« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

 予想通りドリルちゃんはお休み

 マリみてを忘れていました。

 何故マリみてを失念していたかというと、登場人物のコーナーにドリルちゃんが載っていないから。つまり、久々の短編集で本編からは一休み。

 だがしかし、ハリガネこと細川可南子の「ストーカー誕生秘話」が掲載されていますのですわよ! もしかして海軍士官狂喜乱舞!?
 何かネタ的に同人的な感じもしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本買いを遂げる

 ボーナスも出た事ですし、本屋にでも行きますか…(ぉ
 いや単にちょっち仕事が詰んでいて行けなかっただけですが。

 公式ブログでも予め見ていましたけれど、「轟拳ヤマト」3巻の香恋さんの表紙が怖いよ(ぉ まあ、この巻ではターミネータばりに活躍するのですから仕方ないですか。
 巻末オマケマンガに「このマンガが売れていない」との下りがあります…。
 う~ん、作者の飯島先生はオタク高齢化の大先輩みたいな感じだと思うのですが(すみません)、決して自分もそれを笑えない年齢なところの身分としましては、やはりそれなりの年代でないと理解されにくい、ちょっとニッチな絵柄とストーリーな気がしますの。特に大艦機のデザインとか。
 うーむ、WFで噂の香恋のフィギュアを眺めてみましょうか?

 ローゼンメイデン……薄い、薄いよ。
 原作側の公式見ると、続きは絶望的なのかな?
 女神さまっとかエヴァとか、たまにしか出ない本って新刊として平積みされている期間を逃すと、もう購入済みの巻かどうか判らなくて閉口するよね。

 新刊書店で6千円くらい買ってしまった後、超久しぶりにBOOK-OFFにも寄ってしまいました。
 こちらでは3千円くらい。
 こちらは全て105円の本なので大変です。そしてその内訳のほとんどが同人アンソロという恐るべき。いや、アンソロって当たり外れが大きいので100円本に限る、って思っている所にFate関係とかひぐらしとかのアンソロがそりゃもう大量に並んでいたので次々と買い物カゴに(ぉ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

ぴあ雀

 Pia雀は…と言うよりPiaキャロットシリーズは全然知りませんが、何か?
 なので、何やら知らない女の子と麻雀をするただの脱衣麻雀ゲームです(ぉ

 エロゲコレクターの後輩ちゃん(社内では通称「宇宙人」)が頼んであったのをようやく持って来やがりました。まあ仕事毎日午前様らしいので許す(ぉ) それにしても「Piaキャロットの、新しい麻雀ゲーム」と言ったのになんで「Piaキャロシリーズ全部」持ってくるのかなぁ……(そういう何考えているのか判らないところが宇宙人たる所以)

 「あれ? これは?(MapleColors)」
 「あっ、間違えて持って来ちゃった。面倒くさいから持ってって」

 Piaキャロット麻雀「ぴあ雀」は、冬コミの時、ガレキ仲間の西高東低さんに整理券取ってもらって、イベントショーを草葉の陰から眺めていた奴です。何で欲しがったかというと、大須の住人の人なら良くご存じの織姫よぞらさんがOPを歌っているので。ただそれだけ(笑

 で、インストールしたらOPが始まっちゃった……目的終了。(デモムービーでいいじゃん?)
 EDだったらどうしようかと思ってました(だってゲームしないと見られないじゃん)ヤッた事ございませんので、出てくるキャラも全然知りません。なので、自分にとっては「良くわからない女の子が出てくる脱衣麻雀ゲーム、それ以上でも以下でもない」訳ですね。
 そうか、親切な後輩はその為に全部一式貸してくれたのかな?(ぉ
 OP見て適当にクリックしたら、対戦相手を選べと、キャラクターのマップが。3人いるので、強制的にこの三人で卓を作るのかと思ったら、一人を選んだらいきなり始まっちゃいました。二人対戦なんですね。(←OPを見てれば判る筈だが…)

 ところでさあ、多分いちばん最初の対戦だから難易度下げてると思うんだけど……圧倒的ではないでか我が軍は!って感じでとりあえず敵?をサクサク倒し続けるの。
 つーかさぁ、役満でもう3回も和了ってるのっておかしくないかい? そりゃ自分はCPU相手の麻雀の時はチマチマしたのを作るのは好きくない(だから勝てないw)けど、勝って何だけど、逆に意図的にイカサマされているようで超不信感。「ホラ、最初は勝たせてやるよwww」みたいなカモにされる典型的なパターン(ぉ

