« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月19日 (土)

チケット争奪戦

0719_2

 マリア様がみてる~秋のリリアン祭~ のチケット一般販売の日ですの。

 大体こういうイベントは東京、千歩ぐらい譲っても名古屋あたりぐらいなら何かの拍子に来るかも……のアニメイベントなので、今までは発表されても「( ´_ゝ`)フーン」ぐらいで済んでいたんですが、前回(2年前)、思わぬきっかけで行った「真夏のリリアン祭」が楽しかったらしく(ぉ、今回も是非……って感じで、アニメイト先行販売の抽選には勢い込んで、名古屋の特殊喫茶仲間の協力をも得て、私を含め3人分で抽選に挑んだのですが、やっぱりというか、全部玉砕しました(笑

 何か、そんな感じがしてたんだ(ぉ

 当選分のチケットは引き取らない場合、ブラックリストに載って以後の抽選には当選しなくなる、という注意書きがあったので、あまり当たりすぎると処分に困るし(ぉ)、お知り合いに頼みまくるのも遠慮しちゃってたんですね(ぉ

 そして今日はローソンチケットによる、一般販売日。
 先行販売分の残り滓、という感じもするんだけど、これが最後の「アタック・チャアァァンス!」(拳をちょっと震わせて)

 今回も、私を含めて3人体制。
 ご家庭PCからだと、やっぱりID登録が必要なのでたくさんの協力者は得られないのですが、一人は私のIDを使わせて、弟。
 もう一方は、とある山奥にあるココロ図書館の飼い猫さん(笑
 私は……というと、ローソン店頭の端末、ロッピー。
 アクセス方法は他には携帯、電話とかありますが、ロッピーが一番サーバーに「近い」んじゃないかと勝手に思ったり(笑

 実は、名古屋で用事があって、用事先にローソンがあるのも知ってたんですが、だってそっちのローソンだと、名古屋随一のヲタク地区に近いからねー、端末自体が取れないとどうしようもないので、あくまでマリみて自体放映のない、田舎の地元にて(笑
 勢い込んで1時間前にロッピー前にいたんだけど、誰も他には来ませんでしたねー(ぉ

 戦略的には、
 私と猫さん : 昼の部 → 夜の部
 弟 : 夜の部 → 昼の部

 の順序で攻撃かな?

 昼の部は、出演者に釘宮さん(ツンデレ姫)がいるので競争率高そうな気がします(は? 能登さんは2つの部ともに通しなのでOK。
 私もどちらかといえば「昼の部」派ですけれど、どうせ皆さん、昼→夜通しがデフォルトでしょ?

 どこの店も下見した(←したんかい!!)3店ではロッピー設置場所って同じようで、レジ横の奥まった一角にあるためガラス張りの温室効果で暑いです……。
 一時間、暇つぶしで用もないのにロッピー。ピコピコいじり倒してました。
 つか販売中の公演で、予約する練習してみるテスト(ぉ

 5分前からLコード(商品番号)打ち込んで、ロッピー端末の時計見ながら5秒前から検索ボタンを連打(ぉ
 画面自体はすぐに出て、何部の何枚まではすぐに設定したんだけど、

 「問い合わせ中です…」
   >> >>

 この“>>”が、2つより先に進まないんだ!
 そして
 「ただいま大変混み合ってます……」
 のエラーメッセージが出て、直前の画面に戻るので、再度接続しなおし。
 注文画面段階へ戻るだけなのでリトライは簡単ですが。

 それにしても、つながらNEEEE…!

 既にロッピー端末時計で11:07になっているではあーりませんか!
 マリア様、もう、だめかも知れない……

 と思ったら、例の“>>”が >> >> >> になって、来るか? 来るか?
 キター!!

 自分の名前を打ち込む画面がまだるっこいです。
 ここが、ロッピーでも時間ロスの原因になりそうですね。
 あ、偽名でもいい感じだよなぁ……(笑

 ズルズルと出てくるレシートを引きちぎり、次は夜の部です。
 おおっ、なんか夜の部は一撃でつながったお?

 とりあえず二枚の予約レシートを持って、店の外に出ます。

 「そっち、どう?」
 (弟)「ようやく繋がった……今、やってる」
 ほぼ同時刻、関西方面の猫さんからmailが(笑
 こちらは順調に両方の部とも予約完了らしいです。

 弟の分は、夜の部を取っただけでゲームオーバー。
 私と猫さんは、一応、両方の部とも確保。
 おのおの取った席番を確認しあうのですが、まあ、はっきり言って「参加する事に意義がある」みたいな場所で、その中の一番マシと思われる番号のチケットを実体化します(笑
 もっともロッピーで出したチケットは、席番書いてないので、引き替えるまで座席はお楽しみ♪という、一種のギャンブルなんですが、ロッピーが取る席って、どんな所だろう?という今後を占う意味もあって、一枚はロッピー分を引き替えてみました。まあ、このギャンブルに負けても五十歩百歩な席なのは見え見えでしたので(笑

 そしてその席は驚愕の事実が!(笑

 静岡県と遠く離れた、あのハルヒの通う高校にほど近いココロ図書館の端末で取った席と、隣同士だったというオチ(笑

 まあぶっちゃけ、すんごく後ろの方ですが、席は確かに良いに超した事はないんだけど、自分は目があまり良くない上、現在使用してる目薬はさらに視力を落とすので、よほど前でないと意味ないですから、負け惜しみではなく、参加出来れば上等。会場の雰囲気をまったり味わって来ますです。いや臨場感と一体感こそ大事なので。

 とりあえず、今日わかった事。
 ロッピーで取るんだったら、先に一人でも人がいたら、もうダメだって事はよおく分かりました。今日みたいなのは先頭で終わるね。
 弟、「ホントに10分で売り切れるんだー、いい勉強になったよ」(ぉ

 何はともあれ、協力者さまお疲れ様でした。

 今日は既に疲れちゃったけれど、召還されてるのでこれから名古屋に行くど。 2ヶ月ぶりだね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

光学兵器

 川柳授賞式で、自分がとんでもなく不細工に撮影されちゃって、凹んでる件の続きです。

 実は、リリアンは光害が多いらしく、あまりお顔が綺麗に写らない事があるんです。
 光害って、光の害ね。誤字ではありません。
 都会で星空が見えないとか、それで天体観測が出来ないとか、そういう奴みたいなものだと思って下さい。

 セカンドライフ(以下SL)中で、自分のアバターを美人に見せる道具として「フェイスライト」というものがあります。
 まあ、コスプレカメコなどをしている方々ならご存じですが、モデルさんがピーカン(晴天の直射日光下)だと顔の鼻など立体部分にキツい影が出来ちゃったり、逆光だと顔が真っ黒になっちゃったりする訳で、そういう影を消すためにレフ板当てたり日中でもストロボ発光したりするんですが、それと同じ事をすると思って下さい。

 SL内では、顔の周りに発光している物体を人工静止衛星の如く配置して、自分のお顔を照らして美人に見せる道具、それがその名のとおり、フェイスライトです。
 もちろんこれらは透明化されていて、光っているんだけどそれ自体は見えないという、まあシミュレーション世界独特のご都合ツールだよね。

 それでありがちなんですが、システム上の制限があって物体に当たる(影響する)光源数があって、それらは光の強さの影響順に優先順位が決まっちゃうらしいんですね。

 今回、リリアンのお聖堂で授賞式が行われたんですが、入学式の時にも思ったんですが、聖堂の中を明るくするために、かなり聖堂内の光を強くしている感じがしました。その結果、自分のフェイスライトの効果までが打ち消されてしまって、見苦しい影が発生していたようです。
 かなりしょぼぼぼぼほーん、な感じです。

 聖堂内で実はフェイスライトをいろいろ付け替えて試したんですが、スーパーフェイスライトは確かに効果があったよ。うん。
 でもジャイアン的俺様ライトなので、他人にご迷惑になるんではないかと、やっぱり止めました。

 フェイスライトの実験です。
 光源と、その影響範囲を確認するモードで表示してみます。
 わかりやすいように、リリアン下の武蔵野?の荒野に降り立ってみました。
 周囲への影響がわかりやすいように、背中に木を配置してます。

 ライトなし。
 夜明け時の柔らかい光です。顔にはほとんど光は当たっていません。
0713024

 いつも使っているフェイスライト。
 真ん中あたりの、ちっちゃい3つの点が、ライト本体です。
 黄色の枠線が、光源が影響する(照らす)範囲です。もちろん、光の強度とか減衰率は変えられるので同じ影響範囲内でも明るさは違うんですが。
 顔の周辺のみを照らすので、場所によっては顔ばかりが浮き上がって見えるので不自然といえば不自然なんですが。
 よほど人が接近していない限り、他人様を照らす事もなく迷惑度も少ないと思ってます。0713030

 全身を照らす凝ったライト。
 ドーナツ状の光源は、現実世界でも接写撮影などでリングライトなどと呼ばれて無影撮影に使われてますが、確かに理に適っているけれど、ものすごい影響範囲です。
0713027

0713028

 私の持ってる「スーパーライト」
 まさにジャイアンライト。光の強さといい、現実世界なら戸建て住宅一軒分照らしそうな範囲といい、まさにスーパー。歩く街灯!0713031

0713032

 いや、実に便利ですよ? SLの世界の中でも、洞窟や廃墟探検がありますのでw

 私が持っているのはスキンやシェイプを買った時に付いてくるオマケ品?だったり無料で配布されている物だったりするのですが、売っている物の中にはもっと高機能で場所に応じて光の強さや減衰量を変えられて、しかも「いかにもフェイスライト着けてます」みたいにならないのがあるんですよねー。
 素晴らしい!と思って買おうとしたんですが、外国製で解説が英語でチンプンカンプンになりそうで絶賛挫折中です(ぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

裸の王様

セカンドライフ(以下SL)内のリリアン女学園で、入学式に宿題として出されていた川柳の入選者授賞式がありました。
参加してみるテスト。

080711_001_2

って、私って受賞者ですの?(ぉ

 SLの中の私って、リリアンが無くなったり嫌になったり飽きたりしたら、アカウント抹消手続きをすれば全財産没収の上、データは跡形もなく消え失せるんですが。唯一残る痕跡は二度と同じアバター名(アカウント名)では取得出来ない事でしょうかね。
 しかし川柳入賞して、現実世界の雑誌Cobalt本誌に掲載という、物理的な痕跡が残る事になってしまいました。
 あはははは。(ぉ

 壇上で一言述べさせられたりとかありましたが、式自体はつつがなく終わりました。

080712_003

 って、それだけかい!! 

