« あさって、Wonder Festival | トップページ | 2年続けてWF欠席 »

2007年2月24日 (土)

WF前日の大須

 明日のWonder Festival行きのツアーの集合場所の大須へ。
 会場とは全く別方向なのだが何故だろう?
 ツアー主催者が東京なのに、名古屋集合とは何故だろう?(ぉ

 そんな訳で、装備もちゃんとWF仕様ですのよ?
 いつものショルダーバックではないことに気がついていて? リュックの時には荷物が多い証拠。デジカメや携帯椅子やらビニル合羽、貼るカイロから東京温泉に入っても大丈夫な様に着替えまで。着ていく服も、セーターの下は首までチャックが閉まる起毛素材のシャツと、綿入れのジャンパー。

 が、敵は寒さじゃなくて、花粉。
 今一番辛い時。自律神経までおかしくなっている最悪の時期。もう少しすると、“体が花粉に慣れて” 悪いなりに体調が安定するんですが。

 その為既に自宅から駅に行くまでにやられちゃいました。
 電車の中で目薬さして耐えてたうちはいいんですが、電車内でくしゃみ20連発、すぐに鼻ズーズー、近くのオバサンが風邪と勘違いしたのか逃げて行きやがったですよ…。出だしから最悪。

 * M's Melody Vipperイベント

 お屋敷はマフィアのアジトで、我々お客は「ボス」と呼ばれる設定。
 でもメイドさん達はついつい習慣で「ご主人様」って呼んでしまうんですね。

 早々、限定メニューの『例のもの』(←と言う名のドリンク)を頼んでみます。
 例のものは一見ホットコーヒーに見えるんですが、そこは名前の通りネタ系ドリンクで、底にアズキが沈んでます。砂糖を入れなくてもかき混ぜると甘いので、小倉あんらしいです。

 板橋組とWFの相談したかったんですが、予約1名があって、その後、4番目のお客として突入。板橋組は自分の7組後、入って来たら相席しようと待ち構えていたんですが……入ってきたのは1時間後でした。入口付近のテーブル2つは空きっぱなしだし、バースデー予約の為の一時クローズには5つもテーブルが空いてました。
 バースデー予約の為のスタッフ確保の為もあったかも知れないし、4人しかメイドさんが居なかったせいもあって、満席にして混乱したくなかったのかも知れませんけれど、ちょっと待たせ過ぎな感じもします。

 板橋組が出てくるのを待って、タイミング合わせて予約を入れ直し。
 出てくるのが早かったせいもあって、入れ直しても5番くらいしか順番が変わりませんでした。待ちの順番はたっぷりあるので、外へお出かけです。

 * Dear Alice

0702241

 男ばかりでは入りづらい肩身が狭い、と某掲示板で評判の、やって来たのは1週間前に開店したばかりの喫茶店。板橋組と自分3人の野郎ばかりではむさ苦しいことこの上ないので、ちゃんとお嬢様の引率の下、やってきましたよ!

 メイド喫茶関連のようないわゆる特殊喫茶ではなくて、普通の喫茶店。

 ただ、お店の名前のとおり、『不思議の国のアリス』をモチーフとした喫茶店なので、入口のドアが自分の背丈の2/3くらいのちっちゃなドアだったり、店員さんがアリスの格好していたりメイドさんがいたりしますが、あくまで普通の喫茶店、という位置づけです。

 店内インテリアは豪華。
 対メイド喫茶比較したら(比較するな)最上級クラスのインテリア。
 天井も床も白黒の市松模様で、ミラーになった飾り窓に絵本が飾ってあったりと、アリスの世界を意識しています。

0702242

 本来、女性が楽しむための喫茶店らしくて、出てくる料理等は小振り。でも、かわいいの♪

0702244

 微妙にメニューに迷って、いきなり必殺技の『お茶会セット』を頼む自分(ぉ

0702243

 CHARLYさんも、あれもこれも頼むタチの人なので、テーブルの上は足の踏み場もないくらい(そりゃテーブルの上だからね)