 と、思ったら案の定です。
 少年マンガで言ったら最上階にいるボスを倒す為に登り始めた塔の3階目。いきなりダブルリーチ一発ツモ三暗刻ドラ3で和了やがりましたよコノヤロウヽ(`Д´)ノ

 まあ、「エヴァと愉快な仲間たち」( ´,_ゝ`)より勝ちやすい気がします。
 
 麻雀とか花札とか、こういうゲームの難易度ってどうやって設定しているんだろう? とかプレイしながらいっつも疑心暗鬼。配牌とか完全乱数になっているんだろうか、「統計的な偏り」が作られているんじゃないか? もっとはっきり言えばユーザーは見えない事を良いことに「イカサマに近い」事がされているんじゃないか? とか。
 まあ、やったらとリーチかけて早上がり、っていう思考ルーチンは単純で納得出来るけれど、例えば某花札ゲームで相手にばかり絵札が集まるのは確率的に納得出来ないのですが(ぉ
 だから、キャラクター物の麻雀などで、ポイント制でゲージ溜めて「必殺技」(要するにイカサマ技)を発動するっていうのは、むしろ明朗的なプログラムなのかも知れませんね。

 さて、敵を倒すと?脱衣していき、えってぃシーンになるんですが、てっきり紙芝居かと思ったらアニメーションだったよ。アニメの一部は、画面いっぱい大小のモザイクだらけで一体何が映っているのか全然わからないや。しかも1秒未満の動画の繰り返しなので、アニメの時間の割には動画が少ない(ぉ
 しかしクリックしてもキーボード叩いても、この出来の悪いアニメはスキップ出来ないんですかねぇ……。早く次の敵?に行きたいの、イライラ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

つよきす、おわた

 乙女さん攻略で、平凡かつ単調なシナリオに失望し、しばらく放置プレイだったけれど、久しぶりにエリカさんに手を出したら意外に好みだったので(ぉ)、何だかんだで全員攻略してしまいましたわ。

 佐藤良美さんは委員長で、一見フルメタの大佐風味。髪の毛もコンパチでなかなかよゐ娘に見えるんですが、虎馬から生じるゲーム中随一のブラックさが良いです。だが惜しい、邪魔者は消すぐらいのキレが欲しかったです。
 なごみんこと通称ココナッツ、香具師椰子なごみさんはツンと言うよりヤグサレモードから一転、デレデレモード、典型的ですが甘過ぎ…甘すぎる。少しスパイシーな所を残しておいてくれないとね。
 丁度らきすたのらっきーちゃんねるで「ツンデレ」が熱く語られてたんですが、しかしながらツンデレ定義は、黎明期では異説の方にも支持者が多かった気がします。自分はまさに確信犯的に後者、そう、デレデレ一本槍になってしまってはいけません! ツンツンスパイスの中に見せる「甘さ」が良いのです。
 って事で、なかなか香具師さんは良いのですが、ちょっと甘過ぎ。ま、良いんだけどね(ぉ
 話はそれるんだけど、先日のM's Melodyイベント「C's Melody」(※行かなかったけれど)、COMOKの制服(一期ロリセーラー)着るんなら、あきらさんにらっきーちゃんねる、やって欲しかったな…とか言ったけれど、誰も反応しませんでした。意外に「らき☆すた」見てる人少ないの?

 そして蟹さん。もうね、自分的には外観でアウト。守備範囲外。
 しかしながら公式には最初に攻略を推奨されている、もしかしたらメインヒロイン? なので、シナリオとしてはこの中で一番まとまっているものなのかもですね。

 最後に祈先生。
 うわっ、さすがにオマケキャラだけあって唐突に秋になったと思った瞬間、エンディングですか。

 全部終わったんだけど、隠しルートとかないのかにゃ? とりあえず、中の人の挨拶とかは発見?したけれど…。
 後は、みにきすが残っているなぁ…。TVアニメに出てきたキャラ専用ルートだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