 レポートが簡単なのは、理由があるんですの。

 今回SLの仕組みというかシステムの限界というか、そんな感じでした。
 授賞式では、参加者から式次第の写真(スクリーンショット)を撮影しそれらを公募することが事前に知らされていました。

 ところで、私が撮影した入賞者が一同に壇上に上がった上の写真ですが、注意して見ると判るのですが、一列に並んだ受賞者のうち、左側のお二人は(小さくて確認しにくいですが)頭がハゲでしまっています。特に左側から2番目の方に至っては、制服のセーラーカラー(襟)すら描画されていません。さらに右から2番目の方はあぐらをかいて座っています。

 少なくともこれらの方々は、自分のPCでは自分自身は正常に見えているので、異常に気がつかないのです。どうやらSLの仕組みとして、自分自身のアバターは最優先で描画されるんですが、自分のPC内のアバターデータのローカルキャッシュと、メインサーバーのデータに食い違いが出るんでしょうね。

 これらはセカンドライフでは、割と良く見られる現象で(ぉ)、特に人が集中するSIMだと発生しやすい様です。私は混雑しそうな場所へ行く前のたしなみとしてキャッシュはクリアするんですが、今回さらにOSごと再起動して参加したのにこの有様……。
 色々動作が「重い」ので、私が確認した時点ではSIMへの参加者は26人でしたので、無茶苦茶多い訳ではない筈なのに、人数の割にはサーバーの応答が悪い感じの日でした。
 つうか、SL、最近は週末の都度調子が悪いんですよね(ぉ

 頭がハゲる原因については、SLは「プリム」という物質単位で色々な物が作られていて、そのプリムの一つひとつがサーバーの負荷になる訳なので、当然数が増えるとサーバーの負荷増大になるのです。すると、サーバーは自己防衛のために、プリムの多い物体は部分的にプリムを間引いて描画するそうです。
 実は髪は質感を出すために沢山のプリムを組み合わせて作られている為、間引かれる可能性が高く、結果的に間引かれた所は地肌が見えるのでハゲる……という仕組みらしいの。

 相変わらず前置き? が長くなりましたが、他の方の授賞式速報Blogを拝見しまして、自分がとんでもなく不細工に写っているのを見まして、何かね、もう人混みの所に出るのは止めようかと。

 参加する直前に、このために新しいスキン(お化粧)を買ったのに、1000L$もしたんだよ!コノヤロウ!ヽ(`Д´)ノ
 (1000L$=現実通貨で約500円相当だから、私的にはかなり高額)

 しかし、30人前後参加でこの状態とは、何たる体たらく!
 もちろん我が家が未だADSLで回線細いと言っても、高額キャンプ(SL内の通貨稼ぎ場ね)でもっと人が多くても、さほど描画に影響がない事も多い訳だし、他の方も描画の不具合指摘しているのだから、結局はSL自体の不安定さを露呈している訳なんですよねー。

 この不具合って、数人レベルの時にも時々見られて、自分のPCで自分自身が変な描画されていて自身で気づけたなら、色々対応(クライアントの再起動とか)するんですが、自分のPCだけが正常に見える誠に困ったちゃん状態があるようで(今回の例)、それらはお知り合い同士なら教えあって対応するんだけど、最悪の場合、自分だけが気づかず裸の状態で世界を歩き回っているという、まるで裸の王様状態になってる可能性があるの。

 私はキャンプに出稼ぎに行く時には、ネルフTシャツにジーンズに、そしてサンダルと、生まれた時の装備に近い格好で(ドラクエでいったら布の服にひのきの棒って所だな)、その格好のままリリアンに行ったりするので、「いつも同じ格好だなw」と笑われたりするんですが、実はこの格好は、前に言ったプリムで作られているんじゃなくて、直感的に言うと「身体に直接服の絵を描いた状態」なんです。だから混雑時のトラブルにも強い! 頭はハゲるけど!(笑

 描画トラブルでスカートがはけない(スカートはプリムを比較的多く使うためでしょうか)以外には、グレーマン(全身とにかく灰色一色べた塗り状態)とか、Miss Image(身体に白地でそう書かれている)とか、先祖返り(お化粧も何も取れてしまって生まれた時のアバターになってる)とか、もう、誠に不安定(笑

 ああ、SLって奥深いねぇ……。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年8月 »