« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年10月28日 (日)

ひぐらしデイブレイク

 新しいパソコンも一年も使うと、内部のデータ整理はぐだぐだ。いっつも使い始めの頃はちゃんと階層別に整理しようと意気込んでいるんですけれどね。いや、時代のファイル増加に対応しきれていないというか(ぉ

 で、変なところに見慣れないショートカットアイコンがあったので、ついクリックしてみたら「ひデブ」だったの。ああ、こんなのもパソコンの中にインストールされていたのね(ぉ

 黙ってそのまま終了しようかと思ったけれどふと考え直して、その昔、もうすぐまんだらけになってしまう“某2階”の特殊喫茶の現役バリバリ常連だった頃のカリスマレイヤー葵あずささんと、二人でお揃いで「MELTY BLOOD」を購入した時、それをプレイするために買った格ゲー専用コントローラーを接続してみたのでした(ぉ
 ちなみに「MELTY BLOOD」は新品未開封ですが、何か?(ぉぉ

 ええっと、格ゲーつうかアクション系はあんまし得意ではないです。つうかこの手のゲームは自分の反射神経とかそういうのが人間としての能力のピークをとっくに過ぎています(わかりやすく言うと歳を取った)
 いや、昔は友人の家に行った時に初代PSの何だっけ?有名格ゲーで、自分をカモにする予定の友人を、30分で操作に慣れた私が返り討ちにしてボコボコにしましたよ?(←言い訳)
 まあそれでもストーリーモードは30分ほどでさっくり終わってます。赤坂とクラウドに地形的な面も含めて手こずっちゃった…。

 変な視点で感想を言うと、「雛見沢聖地巡礼シミュレーション」?
 ストーリーモードでプレイすると学校が舞台になるけど、学校の周りをぐるぐる回ってみてちょっと感動した!
 その他の舞台も、対戦モードでキャラを変えると色々変わるみたい。対戦やストーリーをこなすと舞台も自由に選べるのかも知れないけれど、自分にはそれはちょっと無理(笑
 それで新しい舞台だとちょっと感慨にふけって、舞台内を散策していると背後から襲われていつも死んでしまうの、さすが雛見沢(ぉ
 地理的に見覚えある場所ですが、梨花ちゃんハウスには行けないんですね(ぉ

 そしてッ!
 空中戦嫌い! なぜかいっつも青空をバックにパンツ丸見えモードの戦いに! ちゃんとジャンプしているつもりなんですがね。Rena
(引用画像:ひぐらしデイブレイク/黄昏フロンティア

 あまり対戦成績は良くないので、自分のキャラは強めに、対戦相手は弱めに選択するの。自分のはトミーが相性が良いみたい(笑
 しかし、梨花ちゃまを赤坂でぶん殴りつづけたり、沙都子を悟史のバットでぶん殴ったりとか、なかなか心が痛む戦いですなぁ……。あ、フリーズした!!!(ぉ

 そして壮絶な4人梨花ちゃんモード(ぉ)

 とりあえずこれは今度とんかつ屋(カツ味さん)へ持ち込んで雛見沢観光をしてみたい気分です。やっぱり対人ぢゃないと飽きちゃうんですよね。かといって通信対戦するほど上手じゃないし(笑
 でもとんかつ屋さんは意外と上手そうなんですよね……若いからなぁ…(爆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

ジブリになれないミヨリの森

 溜まったアニメを消去すべく、HDDレコーダの録画内容を整理していたら、「何だろう? この2時間超の番組は?」と思いましたら、それが『ミヨリの森』だった訳です。

 見始めてすぐ「何、この雛見沢?」と、お前合掌造りの建物見ると何でも雛見沢なんだなバーカバーカ、と言われそうですが、自分が持っている雛見沢訪問の検証写真と見比べると、建物の配置とか形状とか若干捏造がありますが、紛れもなく雛見沢です(ぉ
 そして、やっぱりダム湖になって沈むんかい!(笑
 そして、やっぱり反対して戦うんだな。

 まあ、前置きはともかく、最後まで見ましたよ、一応。

 何かこれ、ジブリの「平成狸合戦ぽんぽこ」の劣化コピー? ネットで調べると皆さん概ねそんな感想です。 ジブリを意識したんだけど、ジブリには遠く及ばないっていうか、そんな感じ。つうかトトロとかのエッセンスも色々拝借しているだろ……。
 背景美術とか、そういうところは比較的がんばっているんですが、動画が時折(森の中を動いている時とか)不自然というか変というか、キャラクターデザインもリアル指向なんだろうけど、ちょっとキモチワルイ。ジブリほどに丁寧に書かれていないから、リアルなのに普通のアニメキャラのように平面的に見える部分でちょっと気持ち悪いのです。
 その上、声アテに声優じゃなくて俳優を使うマネまでして、ジブリの表裏一体のネガティヴな部分ばかりを引き継いでしまっている気がします。

