« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

宮古ネタ系

 4回目の宮古となると、一通り有名な観光スポットは回ってしまっているので、ちょっと奥の路地まで探険してみました。

 空港などで無料で配布されているガイドブックに載っていた、お土産用?Tシャツ。

Img_1468

 同行者が買おうと迷ってました。
 ネタにするにはちょっと高かった様であきらめたみたい(笑

 「宮古守くん」というらしいです。

 宮古島の道路は郊外に出ると信号機がとても少なくて、そのかわりに主要な交差点にはこの宮古守くんが至る所に立っていて「多いな」と感じます。

 仕事先付近の宮古守くん。

Img_1489

 顔がちょっとグロいです。

Img_1490

 別の守くん。お顔に穴が。

Img_1495

 今回は何の変哲もない普通のビジネス/シティホテルに滞在しましたが、朝食(バイキング)付きで4900円(シングル)
 宮古島や沖縄は、宿泊コストは安いのですが、今回はちょっとチャレンジしたので、夕食付き(朝食なし)で、2名1室使用で1名2500円のペンション。1名1室使用だと3500円です。それでも安いです。
 バス・トイレ付き。当たり前のようですが、宮古島のペンションは共同のシャワーはあっても、お風呂(浴槽)なしの所は多いです。暑い季節の方が長いので、浴槽に浸かる習慣が地元にはないからだそうです。

 さて、問題の夕食の内訳ですが、ペンションの一階が同経営の焼き肉バイキングレストランで、案内(広告)では「総菜が食べ放題」とか、いろいろ解釈が難しい説明でしたが、現地でシステムを確認すると、「店内で焼き肉の設備を使うとプラス千円ですが、それ焼き肉用の肉以外の全ては、店内のトレー(お皿)でペンションの部屋に持ち帰って食べれば無料」と言うことでした。
 まあ焼き肉屋と言ってもサイドメニューは種類多いし、焼き肉以外にも調理済みの肉(沖縄独特系のね)も置いてあるので、全然不自由ないです。サラダ・プチケーキなどのデザートの当然OK。
 お部屋はオートロック式のドアの付いたワンルームマンションって感じの部屋。意外と、というよりかなりまとも。敢えて和室を選択しましたが8畳の部屋で、お風呂はかなり大きくゆったりサイズ。
 ルームキーとは別にペンションの玄関の鍵も渡されるので、門限はなし、です。

 ……一人2500円で採算取れるのでしょうか?

 もちろん、もっとギャンブラーな方々には、おすすめな宿がございましてよ?

 正体不明。どの部分が宿泊部分なのでしょうか?

Img_1483

 最初、遠目には廃屋って感じで(だって庇とか朽ちて落ちてるもの)、「おっ、いい感じ♪」と近寄ってみれば現役のお宿(笑
 玄関の中をのぞけば、とってもレトロな感じでいい雰囲気なんですが……

Img_1481

 ドミトリーで1名1500円。

 ドミトリーって言うとカッコイイですが、大部屋に二段ベッドがいくつか置いてあって、激安の所だと感覚的には簡易宿泊所に近いようです。
 昔、「何処でもいいから適当に頼んでおいて」と言った後輩を、この手の安宿に突っ込んでみました。スーツで行って、思いっきり浮いてたらしいですw もう、こりごりだと。エアコンがあるのに扇風機があるのが、最初の悪い予感だったとか(笑

 最も安いのは、トイレやシャワー完備の有名ビーチにテント張って野宿ですが(実際貧乏サーファーやダイバーはこのパターンとか)、釣り好きな同行者が以前、釣りを目的に一夜を明かしたらしいですが、「月が出ていないと洒落にならないくらい真っ暗で何も見えない!見えなさすぎる!」と、照明完備も考慮に入れなければならないようです。

 看板が、スピーカーな宿? 賑やかそうです。

Img_1449

 こちらの方のお店だと(特に個人経営の店)、看板はもとより、お店の内装まで手作り感あふれるお店が多いです。

Img_1476

 ゲストハウス(ペンション)とか、結構こんな感じでペイントされてるのを見かけます。

 20世紀ですよ、奥さん! 手書きの看板が良い味です。

Img_1467

 来間島の小中学校。

 何もないじゃんw

Img_1514

 いや実は校舎は別にあるんですがね。

 まーりーあーさまの こーこーろ。

 宮古のマリア様はなかなか可愛いです。

Img_1522

 
 久々に伊良部島(下地島)に渡りました。

Img_1566

 レンタカーを向こうで借りたので二重レンタルです(ぉ
 向こうで軽自動車を借りて3000円、フェリーで運んでも往復3000円と、微妙な価格設定ですが、フェリーは小さい上に結構混むので、フライト日にレンタカー持って渡るのはとても危険です。
 (案の定、帰りのフェリーは乗り場に30分前には着いたけど満車でした)

 レンタカーって、よくある満タン返しなんですが、軽で40kmちょっと走って、ガソリン3リットルちょっと入れて…………数量無記入の手打ちのレシート渡されて、900円。
 ちょw、リッター約300円ですか???

 宮古島本島ではリッター119円でした。離島だからこんなものでしょう。
 さらにフェリーでしか渡れない離島なので、相場を知らないので何とも言えなかったのですが、思いっきりぼったくられてる???

 orz

 まあ、久々に訪れたストラトス・フォーの聖地は、タイミング良くタッチアンド・ゴーの訓練をしてましたが、風向きのせいか、離着陸の方向が逆じゃん……

Dscn2063

 有名なシーンの、海上に突き出た誘導灯の場所だと、既にヒコーキは高度を上げていて、何ともしまりのない構図に。

Dscn2054

 通り池では展望台の屋根がなくなっていたり、遊歩道が崩落して先に行けなかったり。

Img_1562

Img_1555

 フナウサギバナタの展望台。何も変わっていないようです。

Img_1536

 今度は空港内の敷地にまで入ったよ。

Img_1565

 駐車場に「尾張小牧」ナンバーの車なんか止まっていると、一体ここは何処だったっけ? と、考えたくもなるのですが(笑

続きを読む "宮古ネタ系"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

宮古島食い倒れ

 先週21~26日、宮古・沖縄の記録。
 3年連続、通算4回目の宮古島は、もちろんお仕事の為です(ぉ

 「食い倒れ」と言っても、私、結構好き嫌いあるから(笑

 来年は勘弁して欲しいな。向こうでの仕事はいいんですが、移動に死ねる。
 もう米国本土やヨーロッパになんて絶対行けそうもないです。十数時間も飛行機だなんて本当に死にそうです。

 まずは食道楽編。
 4回目になると手慣れたものです。
 初めて行く同行者をリクエストに応えて案内する、ほぼツアー添乗員状態(笑

 チャレンジャーと言っても、さすがに地元の人に教えてもらったチャレンジャーな食材の店には行けません。『てびちー』(豚足)だって見た目でちょっと嫌だもの。エセチャレンジャー(笑

 居酒屋だと、「沖縄らしい」料理は人数に任せてメニューの上から下まで(笑
 チャンプルーは全種類。チャンプルーって安くて量が多いから、こういう頼み方をすると、お腹がいっぱいになっちゃって、すぐ食べられなくなるのよね。
 あと今回、偉い人がいないから経費で落ちないや(ぉ

 アーサー汁・島らっきょ宮古みそ炒め・スクガラス(発酵した?小魚でちょっとキモい)・グルクン各種料理・テビチー・ミミガー・ソーキにラフティ・ンギャナあえ・豆腐よう……

 居酒屋だといちいち写真など撮っていられないから映像記録はないけれど、以下は(ぉ

 でも宮古の居酒屋って安いからいいよね。

 後輩ちゃんたちが突入に成功したらしい。

Img_1464

 さて、今日は何を食べましょうね、と5日間の記録
 

 ◆パパイヤ丼

Img_1433

  4年目にして初!

 4月だと意外に食べられないのよ。以前は夏に行ったら台風被害で全滅とか。
 あ、普通の居酒屋だといつでも食べられるの。野菜として売ってるし。
 ここは自宅の農園のだからね。熟れたのをその都度収穫してるみたい。
 (熟れてるといっても料理に使うのはまだ青いのです)

 メニューにはパパイヤ丼としか書いてないけど、普通に宮古そばが付いてくるし、本体の丼も微妙に量が多いのです。
 

 ◆もずく丼

Img_1432

 以前も食べたが、まったりした味。正式には店の名前の「すむばり丼」と言います。
 

 ◆たこごはん

Img_1435

 たこが嫌いだと駄目だけど、美味しいです。
 ただ昔より観光客向けに歩み寄ったか? たこが小さく少なくなった気が。
 最初に食べた時にはぶつ切りのたこだらけで嫌になってきた思い出が(ぉ

 以上、お食事処すむばり

 

 ◆タコライス

Img_1421

 上のたこごはんと混同しそうですが、こちらは沖縄で有名な挽肉を載せたタコライス。
 もっとも、たこの挽肉を混ぜたりしたものもあるらしいのでややこしいです。
 こちらは「ぬ~じカフェ」さん。
 サトウキビ畑しか見あたらない中の、いったい何処にお店があるのか?状態(笑

Img_1491

 いや実際、宮古のお店やペンションって、こんな所ばっかりだからw
 海岸沿いの道路走っても、実際海が見えるのはわずか、ほとんどサトウキビ畑ばっかりだから!

 ◆牛汁定食

Img_1497

 ヤギ汁の方が有名かもです。でもヤギ汁は臭いあるかも(と、食べた同行者が)
 でも、宮古牛を使った牛汁もあちこちで食べられます。
 量も多くて熱いので、汗だくになって食べるのがいいのです。

 ◆海ぶどう丼

Img_1426

 このあたりだと、定食形式だと大抵セットで宮古そばが付いてくるんですよね……
 ファミリーレストランばっしらいん
 

 ◆スイーツ(笑)

Img_1520

 トロピカルなパフェ。内部までパパイヤ他フルーツがぎっしり。
 1200円なので、それなりにデカいです! 驚くほどではないけれどそれなりに要注意?
 カフェ楽園の果実

 ◆トロピカルフルーツ。

Img_1599

 スターフルーツとグァバ。
 

 ◆紅いももち

Img_1535

 もちろん紅いもアイスも食べました。
 池間島の土産店

 

 居酒屋で食べた「島らっきょうの味噌炒め」がとても美味しかったので、市場跡の露天市で島らっきょうを購入。お土産屋や空港で買うより半額近いです。
もちろん怪しい野菜とか果実も並んでますが、迂闊に買うと空港の検疫に引っかかるので危険です(ぉ
※事実、紅いもは加工品以外持ち出し禁止

Img_1470

 食べはしませんでしたが(ぉ)島の至る所にこんな実が。美味しそう。
 (何だか分かりませんが)

Img_1505

 実際にはパイナップルより美味しいそうです。海岸の防風林代わりのはイマイチだけど、内陸のちゃんとした土地に植わってるのは美味しいとか。あと、上くらいの色のは熟れすぎで、もう少し黄色ぐらいのが良いとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

リリアン女学園のまさかの復活!?

 ごきげんよう。

 セカンドライフはリリアン女学園が無くなってしまってから、少々ご無沙汰になってしまいました。
 リリアン女学園の全てが消失した3日目ぐらいにはサーバーの接続を切られ、本当に何もなくなってしまいました。ええ、座標自体が無効になってしまいました。

 フリーターでホームレスな私は、リリアンに住み着いていたも同然で、当然リリアンが無くなってしまった後は『居場所がない』という訳です(笑

 それでも中で知り合った方々のBlogなどを時々つらつらと眺めてセカンドライフ内の情報を仕入れていたのですが、ちょうどタイムリーにセカンドライフ内で「制服」を販売されている*Edelweiss*さんから、制服のアップデートがある、という案内を見て久しぶりにログイン。

 今回のアップデートには有馬菜々のアニメ登場を祝して中等部仕様のカラーが付属しているのです。

 早速制服をアップデートして厨房仕様に(笑
 制服に合わせて、有馬菜々風にイメージ・チェンジ!

Sl0419_001

 実は以前にもこのスタイルになった事はあったのですが、こっちの方が似合っていると皆さんに評判で、ドリルたるアイデンティティーが失われそうでw

 それで*Edelweiss*さんのお店にいると、懐かしいリリアンのお友達が次々と。
 そんな時、IM(インスタントメッセージ)が入ってきて、最初似た名前のお友達がいたので、その方からIMなんて珍しいな、とか思っていたら、このお店のオーナーさんからでした(笑
 え?え? もしかして私このお店で粗相とかしちゃった?(ドキドキ

 そうしたら、この私のBlogを見て下さって、公式のリリアン女学園が無くなってしまった事を知って、何と!学校の再建のお話を頂きまして。
 セカンドライフの、特に日本人の間では超有名なお店ですのよ、*Edelweiss*さんは。特にメイド服なんかはww
 事実リリアン生徒の中でも「*Edelweiss*さんの制服でないと嫌だ!」と、RLで外国人のユーザーに叫ばせるほど知れ渡っているのです(笑

 そういう私もずっとこちらの制服を愛用しています。標準では「自然にタイが曲がる」仕様なのですが、直してくれるお姉さまもいないので(自分では直せないようになっている)、曲がらないタイを着けています(笑

 そんな高名なクリエイターさんがリリアン女学園を再現して下さる、という事でいやが上にも期待が高まります。

 さて、*Edelweiss*さんのクリエイターでオーナーさんのMoeka Kohimeさんの案内で建設途中の学校に行ってみます。
 校門などは出来てる、と話を伺っていたんですが……

 おおー

Sl0419_006

 既にもう雰囲気が出ています。
 特に校門からマリア様のお庭までの銀杏並木は公式の学園でも再現されていませんでしたから、雰囲気は素晴らしいです。

 マリア様のお庭の前までは既に出来上がってるって言っても良いほど。
 もっともマリア様自体はまだ出来ていなくて、ペンギン様(仮)が代わりに安置されてますけれどねww
 ペンギン様がみてるww

Sl0419_008

 スクープとして、元リリアン仲間に声を掛けたのですが、あっという間に大勢集まってしまいました。
 それほど皆さんリリアンを好きだったんでしょうね。

 マリア様(仮)の前で製作に携わるMoekaさん(ソファー中央)と、噂を聞いて駆けつけた取り巻きの元ご学友たち(笑

Sl090418_001

 夜が明けると、驚くべきはその製作のスピードというか、手際の良さか、ほぼ徹夜で製作をされたようで、翌日には公式のリリアンの公開当時の体裁に匹敵するぐらいには形が見えてきたのには驚きです。これがプロの技ですか!

 って、出来過ぎです。速すぎです。
 想像を超えるスピードです!

 今度は正門の前に道路があるから、憧れの「レイニーブルー」ごっこが出来るかも(ぉ

Sl0419_014

Sl0419_013

 むしろマリみての物語の中で重要な古い温室が既に出来上がっていて、ある意味公式の再現を超えつつあります。公式SIMでは温室の設置を幾度と要望していましたが、実現出来ませんでしたからね。

Sl0419_009

 温室の中には、ロサ・キネンシスが。

Sl0419_010

 薔薇の館も、最初に見た時には本当に「モデルルーム」状態でしたが、一晩でほぼ建物らしくなりました。
 まさに内装工事をする前の状態って感じでリアリティ満点♪(笑

Sl0419_003

 要望を聞かれちてしまいましたので(ぉ)、講堂裏の一本の桜の場所の再現をお願いしておきました。学園の中でも最も重要な場所のひとつですからね。

 公式が無くなってしまって、もうリリアンの制服を着て電動ドリルちゃんになる事もないかと思っていたので嬉しい限りです。
 土地の提供のHilde Gynoid様とMoeka Kohime様には感謝するばかりです。
 またリリアン生徒が集まって賑わうと嬉しいのですが。

 経過を見守りたいのですが、今週は離島へ出張だ……orz

 *Edelweiss*
 http://moekakohime.blogspot.com/

 リリアン建設地のSIM(オーナー様)
 http://hilde.slmame.com/
 

 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

子羊たちの春休み4

 生息報告を兼ねてw

 北の国からロケットが今まさに打ち上げられようとしていた頃、そんな事は意識の欠片もなくお買い物に没頭していました。平和ボケしてるなぁ、ダメじゃん(ぉ

 マリア様がみてるオンリーイベント「子羊たちの春休み4」に参加してきましたよー。もちろん一般参加ですが。
 浜松町の東京都立産業貿易センターは同人誌即売会には数回来ているのですが、実は一般参加は初めてだったりします。何か外の凄い行列を横目に中に入っていたばかりだったので、でもマリみてだからそんな事にはならないだろうと思いつつ、頑張って早起きで行ってきましたよ。
 原作が一応の一区切りを終え、アニメも放送が終わってオンリーイベントも今後のアナウンスが聞かれないので悔いを残さないようにね(何がだ

 去年の10月のイベント辺りから、行きも帰りも新幹線。今はちょうど青春なきっぷのシーズンなのは知っているけれど、もう耐えられないのですわ(笑)

 案の定、開場到着時には中の広場は無人で、外の広場に十数人ほどまばらに集まっているだけでした。

0904051

 実は冬コミの本もちゃんと整理出来ていないので(実は実は整理出来ていないのはさらに10月分にまで遡るのですが→だって本棚どこもかしこもいっぱいだもの)、盲目的なお買い物は今回かなり控えめ。お買い物は計画的に、だよね。

 オンリーイベントの常で、開場から最初の30分ぐらい迄にお買い物態勢はかなり決定してしまうのですが、13時くらいまでは遅刻サークルさんの販売開始や、コピ本の現地製本終了などでかなり絶え間なくどこかに行列が出来ているので並ぶんですが、「ここは何処の行列ですか?」「さあ?」と、私を含めて皆さんついつい並んでしまうんですよね(笑
 変な時間にすごく行列発生してるので、並んでもうすぐ買える……と思ったら、実はコピ本製本完了時にタイミング良く買えていたのだったりして、何という並び損(ぉ

 それにしてもマリみてのイベントって皆さん帰りませんね。終わりまでかなりの人数が残っていらっしゃる。

 自分で同人誌作っていた頃は、お買い物については逆にものすごく冷静で、コミケ他イベント行ってもほとんど買わなくて、本当に一回のイベントで2~3冊、それでもそれなりに好みのサークルさんの本を出張の折にだらけとか立ち寄って、特売の山から発掘してはチマチマ買っていた程度だけれど、マリみてに関しては解脱したというか吹っ切れたというか(ぉ
 あ、でも、とらとかメロンに並んでいるのを見て買う段になると、ちょっと冷静になるんだ、これが(笑

 そして今回の戦禍物w

090405

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »