り子している、って発想がないんですよね、このサークル(笑
 1脚に、後で戦線に参加したyukidenさん含め、3名で「親鳥が集めた餌を巣に運ぶごとく」収集した本を次々に積み上げていって、背もたれの高さまで積み上がって崩れそうです。
 いや、実際何度か崩れるんですけど。

 「崩れそうだから、そこの段ボールとかに移そうよ」
 kitさん「いや、その段ボールには、買った本がもう入ってますから」

 Σ( ̄□ ̄;)

 く、狂ってる。
 本気でリリカルなのは、全部買う気だ!

 亞玲さん・yukidenさん
 「東はほとんど買いましたので、今から西に行きますのでよろしく」

 _| ̄|○

 kitさん「あれ、二人は?」
 「東は終わったので西へ向かいましたけど…」
 kitさん「じゃ、自分はココ(リストの一部分)を回りますので引き続きよろしく」

 _| ̄|○ ○| ̄|_ 

 

 実はカツ味さん方面も。

 11時半なので、もうそろそろCHARLYさんも入場して、カツ味さんと入れ替わっているだろうなー、と、思ってましたら、CHARLYさんは西で大須関係者さんのサークル巡りでハァハァ…留守番は任せっぱなし。

 まあ、こっちは当たり前といえば当たり前ですか。

 途中、売り子のお暇を頂いて、なのはのフェイトじゃないもう一つのフェイトの方で、気になった本があったので偵察に行ったんですが、死ぬほど人が多すぎで、もう何が何だか状態なのですぐに戻って来ました。

 13時半過ぎ頃、そろそろ大須関係者の集合がありそうだと思っても、東は携帯が全然ダメです。
 留守番案内サービスとかあるんですが、第一そこにも繋がりません。メールも遅配しまくりで、11時のメールを14時頃もらっても、ねえ…('A`)
 その頃、メロお嬢様のSPも完売近くで撤収準備に入りつつある様子だったので、自分も直接(西へ)行ってみるしか! という事で、kitさんの所を引き上げる事にしました。買い物が全部済んでいないので、まだご不満の様子でしたがスミマセン。

 西に行くと、ようやく携帯が実用的になりますので、CHARLYさんと連絡を取ります。
 CHARLYさんの「地獄少女オレンジジュース」をゲマのスペースで全部買い占め(笑)が素敵。
 その後、西の大須関係者さんのサークルをご挨拶したり、織姫よぞらさんのライヴをちょっと眺めたりした後、今日もまた電車の修行があるので皆さんより早めの旅立ちとなりました。
 バスに10分くらい待てば座って帰れる位の時間でした(ぉ

 * 秋葉原

 有明から直帰するかと思えば秋葉原。

 どうしようかと思ったんですが、やはり外せませんでした「ひぐらしのなく頃に礼
 販売開始15分程前に到着したけれど、あんまり行列出来ている雰囲気なかったので、混んでいたらあきらめようと思いましたが、これなら速攻で買って帰れば大丈夫かな?
 メロンで、今日売っていた欲しかった外周サークルの本があったけれど、店内一周するレジ待ちの列に萎えて、外のひぐらし特設レジに並んですぐに帰りました。

 帰りの電車修行は楽でした。
 電車が比較的混んでいたのは…どこだろう? 東京から、小田原のかなり手前。眠っていたのでよく分かりません。
 青春18きっぷシーズンの、乗り換えの席取り合戦もなく、小田原からずっとボックスの4人席を占有して足投げ出したり斜めになったりと、少しでも楽な姿勢を探して余裕?(ぉ さすが大晦日。
 それにしても、電車の隣のボックスは明らかなコミケ帰りの集団でしたが、大声の会話の内容はもっぱら戦利品の転売計画。転売ヤーの集団らしいですヽ(`Д´)ノ
 一番きつかったのは浜松到着後の自宅へのバス乗り換え。猶予時間僅か4分。走って走って、心臓ばくばく。逃すと次は1時間後ですから…
 

 思ったより早く帰宅出来た大晦日。
 22時前にはごはん食べてお風呂入ってまったりしたよ。
 まったりしすぎて、年越しまで起きていられなくなっちゃった。
 もういいや、寝よう。

 おやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

マンガ祭り冬の陣2日目

 業界筋の方々はご存じですが、「参加2日目」ではなく「2日目参加」です(ぉ

 始発次の電車で出発。始発のメリットは2年くらい?前のダイヤ改正で無くなりました。乗り継ぎ悪すぎ。
 もう嫌だよー、この電車修行。
 島田→沼津→小田原→品川→大井町と乗り換え。おちおち眠ってもいられません。

 ミリタリー攻略中の亞玲さんが801…もとい501大隊に並んでます、と報告受けた頃、東のマリみて島に突入開始! 国際展示場駅から建物入る前までは「やっぱり2日目だよな人少ないな」と思っていたんですが、うわ、やっぱり人多いや…。

 ヲ買い物開始。
 ご予算は、数千円単位が限度額だった筈ですが、何かねー、ドリル(瞳子)おめでとうセール(脳内妄想乙)って感じか、表紙がドリルだと、ついつい買っちゃって。今回はリュックの中にもう一つ、バックを入れ子にして来たのも敗因のひとつ(ぉ
 普段は買わない壁(※個人的には、出来は良いんですが、イラストでごまかして内容が『薄い』ものが意外に多くて大手は買わないんです)で、ポスターにドリルが貼ってあると、ついつい並ん
でしまう罠。
 美彩'dさん所は志摩子さんだったので、亞玲さんに買いに並んでもらったんですが、横で亞玲さんが買う瞬間、ドリル本が有ったので「買え!」と叫びそうでしたが、寸前で思いとどまり、結局並び直して買いました。売り子さんに「新刊はいいんですか?」と怪訝そうに言われちゃいましたが「もう買ってありますから」と事なきを得たのは秘密です。

 気のせいか(気のせいでなくても)、せんえんさつがすごいそくどでなくなっているよ?( ´・ω・`)

 出かける前に、千円札が3枚。
 これじゃいくら何でも足りないと、ATMに行って千円札ばかり20…いや、万一を考えて30枚!

 秋葉原に戻って、メイド喫茶へ行って会計のために財布を覗くと、千円札が5枚しかない?
 Σ( ̄□ ̄;)

 嘘だッ!

 あの混雑で、きっとすられて抜き取られたに違いない!(千円札ばかり?)

 
 * 秋葉原

 アフターはとりあえず秋葉原。とりあえずでなくても秋葉原しか行く所はない。

 海軍少尉たる者が「お腹が空いた」と泣きが入って、手当たり次第に蕎麦屋とか駅のカフェに入ろうとするので、せっかく秋葉原なのだから萌え系はいいの?と聞くと、「だってどこも混んでるじゃん!」
 「なら混んでいない所(←悪い意味はありません)に連れて行って見せましょうウンディーネ!」(ぉ

 と、行った所はSt.GraceCourt(セント グレースコート)
 「マンションみたいな名前のお店だ!」(亞玲少尉談)

 地下へ降りる通路が判らなくて迷うkitさんと亞玲さん(ぉ
 席は…おお、いい席だ。この二人はツイてるな(ぉ
 なので、壁をお二人に譲ったんですが、『いい席』の本当の意味をお二人は判っていらっしゃったのでしょうか?

 1時間弱、男ばかりで甘い物を食べ一服(これが秋葉原の嗜み)後、それぞれ別行動に。
 

 * 北海道のメイド喫茶のえらい人

 と、秋葉原で再会。雛見沢以来ですか。
 大須のショッパイお友達とスケジュールがブッキングですが、こちらの予定が先立ったのでショッパイ方、すみません。でもいつもラムタラなんですね(笑

 それで久しぶりのYRKさんの「秋葉原で行ってみたかったところ」と言う所でシャッツキステ
 満席でしたが、10分くらいで空くと言うので待っていました。
 案内された席は初めての隔離部屋。穴蔵席? 狭い店内の中の、さらに押入みたいな席(笑
 席は興味津々で座ってみたかったんですが、隔離されすぎていてメイドさんあまり来ないかも(笑

 
 * 池袋

 さて、ショッパイお友達と合流の段階になって、カツ味さん所へ泊まるための場所移動の段階で、
 何かさぁ、この次の行動が読めるんだけど(爆
 既にCHARLYさんから「魔法学院、行くんだろ?」みたいな煽りが(ぉ

 で、YRKさんも当初の選択肢に「アフィリア魔法学院」があったので、ショッパイお友達(名前書いてもいいか、こばっちさん!)と相談して、こばっちさんの車でYRKさんを拉致して池袋。
 CHARLYさんに連絡すると「すぐ行きます」だし、CHARLYさん曰く「カツ味さん誘わないと拗ねるよいじけるよ」という事だったので、連絡すると「べっつにー、どっちでもいいんだけどなー」と言いながら、一番乗りで店の前で待っている驚愕の事実。

 全員集合して上がってみると、満席で予約待ちという事実にさらに1時間待たされる我々。カツ味さんは「もういいよー、帰りたくなっちゃった。家でゴロゴロしてれば良かった」と言い出す始末。
 が、あんまし呼び出しが遅いので連絡用電話番号間違えただろ? 確認しに凸しろ!と、向かった瞬間、席が空いたとの連絡が来て一安心。

 池袋では白いカードは選べないみたいです。
 席に着いて「これで名古屋の知り合いが来たりして。ありえそうだよね」なーんて話していた瞬間、大須の住人Y氏が「みんな居るじゃん…」と入って来て爆笑です。
 お店は、名古屋のダイニングより狭い感じ。壁紙が本棚を模していて、ちょっと違った雰囲気。
 システムの価格の高さにひいていたYRKさんも、体験してみて納得した模様でした。やっぱりメイド喫茶のプロも、良く研究された店舗運営はそう思いますか。

 池袋で解散して、YRKさんとY氏はホテルへ。残った我々はカツ味亭へなだれ込みます。

 * カツ味亭

 カツ味さんの所にお泊まり。
 到着早々、例によって(いつもの事らしいです)テーブルの上にビールが並べられ、「ローゼンメイデン・オーベルテューレ」の鑑賞会です。CHARLYさんのコメンテーターが凄いです。シーンごとに解説しっぱなしです。
 カツ味さん「うるさいなぁ…黙って見てろよなぁ…」

 さらにアルコール(バーボンとかワインとか梅酒とか)が並べられ、アニメも(ローゼン前後編を通して見た後)数話追加されて試聴会。
 こばっちさんはコンビニにアルコールの買い出し。勝手に出入りして、すっかりこのマンションの「インチキセキュリティーシステム」を使いこなしています(ぉ なんてインチキ!
 自分はネットを確認したくてVAIO借りてインターネットしていたんですが、IEに表示されるオートコンプリート機能によるアクセス履歴が……微妙。(爆

 カツ味さん「ダメダメダメダメもう駄目~! もうインターネットは終わり!」

 と、VAIOを取り上げられてしまいました。

 CHARLYさん「カツ味だって、こう言っちゃなんだけど男なんだしさぁ…」

 そうか、カツ味さんも「おっとこの子だもんねー♪」

 ところで、カツ味さんの履歴にあった『くのいち・さくや(注:18禁)』って。(敢えてひらがなで書いてみる) そうか、カツ味さんは…

 * necoplus.jp

 CHARLYさんも撤収して、我々も明日の準備と寝る準備をします。
 カツ味さんは先ほどからVAIOで自宅サーバーにアクセスしようとしていますが、なかなか上手くいかないようです。「あれ? 何で繋がらないんだろう?」と必死になっていたんですが、あきらめてふとサーバー本体に近寄って、

 「えー? 何でー? 電源切れてるよ―――――――!」

 マジ情けない泣き声。 
 タコ足の電源のスイッチが物理的に切断されていた様子です。

 しばらく悪戦苦闘して復旧しなくてあきらめたものの、いったん寝てから再び起き出して
 「やっぱり復旧させる。ボクの大事な人からのメールが来ないもん!」
 と、問題発言?大事な人って?

 ふと気が付いたら、VAIO抱えたまま寝落ちしています(笑
 いびきかいてるし。
 と思ったら、突然再びキーボードを叩き始めました!(どうやら寝ぼけている様子)

 明け方。
 ヤケに眩しいな、と気が付いて目が覚めたら、真っ白な画面のVAIOが、ベッドの上から自分に向かって崩れ落ちそうです。そっと押し戻して寝ます。やれやれ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

捜し物

 マターリとサークルチェック中(ぉ
 もっとも、90%くらいはいつものごとく例によって月夜見楼さんの「マリみて配置図」でリストも地図も出来上がっちゃってるので、それをプリントアウトして出来上がり。
 後は、いつものごとく例によってSMALL CALLさんの「百合作品リスト」でつまみ食いするくらい。
 「買いのがしちゃった…」くらいが自分の予算的には丁度良いのです。

 それより亞玲さん!大変です!
 今のこの段階になっても「ミラクルくのいち総集編」(コミック新旭日の艦隊大馬鹿元ネタ集漫画だけを抜粋した小冊子)がどこに売っているのか判らないのですよ!
 最後の情報で、内田裕樹センセイが主宰なので多分「近衛州兵鉄鉄虎第501大隊」で販売されるのではないかと思うのですが、いかんせん公式サイトのサークル情報は、2003年冬コミ!で凍結されたまま! しかも、いつも書かれる掲示板や、コミック新旭日の艦隊の原作者マンガ家先生の所にも情報が上ってこないんですよ!(原作マンガ家飯島先生のblogには表紙だけが公開された)

 亞玲さんに相談したんですが「カタログCD-ROMにどのようなwordを入れても出てこないYO!」と、あちらも困り果てているご様子で……うーんうーん。

 恥を忍んで、原作の飯島先生に直接聞いてみよう!
 (↑もはやこの発想が全然ダメ)

 しかも、先生、今日は原稿のお仕事だよ?(blogより) うーん、迷惑になるんじゃ…

 と思いつつも凸mailしてしまいました。厚顔無恥。厚顔破廉恥。

 わずか2時間ぐらいでお返事が来てしまいました。スイマセンスイマセン。
 お仕事中申し訳ありませんでした。ご迷惑をお掛けしました。
 これで今夜は心配事なく無事に眠れます。

 後知ったのですが、以前mixi検索した時には「旭日」も「飯島」でもその関係筋は全然引っかからなかったんですが、今回思いついて検索してみたら、ぞろぞろと引っかかってきました。
 501大隊のサークル情報も。

 つーか、皆さん、mixiに潜っちゃってるんですね。
 コミケもmixiを探索のひとつに加えないと、情報が漏れる時代ですなぁ…。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

Canon IXY Digital 900IS 顔認識テスト

 ぐっはー、耐えきれずに買ってしまいました。
 コミケなどに連れて行くカメラ、以前より欲しかったので。
 価格.comの最安値の送料手数料を足した値段より、2000円くらい高い価格に収まりそうだったので、まあいいかな? と思ってヤッちゃいました。
 同じCanonのG7も、さらに1万上乗せすれば手が届きそうでしたが、広角28mmでないし、何より大きく、重い。
 デジタル一眼は常時持ち歩くには超超不便(※大須界隈には常時しかも下手すりゃ数台、交換レンズ完備で持ち歩いている方も確かにいますがw)なので、とにかくお手軽軽薄小さいのを最優先させなきゃいけないので、G7買ったら本末転倒!
 最後まで対抗候補に残っていたRICOH Caplio R5(もしくは型落ち割安のR4)ですが、操作性はむしろR5の方が良さげでしかも900ISより1万以上安い!…んですが、レンズ構造が複雑でトラブル多いと聞いてますし、パッと見はやっぱり見栄えするよなぁ、DIGIC III。

 それで、今流行りの「顔認識」機能ですが。
 Nikonさんが、「当社が世界初」と今更言い始めてますが、中の人も大変だな(ぉ
 Nikonさんのは、顔認識してピント合わせてくれるけれど、そこまで。CanonやFUJIはちゃんと顔基準で露出補正してくれるもの。

 さて、このギミックがなかなか有効そう(特に西の屋上とかw)なので、ひとつの判断材料にしたんですが。

 白いフレームが顔認識です。ほとんど瞬時に認識します。
 TV画面でもちゃんと認識しますね。

900is1
 能登かわいいよ能登。

 TV画像は「地獄少女」エンディングPVなんですが、暗い画像でもかなり良く認識します。

900is2
 うわ、後ろの木の影を認識。何かいる?(ぉ

900is4
 志摩子さんも(はおろか誰も)認識してくれません。

900is3
 閻魔あいちゃんはダメですか?

900is6
 おボクさま。さすがに認識しないかw

 二次元キャラはダメなんでしょうか?

900is5
 あれ? ラムちゃんはちゃんと認識するね。

900is7
 リアル調?なのは楽勝。

 フィギュアはどうかな?

900is8

 全然認識しません。

続きを読む "Canon IXY Digital 900IS 顔認識テスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年1月 »