« コミックマーケットC74 2日目 | トップページ | 招待券 »

2008年8月26日 (火)

光がやって来た!

 べ、別に光じゃなくてもいいんだけどねッ!

 ってツンデレなくても、我が家ではヘタレADSL、しかも1.5Mコースで収容局から4km超ですが、何か? って感じで実測800KB前後ぐらいしか出ていなかったんですが、別段それほど不便に感じてませんでした。
 たまーにお知り合いさんから800MB前後のファイルを受け取る時に、1ファイルに1時間以上掛かるので「ウチの回線を占有するなゴルァ!」って叱られちゃう感じですかね(ぉ

 けれどセカンドライフみたいなネトゲをすると、致命的。
 設定で必要帯域を絞れるので500KBぐらいに設定しておくんだけど、たまーにデータ要求にダウンロードが追いつかないのか、アバターちゃんが暴走しちゃって(まさに壁も海も空も突っ走っちゃう)、そのうち強制的にログアウトさせられちゃうんですよ。それより何より、ADSLの通信リンク切れで、モデムが「カチッ」とリレーの音を立ててエラーの赤ランプが点滅すると、もうその時点で何もかもが水の泡。ビンゴゲームだって5個所も6個所も、リーチでもうどこでもOKっていう時に回線切れると、ぜーんぶリセットされちゃってもう茫然自失。

 それで、せめて安定性を求めて重い腰を上げざるを得なくなりました。

 一時期、アニメの受信環境を改善しようと、地元のCATVをインターネットと抱き合わせで考えた事があったんですが、いつの間にか地デシ対応の為、アナログ放送の区域外再送信(サービスエリア外の、例えば隣の県の放送局放送を転送するみたいな事)を止めてやがりました! 意味ないじゃん!
 そして付帯のインターネットコースも4コースあるんですがエコノミーは論外、標準も「光なのに」5M、プレミアでも26Mって、何それ。
 さらにその実体は、地元の評判を探索すべく掲示板を見たんですが、燦々たる有様でプレミアでも700Kの人や、初期では思いっきり遅くて苦情を言って始めて調整してくれる、土日に不具合が出ても休みだからと言って対応してくれなかった、などヨイショする工作員すら現れず思いっきり地雷の予感。

 さて、CATVの他、こちらで使える回線はNTTと電力会社系の2つ。
 そのうちNTTは「空気読めない勧誘」が、しかもしつこく続いて、一時期「NTTは高いから」と言ったら逆ギレして「ウチのどこが高いのかよく調べたんですか!」みたいな言われ方をして、しかもその電話でケンカしている真っ最中にNTTの別のセールスが直接玄関に現れる、まるでギャグマンガみたいな修羅場に「お前らもう電話してくるな!来るな!」と言っても相変わらず電話してくる、特定商取引法(再勧誘禁止の要件)も守られないような、コンプイアンスの欠片もない所とは契約する気など全くございません。
 私の周囲もしつこい勧誘に反感持っている人多いから、行きすぎた営業活動は逆効果だと思うのですが。

 そんな訳で、電力系の光回線です。
 評判の事前調査でも色々評判はありますが、まあ完璧な所は無いですからね。
 契約中のプロバイダ経由で申し込んだら最初の一週間のうちに、バタバタとすぐに色々書類が届いて、すでに接続用のIDとかパスワードとかDNSの設定資料とか、外の電柱見ました報告とか、色々気が早いね(笑) つうか、案外工事早いかも?
 が、それから約2ヶ月、バッタリと連絡は途絶えPCショップで偶然声かけてきた勧誘のお兄さんに「もうすぐ2ヶ月になるYO!」と問えば「最大4ヶ月かかりますが、何か?」と切り替えされ、先手必勝とばかり一度問い合わせしようかと思ったら先手打たれて唐突に「一週間後に工事いいっすか?」と電話があったので、慌てて大須にルーターなどを買いに行く羽目に。

 この時無線にするか有線にするか迷ったんですが、開発の後輩ちゃんのフレッツ光が実測30Mbps程度なら、無線でもいいよなぁ……でも、安定確実な優先で一度実力知りたいなぁ、と言うわけで今の時代に有線です。DoS攻撃にももちろん対応しています(笑

 事前打ち合わせが無かったのは業者の方が悪いんですが、工事屋さんの予想外の設置工事になってすみません。電話配線は自力でします。工事担任者の資格はデジ/アナ両方一種ですから大丈夫です。ちょっと悩んだらしいのですが無事に無料工事の範囲内になりました。

 さて、無料工事は平日施工が条件ですので、帰宅した後改めて各機器の設置位置を微調整してルーターを追加です。さてさて接続と、ルーターに接続IDとPassを打ち込んだんですが、どうにもこうにも接続(認証)出来ずにプロバイダに電話で連絡。どうやらプロバイダ側の接続切り替えが行われていなかったようで、10分ほどの押し問答後リトライしましたら唐突に繋がりました。

 さて、ご期待の回線速度です。
 昔みたいに光人口が少なかった時代と違い、今は30Mbpsぐらいが当たり前らしいし、この業者のセールスでも「40Mぐらいは出るかも?」という程度でしたのでそんなものでしょうね。
 それでいくつかの回線測定サイトを試したんですが、一例。

 回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows XP/静岡県
 サービス/ISP:commufa/その他
 サーバ1[N] 55.7Mbps
 サーバ2[S] 82.8Mbps
 下り受信速度: 82Mbps(82.8Mbps,10.3MByte/s)
 上り送信速度: 86Mbps(86.9Mbps,10MByte/s)

 超高速らしいです(笑

 他の回線テストサイトでも60M以上、安定して出ているんですの。
 会社の後輩ちゃんに話したら悔しいらしくて「夜の11~12時の混雑時間ならきっと30くらいしか出ないYO!」と言われちゃったので金曜夜、セカンドライフをバックグラウンドで動かしながら23時半くらいに測定しても、上下とも79Mとか出ていて、時折上り92Mって言うような数字を見ると100Mベストエフォートでは最高レベルな気がします。たぶん、この回線、一人で独占している?って感じですね。

 ベンチマークっぽい数字に胡散臭さは感じるんですが、ビデオカードの最新ドライバセット約35MBをダウンロードするのにいきなり残り時間3秒と表示され、ダーッとバーグラフが伸びるのを見てやっぱり早いんだなぁ、と(笑

 しかし高速になっても使い道がない罠orz

|

« コミックマーケットC74 2日目 | トップページ | 招待券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199552/42405474

この記事へのトラックバック一覧です: 光がやって来た!:

« コミックマーケットC74 2日目 | トップページ | 招待券 »