今日の名古屋

 今日の名古屋行きは念のため早めの電車で。
 自分的に都合の良い電車だと、豊橋での乗り換えが3分しかないの。
 3分の接続だと、一旦ホームから上がって改札を出て、2台しかない券売機で切符を購入して再入場して電車を乗り換えるにはかなり厳しいの。いやむしろギャンブル。到着が遅れたり、券売機に人が並んでいたら即アウトだからねー。って、何でこんな面倒くさい事をするのかって言うと、往復特割を買わなきゃならない訳です。

 結果的には早い電車で正解でした。さすが、今日は早くから皆さん待っていらっしゃる。
 そんな中、ショッパイ方が
 「カピバラに実際に触れる所が九州にあるそうですね」
 「うん、時々大須に来てるし」
 「背はこのくらいでお腹が出ていて……」
 何かすっかり「カピバラ」という名が定着しちゃってますよ?今日来るはずだった某福岡人さん、えらい言われ様です。ちなみに漢字を混ぜる表記だと「ガビ腹」とか(ぉ

 そしたら肝心のM's Melodyは、レジが2000年問題?で起動しないとか。開店がちょっと遅れました。
 久しぶりのCHARLY様と相席。
 限定メニューの「チマ丼」を二人とも頼んだんですが、昨日も来ていたCHARLYさん、メイドのこゆずさんを呼びつけて「昨日はタマネギとシラスが入っていたのに、今日は入っていないじゃないかYO!」とお叱りモードです。こゆずさん、慌ててシラスだけ別に小皿で持って来ました(笑 うん、シラス食べてカルシウム取った方がいいです。
 いやー自分のにも入ってませんでしたが、全然気が付きませんでした(ぉ)←つうか、食べるの初めてですし。

 一旦お出かけ時に2名で予約。約4年ぶりくらいにお帰りするかも知れないお方が!
 当日「リリカル&まきまき」イベントに来ていて、天候の具合でそのまま帰るかも…と言っていたkitさんが来襲。巫女茶屋以来ですね(笑 今日は混雑しているのでM's Melodyのお帰りは危ぶまれたのですが、良いタイミングで現われました。
 外の待ちが多い割に、中に空席が目立っているのに少々不思議に感じているご様子。噂ではキッチンにバッファオーバーフローの脆弱性(嘘)があるためにわざと空けているらしいですよ?

 席でVideo i-Podをいじってるので見てみると、さすが今ハマっている「リリカルなのは」が全話入ってる。あと、瓶詰妖精全話とか、落語天女おゆい(ぉ)とか、なかなかマニアックな取り合わせですね。
 「えーとこれ何ですか?『大阪ほんわかテレビ』」
 「あーそれ、『ここ』の取材の時の番組」
 って、うわっ、M's Melody&巫女茶屋の取材の番組が入ってる! こんな動画携帯しているんですの? と驚愕の事実。
 なのは一辺倒っぽいので、最近噂の「電脳コイル」の話題とか振ってみるの。
 「何それ? NHK教育? コレクターユイみたいなの?」
 「うーん、あの時間帯の少年少女に『管理ドメイン』とか結構専門用語使ってるの」
 「あー、ドメイン、あれはね――――――(約2分くらい解説)」
 しまった、プログらマーな方にこういう話題を振ってはいけませんでしたか(ぉ

 タイミング良くオルゴールの時間を過ごし、結構制限時間近くまで過ごしてお出かけ。kitさん4年ぶりなので有効期限切れてるし、そう来られないし…と言っているのに有無を言わさず新しくスタンプカードを作ってるさくやさん。

 それでゲのマのズなど経由して、普通と特殊の中間くらいの喫茶店「Dear Alice」にやって来ました。
 ……何これ。商店街のアーケードの中の道を半分塞ぐみたいな形で待ちの行列が。しかも店の構造から中が全然見えないし、列進まないし、と思ったらかなりの大人数のグループが突然現われて平然と中に入っていっちゃうし、いい加減待っているのも無駄に思えたので、近くの普通の喫茶店でお茶(ぉ)