 そして神々しい?桜の精さまが出てきたら、もうダメ。
 うわっ、これ背景の制作会社とかスッポンサー様に○×教会とか、そんなのが荷担しているんじゃないかと、そんな気さえしてきたくらいです。

 ストーリーは平凡。平凡ゆえに余り深く突っ込まない小さなお子様たちが見るにはちょうど良いかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

Nice boat.な原作

 笑劇(ぉ)のNice boat.な最終回だったアニメSchool Daysのルーツを辿ろうと、会社のエロゲコレクターの後輩ちゃんに例によってレンタル発注をかけてました。
 なかなか持って来ないので督促したら、
「すみません、実用のは先に貸し出しちゃっていて無いんです。観賞用と保存用はあるんですが」
 なんだって~(AA略)、
 観賞用はダメなのか?
「だってだって、部屋にディスプレイして置くのだから開封出来ないし……」

 う~む、俺様より先に発注した奴がいるだなんて、なかなか侮りがたいな。

 Summer Daysは即貸し出しOKらしいですが、スクイズはあくまでネタとしてそこそこ楽しめるけれど、ネタでするならスクイズだけで充分、とってもつまんないらしいのでパスしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

特殊喫茶に入り浸り(ぉ

 今日のM's Melodyは『M様がみてる』イベントで、M様とはまきる様の事らしいです。この前のイベント予想が半分当たって(笑)、中に入る時にまきる様のご加護があるよう、柱に貼られたまきる様の肖像に手を合わせて入る、と言う趣向(ぉ
 まるっきり一見さんおいてきぼりの企画ですが、今回のイベントは一見さんお断りのVIPイベントなのでいいのです(ぉ

 CHARLYさんに加え、久しぶりに現れた板橋組のレガシィさんと、最近引きこもり気味のとんかつ屋さん、ショッパイお友達のこばっちさんを加え、大所帯で回します。
 メンバー固定なので、
 メイドさん「次のご予約、どうされますか?」
 CHARLYさん「前回の(名簿の)コピペでおながいします」
 
 今日はかなりまったりしていて、福岡の人なら最高新記録を狙える位に(ぉ) 何しろ、トイレに行くタイミングを取るのも難しいくらいに。予約するにしても、高速回転している温珈琲さんが一名様で待っている程度なので形式的に書くだけで、すぐに順番が来ちゃうんですね。
 あまり特殊喫茶の中に引きこもっているのも疲れちゃったので(ぉ、わざわざ休憩でそれぞれお買い物に繰り出す始末。
 が、小一時間して戻ってみると、入店待ちの名簿は、前回我々が入るのに記入されたのが最後のままという驚愕の事実!
 そしていつも4~5人で入るので、席も指定席化されちゃってるぽい、いやむしろ店内全体も代わり映えしない感じですが(ぉ

 ところで、このお店はメイドさん(今日に限っては妹と書いてスールと呼ぶ)を呼ぶにはテーブルの上のベルを振って鳴らすんですが、ベルを持っているだけで鳴らしてもいないのに来るんです。ましてや、一味唐辛子の瓶を振ったら来た、だなんてあり得ない。

 なぜ一味唐辛子なのか、は以下に(ぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ物を3倍美味しく食べる魔法の赤い粉?

 そんな特殊喫茶での会話の中、
 レガシィさん「TVで『一日で唐辛子を一瓶使い切る』みたいな挑戦の番組、やってたぞ…」
 CHARLYさん「はあぁ? 一食で、の間違いじゃないの?」
 の様な会話をしていて、その後、我々は驚愕の事実に遭遇するのでした。

 CHARLYさん、キーマカレー頼んだんです、キーマカレー。
 当然のごとく、ボトルキープしてある一味唐辛子の赤い瓶が3本付属して出てきます。メイドさんに「いつものアレ」で通じるんですよ! ちなみに七味唐辛子は辛さが不足して風味が悪いのでダメだそうです。
 ……大体さぁ、メイド喫茶にマイ唐辛子として3本も4本もボトルキープしてる人っている?
 そしてその瓶は、普通は中に3mmぐらいの穴が開いた中蓋があるんですが、それが無い。本人曰く「出てくる量が少なくてまだるっこい!」

 今回特別にメイドさんが「気が済むまで」カレーに一味唐辛子をふりかける事にチャレンジしたんですが………かけている方が精神的にギブアップ。甘い、甘すぎるぜ、この味覚異常者には無駄無駄無駄~。カレーの地肌が見えるではないですか。
 ということでカレーが完全に見えなくなるまで唐辛子を振りかけるんです。メイドさん、顔が引きつってます。
 そして、カレーでしっとり湿った唐辛子部分だけをスプーンで食し、カレーが現れるとまたその上を唐辛子で覆い尽くし直すという、何かね、どうコメントしていいのやら。
 そして一食で一瓶、どころか3つも空瓶が散乱するという惨事に。

 そしてその後、さらに驚くべき真実が!

