« 捜し物 | トップページ | マンガ祭り冬の陣3日目 »

2006年12月30日 (土)

マンガ祭り冬の陣2日目

 業界筋の方々はご存じですが、「参加2日目」ではなく「2日目参加」です(ぉ

 始発次の電車で出発。始発のメリットは2年くらい?前のダイヤ改正で無くなりました。乗り継ぎ悪すぎ。
 もう嫌だよー、この電車修行。
 島田→沼津→小田原→品川→大井町と乗り換え。おちおち眠ってもいられません。

 ミリタリー攻略中の亞玲さんが801…もとい501大隊に並んでます、と報告受けた頃、東のマリみて島に突入開始! 国際展示場駅から建物入る前までは「やっぱり2日目だよな人少ないな」と思っていたんですが、うわ、やっぱり人多いや…。

 ヲ買い物開始。
 ご予算は、数千円単位が限度額だった筈ですが、何かねー、ドリル(瞳子)おめでとうセール(脳内妄想乙)って感じか、表紙がドリルだと、ついつい買っちゃって。今回はリュックの中にもう一つ、バックを入れ子にして来たのも敗因のひとつ(ぉ
 普段は買わない壁(※個人的には、出来は良いんですが、イラストでごまかして内容が『薄い』ものが意外に多くて大手は買わないんです)で、ポスターにドリルが貼ってあると、ついつい並ん
でしまう罠。
 美彩'dさん所は志摩子さんだったので、亞玲さんに買いに並んでもらったんですが、横で亞玲さんが買う瞬間、ドリル本が有ったので「買え!」と叫びそうでしたが、寸前で思いとどまり、結局並び直して買いました。売り子さんに「新刊はいいんですか?」と怪訝そうに言われちゃいましたが「もう買ってありますから」と事なきを得たのは秘密です。

 気のせいか(気のせいでなくても)、せんえんさつがすごいそくどでなくなっているよ?( ´・ω・`)

 出かける前に、千円札が3枚。
 これじゃいくら何でも足りないと、ATMに行って千円札ばかり20…いや、万一を考えて30枚!

 秋葉原に戻って、メイド喫茶へ行って会計のために財布を覗くと、千円札が5枚しかない?
 Σ( ̄□ ̄;)

 嘘だッ!

 あの混雑で、きっとすられて抜き取られたに違いない!(千円札ばかり?)

 
 * 秋葉原

 アフターはとりあえず秋葉原。とりあえずでなくても秋葉原しか行く所はない。

 海軍少尉たる者が「お腹が空いた」と泣きが入って、手当たり次第に蕎麦屋とか駅のカフェに入ろうとするので、せっかく秋葉原なのだから萌え系はいいの?と聞くと、「だってどこも混んでるじゃん!」
 「なら混んでいない所(←悪い意味はありません)に連れて行って見せましょうウンディーネ!」(ぉ

 と、行った所はSt.GraceCourt(セント グレースコート)
 「マンションみたいな名前のお店だ!」(亞玲少尉談)

 地下へ降りる通路が判らなくて迷うkitさんと亞玲さん(ぉ
 席は…おお、いい席だ。この二人はツイてるな(ぉ
 なので、壁をお二人に譲ったんですが、『いい席』の本当の意味をお二人は判っていらっしゃったのでしょうか?

 1時間弱、男ばかりで甘い物を食べ一服(これが秋葉原の嗜み)後、それぞれ別行動に。
 

 * 北海道のメイド喫茶のえらい人

 と、秋葉原で再会。雛見沢以来ですか。
 大須のショッパイお友達とスケジュールがブッキングですが、こちらの予定が先立ったのでショッパイ方、すみません。でもいつもラムタラなんですね(笑

 それで久しぶりのYRKさんの「秋葉原で行ってみたかったところ」と言う所でシャッツキステ
 満席でしたが、10分くらいで空くと言うので待っていました。
 案内された席は初めての隔離部屋。穴蔵席? 狭い店内の中の、さらに押入みたいな席(笑
 席は興味津々で座ってみたかったんですが、隔離されすぎていてメイドさんあまり来ないかも(笑

 
 * 池袋

 さて、ショッパイお友達と合流の段階になって、カツ味さん所へ泊まるための場所移動の段階で、
 何かさぁ、この次の行動が読めるんだけど(爆
 既にCHARLYさんから「魔法学院、行くんだろ?」みたいな煽りが(ぉ

 で、YRKさんも当初の選択肢に「アフィリア魔法学院」があったので、ショッパイお友達(名前書いてもいいか、こばっちさん!)と相談して、こばっちさんの車でYRKさんを拉致して池袋。
 CHARLYさんに連絡すると「すぐ行きます」だし、CHARLYさん曰く「カツ味さん誘わないと拗ねるよいじけるよ」という事だったので、連絡すると「べっつにー、どっちでもいいんだけどなー」と言いながら、一番乗りで店の前で待っている驚愕の事実。

 全員集合して上がってみると、満席で予約待ちという事実にさらに1時間待たされる我々。カツ味さんは「もういいよー、帰りたくなっちゃった。家でゴロゴロしてれば良かった」と言い出す始末。
 が、あんまし呼び出しが遅いので連絡用電話番号間違えただろ? 確認しに凸しろ!と、向かった瞬間、席が空いたとの連絡が来て一安心。

 池袋では白いカードは選べないみたいです。
 席に着いて「これで名古屋の知り合いが来たりして。ありえそうだよね」なーんて話していた瞬間、大須の住人Y氏が「みんな居るじゃん…」と入って来て爆笑です。
 お店は、名古屋のダイニングより狭い感じ。壁紙が本棚を模していて、ちょっと違った雰囲気。
 システムの価格の高さにひいていたYRKさんも、体験してみて納得した模様でした。やっぱりメイド喫茶のプロも、良く研究された店舗運営はそう思いますか。

 池袋で解散して、YRKさんとY氏はホテルへ。残った我々はカツ味亭へなだれ込みます。

 * カツ味亭

 カツ味さんの所にお泊まり。
 到着早々、例によって(いつもの事らしいです)テーブルの上にビールが並べられ、「ローゼンメイデン・オーベルテューレ」の鑑賞会です。CHARLYさんのコメンテーターが凄いです。シーンごとに解説しっぱなしです。
 カツ味さん「うるさいなぁ…黙って見てろよなぁ…」

 さらにアルコール(バーボンとかワインとか梅酒とか)が並べられ、アニメも(ローゼン前後編を通して見た後)数話追加されて試聴会。
 こばっちさんはコンビニにアルコールの買い出し。勝手に出入りして、すっかりこのマンションの「インチキセキュリティーシステム」を使いこなしています(ぉ なんてインチキ!
 自分はネットを確認したくてVAIO借りてインターネットしていたんですが、IEに表示されるオートコンプリート機能によるアクセス履歴が……微妙。(爆

 カツ味さん「ダメダメダメダメもう駄目~! もうインターネットは終わり!」

 と、VAIOを取り上げられてしまいました。

 CHARLYさん「カツ味だって、こう言っちゃなんだけど男なんだしさぁ…」

 そうか、カツ味さんも「おっとこの子だもんねー♪」

 ところで、カツ味さんの履歴にあった『くのいち・さくや(注:18禁)』って。(敢えてひらがなで書いてみる) そうか、カツ味さんは…

 * necoplus.jp

 CHARLYさんも撤収して、我々も明日の準備と寝る準備をします。
 カツ味さんは先ほどからVAIOで自宅サーバーにアクセスしようとしていますが、なかなか上手くいかないようです。「あれ? 何で繋がらないんだろう?」と必死になっていたんですが、あきらめてふとサーバー本体に近寄って、

 「えー? 何でー? 電源切れてるよ―――――――!」

 マジ情けない泣き声。 
 タコ足の電源のスイッチが物理的に切断されていた様子です。

 しばらく悪戦苦闘して復旧しなくてあきらめたものの、いったん寝てから再び起き出して
 「やっぱり復旧させる。ボクの大事な人からのメールが来ないもん!」
 と、問題発言?大事な人って?

 ふと気が付いたら、VAIO抱えたまま寝落ちしています(笑
 いびきかいてるし。
 と思ったら、突然再びキーボードを叩き始めました!(どうやら寝ぼけている様子)

 明け方。
 ヤケに眩しいな、と気が付いて目が覚めたら、真っ白な画面のVAIOが、ベッドの上から自分に向かって崩れ落ちそうです。そっと押し戻して寝ます。やれやれ。
 

|

« 捜し物 | トップページ | マンガ祭り冬の陣3日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199552/13332915

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ祭り冬の陣2日目:

« 捜し物 | トップページ | マンガ祭り冬の陣3日目 »