 トイレを拝借したんですが、こちらもハイテク全自動トイレ! ドアを開けて入ると、便器の蓋がジィィっと自動で開いてお出迎え。

 こりゃ、ちょっと素敵なお店が出来た物です。
 待ち時間消化に、チョイとミッドウェイ(*)攻略は遠いけれど、こちらは手頃な距離。福岡人は………ちょぉぉぉっと遠いかも(ぉ
 (*)ミッドウェイ=アフィリア魔法学院と即座に理解したCHARLYさんはさすがに年の功です。旧日本帝国海軍でのミッドウェイ島の暗号略号はAF。AFiliaに引っかけて(ぉ

 * M's Melody

 Alice攻略メンバーで、以後、固定(笑
 案内される席も、以後、固定(笑) なので、自主的に座る位置を変えていくしかない。
 しかも、この席はオルゴール至近席。今日はイベントで、オルゴールに時限爆弾が仕掛けられているとか、破壊されたオルゴールを修復しろ、だとか、そういうアトラクション(笑)の生け贄にされやすい席と言えます。

 最初の生け贄はもちろん板橋組のヘタレツンデレ、カツ味さん。
 しかも説明を良く聞いていなかったのか、我々のデマに踊らされてメイドさんの言ういつもの口上「ご主人様お嬢様3時のオルゴールです。ゆっくりとティータイムをお楽しみ下さい」と喋り出す始末。時限爆弾はどうなったんだよ!!

 大須の801ちゃんが、『M's Melodyも、スゥツ着用イベントがあればいいのに。御主人様も、スゥツ参加義務で』と、恐ろしい事をおっしゃっています。
 浜松市は、人口比だかで『日本一スゥツが売れない都市』だったらしいですよ?(典型的な工業都市ですから) すると大須の804ちゃん、「ゴメン私、浜松には絶対住めないと思う」だそうです。
 「でも、そう言う801ちゃんは、スゥツ着るの好きなの?」
 「大嫌い!」
 ……そんな卑怯な801ちゃんはとっても素敵です(笑
 

 * 出かける人、見送る人

 板橋組、出かける人…どこへ? 有明へ。
 見送る人、私。

 エムメロ閉店前のひととき、このままだったら一緒に行けるかな?とも思いました。が、昼、花粉症を抑えるドーピング追加の為の体調の不調は確実に現われていまして。
 有明の寒中修行に耐えたとしても、お腹が不安定な時のあそこのトイレ事情の悪さは致命的。…別にトイレ事情が悪くはなくて、人、多すぎなのかも知れませんが。
 案の定、帰りの豊橋駅で駆け込む騒ぎに(ぉ) 後、自宅でもorz
 間違いなく、行かなかった事は正解だったんですが、あああ、取り残されるのは寂しいなぁ…。

|

« あさって、Wonder Festival | トップページ | 2年続けてWF欠席 »

コメント

お褒めいただき、光栄です♪
メロでのスゥツイベ、本当に開催されると嬉しいんだけどなぁ。

スゥツ!スゥツ!

投稿: 大洲 夜緒衣(仮名) | 2007年2月28日 (水) 01時03分

そういえば、ロリ服はご卒業されたんでしたか?
スゥツよりロリータだよなぁ、ふつう(ぉ
Dear Aliceにロリ服…じゅるり。

投稿: くくる | 2007年3月 3日 (土) 21時48分

完全にロリ服を卒業した訳じゃないけど。
地味に生きて行きたいので、何かイベント事を除いて着る機会はあまり無いかなーって感じです。

スゥツ!を着てきてくれるなら、私もロリ服着てDear Aliceにロリ服着て行きますよ!←本家801ちゃんの「肉を斬らせて骨を断つ」と同じ考え方w

投稿: 大洲 夜緒衣(仮名) | 2007年3月 4日 (日) 16時49分

スウツの担当は、板橋の人たちに任せてあるもので…(笑

投稿: くくる | 2007年3月 6日 (火) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199552/14069805

この記事へのトラックバック一覧です: WF前日の大須:

« あさって、Wonder Festival | トップページ | 2年続けてWF欠席 »