 食事後、メイド喫茶疲れを癒すため? お買い物に出かけた我々ですが、CHARLYさん、大須の中のとあるスーパーに入り、脇目もふらず、ひとつのテナントのコーナーへ。そこで迷うことなく4本くらいの一味唐辛子を鷲掴みにしてお会計。
 店のオバチャン、
「あっ、いつもいつもありがとうございます」

 唐辛子ばかり買って、ここでも常連かいっ!
 東京の人間が、名古屋のスーパーで唐辛子買い占めの常連だなんて、あり得ない。

 CHARLYさん
「ナウシカって知ってる? あの服の胸とかベルトとか、銃の薬莢じゃなくて唐辛子の瓶が……」
 そんな訳ないって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

非現実的のARIAの中に現実臭さを見た感じ

ARIA 第11巻。
 その最後のエピソードで、アリスが二階級特進で一人前のウンディーネ「プリマ」に、昇格するというお話。
 話の進行は、すでに今までのARIA/AQUAを読んできた読者にとって、アリスの昇格の物語であることはバレバレなんですが、二階級特進で、灯里と藍華の「シングル」の階級を飛び越えて「プリマ」というのは予想外。
 めでたいお話なんですがね……。感動の場面なんだけれど。
 でもね、自動車運転免許で言ったら、アリスは今まで自動車学校の場内の箱庭のコースで練習していたのを、お前は運転技術とか教科などなら完璧だから、仮免飛ばして本免許を与えるよ、みたいな。
 ウンディーネの資格で、シングルって言ったら、指導員のプリマの下でのみ、お客様を乗せても良い、いわば仮免の状態で、これが実際のお客様との実地を体験する非常に大切な訓練だと思うの。身内(灯里と藍華)だけの訓練と違った現実の不特定多数のお客様との。
 それを省略していきなりプリマにしちゃうなんて、うがった見方をすれば、アリスはゴンドラ協会や会社の「客寄せパンダで話題作り」にされた、なんて思ったり。
 当然歴史上最年少、ということで色々な方からご指名うける可能性が大きいから、クレーマーな客とか偉そうな客とかミーハーな奴とかいっぱい来て、ミドルスクール卒業直後の年齢では正直キツいんではないかと。

 ああ、年寄りは夢がないね(ぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

リメイク映画

映画館で映画鑑賞なんて、超超久しぶり。いったい何年ぶりなの?
って感じで映画に行ってきました。
過去の作品を監督自身がリメイク……と言ってもレイのアレぢゃありません。大林宣彦監督の『転校生』です。25年ぶりのリメイクです。
なんと! この映画観に行こうと言い出したのは、実は母親!
浜松映画祭で千円な上に、大林監督が舞台挨拶に来るというのが気に入ったらしいです。母親ながら案外ミーハーなのかも(ぉ

 入場時刻に合わせて行ったら(シネコンはキッチリ時刻にならないと入れてもらえないのね)、入場時刻前なのにもう入場が始まっていて、監督自らが入り口でお出迎えなの。
 舞台挨拶も開始時間を若干フライング気味だったので客の入場が続いており若干落ち着かない感じの中で始まり、スタッフさんの、恐らく『時間、オしてます!』とか書かれてるんじゃないかと思うボードが出たところで終了でした。

 上映開始で、久々に白い枠線が描かれ、その中に『A MOVIE』の文字が浮かび上がるのを見るのは久しぶりで、少し感慨深いのです。
 映画の内容は、あの尾道の舞台を長野に移し、ご存じ男女の主人公たちの心と体が入れ替わってしまったギャグデイストの部分は、全くと言っていいほど忠実に移植されています。旧作は何遍となく観ていますので、このまま旧作のストーリーをなぞるように進むのかと思いましたら後半、違うアレンジが用意されていました。
 
 ……うむ、やはり前作の方がまとめ方が秀逸だったせいもあり、やはり超えられなかったですか。
 少年(の心)だった日々とのひとつの決別を印象深く描いたもののひとつに銀河鉄道999の鉄郎とメーテルの別れがあるのですが、前作の転校生でもこのシーンは非常に巧く描かれていたと思うのです。無事に男女の入れ替わりが戻って、再び転校する主人公。二人はもう一人の自分自身だった者と別れを惜しんで見送った後、ヒロインは、もう振り返らずにスキップして帰っていく。お互いの未来のために。

 ですが、リメイク版ではヒロインは突然発症した難病により、あっけなく他界してしまいます。主人公の男の子がヒロインの記憶だったものとか背負っていくんですが、ヒロインに未来はありません。
 難病は心と体が入れ替わった事によるものだから、元に戻ればすぐに回復するんだろう…みたいな終わり方を期待していたんですが、悪い意味で裏切られました。

 犠牲を背負う新作は、旧作を知る者にとっては少々納得出来ない感じがしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »