« マリア様がみてる舞台訪問 ~ドリルを探しに | トップページ | あけましておめでとうございます »

2009年12月31日 (木)

コミケC77の記録と、良いお年を

 冬のまんが祭りに参加された方々、お疲れさまでした。
 私はマリア様一筋なので、もちろん行ったのは2日目ですよー。
 紅白聞きながら?日記書いておりまする。水木菜々(← 一般人の辞書なので一発変換ではこう出る)まだかな?

 部屋の余りの惨劇に、本棚を買いに行ったんですが、つい3日ほど前に目を付けていたのが売り切れていてショボーン。やっぱりコミケ需要ですかねぇ?(ぉ
 

 コミケ2日目の日記

 始発のこだまより38分後のひかりに乗っても、品川到着は14分しか違わないんだけれど、それでもやっぱり始発に乗ってしまうんです。
 現地到着は8時30分頃なんですが、やっぱり最後尾は水の科学館付近(笑
 夏の時と同じ位置なので、入場は11時半超を覚悟していたんですが、意外にもするすると列は進み、10時45分頃には建物内に凸出来ました。

 今回の私のテーマは節約! 不景気だからね、予算は約80,000リンデンドル(←訳わかんねーw:12月現在の日本円からのレート)を超えないように。夏はやたらと○○セットを買ってしまったからね!
 つか、早く入場出来た割には、大手さんの新刊セットは結構売り切れていたのですねー。

 今回の失策は、上海蜜蜂さん所のセット物を買い逃したの。セット限定本が欲しかったのー。恥骨さん所の隣だったのに、迂闊に私の買い物リストの勘違いで後回しにしてしまったのが痛いところ。
 総集本類は、収録期間を確認して購入。後は表紙にドリルが描いてあっても、ちゃんと中身を確認して買った!(笑) グッズには手を出さない! これだけで大幅節約!(ぉ

 しかしkitさんがよく言う「端から端まで買う簡単なお仕事」とよく言うけれど、それは嘘です。だって『先着特典配布物』とか『限定コピー本(少部数)』とかあるからねー、必然的にかなり動線が交差するよね(ぉ
 

 ショッパー類の特典も各サークルさん不景気?のせいか少なくて、かさばる荷物も少なくて済みました。
 (コミケのプロな方には『それが大事なんです!』と怒られてしまいそうですが…)
 つぶいりメロンさん所の新刊セットで、引いたのに入っていた痛ステッカーが祐巳だったので、志摩子さんかよしのんが欲しくて出るまで買いまくろうかとも(300円だし)一瞬思いましたが自重しました。そういう買い方はイケナイよね。よし、自分で作ろう(ぉ

 後は企業に上がって、マリみてのCDひとつ買ってヘタリアのショッパーに入れてもらって(kitさんが邪魔なら捨てて帰ればいいよ、と言ってましたがちゃんと持ち帰ったよ) この頃になると上に行くのも面倒くさくなるのですが、未だAmazonの商品リストに載ってこないので仕方ないんだもーん。

 買い終わって企業の外側で板橋の人と連絡取ってたり、kitさん待ってたりしたら何かの無料配布の待機列に巻き込まれました。面倒なので待っているついでに並んでたり(笑

 下のコス広場を見下ろして板橋の人は居るかなー、と探してみましたが(絶対無理)、電話で聞いたらこれから行くところだそうです(笑

C77_cos

 その後は3時少し前にゆりかもめで脱出。新橋駅で遅いごはんした後、新橋駅から東京駅に戻るのに、ちょうど来た東海道線に乗ったら東京駅では沼津行きが入線してたの。反射神経で一旦乗ってみたんですが(ぉ)、これだと確実に自宅到着21時過ぎだなぁ……と、とたんにヘタレてやっぱし新幹線です。これより45分も後のひかりでも、19時前には自宅に着くんだから、やっぱり偉いよ新幹線(ぉ

 今回の戦禍物。
 ちゃんと節約の効果、出ている……と………思います。
 厚みも文庫本の高さを少し超えたぐらいだし。
 何だかんだ言ってグッズもそれなりにあるなぁ?

C77_t

 画像はスキャンしてますが、当方の重複買い防止のデータベース作成のためのサムネイル目的なのですが、もしそれでも禁止だよ、と申されるサークルさんがいらっしゃいましたら、リンク先の大道寺から苦情して下さいませ。

C77_all

 

 
 

|

« マリア様がみてる舞台訪問 ~ドリルを探しに | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199552/47167743

この記事へのトラックバック一覧です: コミケC77の記録と、良いお年を:

« マリア様がみてる舞台訪問 ~ドリルを探しに | トップページ | あけましておめでとうございます »