« Windows Vista Upgrade | トップページ | あんずさんお誕生会 »

2007年1月18日 (木)

PCゲームの品質とコスト(ぉ

 『夜明け前より瑠璃色な』を起動してみました。

 アニメよりずっとずっと絵が可愛いんですね!(爆
 感動した!(ぉ

 子供じゃないんだから(ぉ)原作絵は原作絵、アニメ絵はアニメ絵と、これらは別物、それぞれの良いところを見つけだして楽しもうよ、と前向きな姿勢に取り組んでいるんですが、『けよりな』は、アニメをずっと見ていたら、もはやそういう次元を越えていて、変なデッサンの絵に感覚が麻痺してました。

 今頃になって明け瑠璃というか、けよりなと言うか起動したのは訳があります。
 前のPCでは起動できなかったんです。
 シンクロ率が低かったんでしょうか? というかDVDドライブがかなりヘタっていたせいなのか、コピー防止プロテクトが解除出来なかったんです。
 正規版Discなのにッ! Fateやパルフェはちゃんと起動したのに!
 (後輩先生に聞くとプロテクトの方式は一緒らしいです…)
 貸してくれた後輩は「あー、割とあること。ボクはどうせプレイしないから、メーカー登録してサポート受けても、アクティベーション(*)しちゃってもいいっスよ?」(*注:けよりなやフォセットの起動不良サポートに、そんな感じの仕掛けがある) と、言ってくれるんですがね。
 自分で買ったソフトだったら大変だ、自作PCは動作保証しない免責している所が大多数ですし。

 でもこのα-DVDとか言われるコピープロテクト、かなり不安定な様子で、Fate/Followみたいに中の説明書の中で見開きページで多大な労力払って、起動出来ない人がかなりいる前提の書き方で解説しているし、サポートに自分のPCの構成ログを送って、プロテクト解除用の専用CD-Rだかを送ってもらうみたいな仕組みになってまして、動作不良率というものが、何となく透けて見えるわけです。
 フォセットは少し利口で、起動ログを送信すると、プロテクト解除キーを送信してくれるみたいな仕掛けが公式サイトに。
 日本の、まともなメーカーの製品なら、いまや不良率はppm単位(百万分の一)の管理も珍しくないのに、PC業界はちょっと遅れているとはいえ、起動できない動作不良率数%にも及びそうなソフトを確信犯的に出荷しているっていうのはどうなんでしょうね。
 プロテクトにもライセンス料掛かってるし、サポートにも多大な人件費が掛かっていて、結局それらはソフト代金に上乗せされている筈。なら、プロテクト外してもっと安くしろよ、とか。

 でも、ホントにこんなコストまで掛けて、プロテクト掛ける必要あるの?と思っちゃう。
 だってソフトを本気で欲する人たちって、プレイするための無形のソフトウエアはともかく、パッケージも、初回限定特典も、SHOP予約特典も必要なんでしょう。だからプロテクト関係なしに買う気がします。
 コピーでいいや…なんて思っているカジュアルプレイ人口って、そんなにいない気がします?
 18歳以上(の筈)なんだから、携帯に金取られるとはいえ、そこそこ金持ってるでしょ。コピー厨の中学生や高校生を対象にしているなら、本末転倒。いや一番多いコピーシェアなのかも(笑
 それにそんなにキツいプロテクトを掛けていても、ネットではすぐに解除されちゃってるものが流通しちゃいますしね。(ウイルス憑きの物もかなりありますが) 

 そういった部分も見て、ちゃんとコスト計算した上でプロテクト導入のメリットがあると判断しているのかなぁ? と、疑問な訳です。プロテクト掛かってない有名タイトルも結構あるわけですし。

 でも、えってぃゲームって胡散臭い価格だなぁ…と、『定価』を見てよくそう思います。

|

« Windows Vista Upgrade | トップページ | あんずさんお誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199552/13564220

この記事へのトラックバック一覧です: PCゲームの品質とコスト(ぉ:

« Windows Vista Upgrade | トップページ | あんずさんお誕生会 »