 18時過ぎましたので、kitさんは帰宅(兵庫県) 自分はM's Melody。メイドのさくやさんの卒業式なの。
 今回、涙のシーンはなるべく割愛して、さくやさんとのふれあいタイム?を多く取る、という趣向で式自体はあっさり簡潔に、むしろお笑い風味にて進行しました。
 メイド卒業後は、実家の喫茶店を継ぐために修行するそうです。
 「えー、その喫茶店は将来店長はメイドさんがいるんですよね?」
 「いえ、猫が店長です」

 さて、肝心のさくやさんふれあいタイムですが、県外から来ている身は辛いよ、と言うことで体験することなく撤収。今日来られなかった福岡カピ腹星人が腹いせに悪天候をもたらす噂もあって警戒していましたの。(福岡人×大須関連=悪天候 の公式はすごく良くある事)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

ドキドキの医者へ…

 覚悟を決めて医者へ。もちろん会社はお休みです。だって立っていられないんだもん。
 休日医療にかからず今日まで我慢してたのは、骨折してた時の医者に掛かるため。だって骨折跡と今回のが区別つかないと困るもん…とか、シロウト考えです(笑
 もしかして一ヶ月足洗えない最悪の覚悟もあって、病院行く前に痛いの我慢して足をキレイキレイしていきました。
 徒歩5分の距離なのにタクシー呼んで、まるで福岡県人並の行動力です。

 先生に会って「またヤッちゃった。てへ♪」

 医者っていうのは、痛いっていうのに、もしかして折れてるかも知れないのに(前回は実際折れていたし)、どうしてこう遠慮なくダイナミックに触るのかな? 痛い指をグイっとねじ上げて…「痛い痛い痛い!!!」
 それで痛いところにマジックで×印されてレントゲン室へ……
 
 ドキドキで出来上がった写真をしばらく無言で先生は見つめ、「あー、骨は何ともないですね。捻挫だけですね」と言われて、前回の状況を知っている看護婦さん達から「よかったね」と慰められました。
 「まあ、一週間すれば直るでしょう」
 「凄く痛かったんですが…テーピングとかしますの?」
 「必要ないでしょう、湿布して踵でかばって歩けば大丈夫」

 って事で一週間分の湿布薬もらって無事解放。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

つよきす

 朝起きて、足が治っている事を期待して……は無惨に敗れ(ぉ

 もし、再度ギプスの生活になったらと考えると精神的ショックが大きいです。憂鬱の極み。
 気を紛らわせるために溜めてあった「らき☆すた」を眺めたのですが、あっという間に見終わってしまいました。だらだら見るには好都合だけど、癒やされないな(ぉ

 とにかく足を下げていると(つまり椅子に座っていても)ジンジン痛むので、常に床上に投げ出す姿勢です。
 PC近くの座椅子から動けないので、何気なく突然思いついて、乙女さんルート終了後放置してあった「つよきす」を起動。当然「蟹」は無視してエリカさんルートへ。
 ヤケクソで、ぶっ続けで完了。少なくともヤッてる最中は、足の事は多少気が紛れてました。

 エリカさんルート、乙女さんルートより自分的には好み。典型的「お嬢様で恋を理解していない」ツンデレテンプレート。乙女さんは恋モードだとデレデレで腑抜けになりすぎるからなぁ…。やっぱりあくまでツンツンしてなくちゃ、ということでは合格レベルでしょうか?
 むしろかなりの物語の終盤、エリカと百合?を匂わせる良美さんとエリカのどちらを取るかの選択肢が出るんですが、どちらかひとつは、つよきす=「つよき(強気)」の女性を意味するタイトルで、優しく笑顔で温和な優等生の良美さんの、どこをどう見れば強気な女性なんだろう?……って謎が、なかなかダークに明かされて一見の価値がありますね。ああ、間違いなく「地獄通信」に書き込んじゃうタイプなお方だw あるいは「嘘だッ!」と叫んだりとかww

 このエリカさんを攻略する事により、良美さんが攻略可能になったんですが、このエリカルートの良美エンド見た後で良美さん攻略させるとは、なかなかよい趣なものですね(ぉ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

3歩進んで2歩下がる

 社会保険事務所へ行ってきました。
 今話題の年金問題ですね、はい。
 短い期間で転職3回とプータロさん(つまり国民年金期間)と転居3回と、激しく回していたので(ぉ)、典型的にヤヴァイパターンです。
 土曜日で、世間様がお昼時をピンポイントで狙って襲撃してみる……案の定、想定したとおり、お昼も営業しているし10人待ちぐらいだし待ちは40分くらいと言うから、何だ、某所(どこだ?)と比べれば全然大したことはないと、持ち込んだコミックスを読み始めましたら1冊読み終わらないうちに呼ばれました。
 向こうも良くわかってらっしゃるので(笑)、自分くらいの相談者だと「はい、払い込み記録の確認ですね」と、すぐに記録を打ち出しに行ってくれました。
 まあ、自分の場合は漏れなくどころか、2ヶ月間だけ派遣されていた自動車メーカーの基金の記録までしっかり記載されていて(自分すら忘れてましたそんなの)、安心しました。

 ……が。

 その社会保険事務所から出て、出口の階段を下りきった瞬間、3ヶ月前骨折した足が「ズキッ!」っとな。うわっ、ちょっと、いや凄く痛かった。まだこんな痛い事あるのか…?
 と、その時はまだそう思っていたんです。帰りにちょっと本屋寄ろうか…なんて考えていたし(空もゴロゴロしはじめたので断念)

 ……痛いよ、何コレ? 腫れてきた?
 夜、寝る前には痛くて立ち上がれなくなってきたよ?? えええっ!
 この前折った時より3倍くらい(当社比)痛いよ。
 ものすごい悪い予感がするんですが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

日本以外全部沈没

 月初めになったので、レンタルビデオ屋で新作落ちのチェック。『日本沈没』と『日本以外全部沈没』はセットで。地獄少女二籠3~4はまだ旧作に落ちてこないのね。

 日本以外全部沈没は、お手軽に見られそうだったので早々に見てみました。
 筒井康隆お得意のパロディに載せてのブラックユーモアの短編の映画化なんですが、いや、バカバカしいとしか言いようがないですね、この映画。内容はないので、笑える所だけ笑えればいい感じですが、まあ映画だからといっていい気にならない方が日本人さん(笑
 アメリカの人気女優が「日本の映画なんかチープで出たくないわ…」と言うとおり、まるで昭和の時代の特撮の様に、ビルの崩壊は石膏ミニチュアの爆発シーンで、チープさ満点です。CGよりむしろお金がかかるかも…
 外人は失業者で溢れかえっているので、メイドさんを3人くらい雇うのが今時のステータスらしいですよ!!
 そしてやっぱり北のお方はクーデターを目論む訳ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

TV録画コレクションしてはいけないんですか?

 ナガブロ:法律勉強メモとか読んでいて、
 著作権法第30条、いわゆる『私的使用のための複製』の事なんですが、TVを一生懸命録画して保存して膨大にコレクションする事が、この私的使用の範囲を超えている、と判断されるとか? 『著作権法逐条講義(五訂新版2006年度版)』に出ているとか。
 録画したビデオテープにタイトルを表示したり、プリンタブルDVD-Rに綺麗に印刷したり、それをちゃんとコレクションとして保存する行為は『度を過ぎた行為』と判断される様ですよ? どこまでが膨大なコレクションとするか曖昧な気もしますが。

 だって、家電のDVDレコーダーやVHSやMDなどの録音機器だって私的録画(録音)補償金、払っているじゃないですか。Video用DVDメディアやMDやビデオテープにだって、レンタルCDやビデオだって「複製される物」として補償金取っているじゃないの。金取っておいてダメなの? 例えばCPRM(コピーワンス)で管理されまくっちゃっていても、枚数溜まるとダメって事ですかね。
 今はどうか知らないけれど、TVやFMの番組雑誌や、VTRテープのオマケとして、特番や映画のビデオテープに貼り付けるタイトルラベル(しかも最初から番組が印刷されてる!)があったし。SONYなんか、ベータの方がVHSより小さくてコレクションに便利、テープ1本に一番組をジャスト録画、なんて言ってたぞ! なんだい、今まではメーカーこぞって著作権法違反を幇助していた訳ですの?

 録画済みHDDをどんどん積み上げるのはダメでしょうかね?
 でも使わずに放置系のHDDって流体軸受けが固着してダメになる予感……。

 今時のHDDハイブリレコーダー持ってるアニメマニアは大抵アウトになる気がします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »