« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

コミケC77の記録と、良いお年を

 冬のまんが祭りに参加された方々、お疲れさまでした。
 私はマリア様一筋なので、もちろん行ったのは2日目ですよー。
 紅白聞きながら?日記書いておりまする。水木菜々(← 一般人の辞書なので一発変換ではこう出る)まだかな?

 部屋の余りの惨劇に、本棚を買いに行ったんですが、つい3日ほど前に目を付けていたのが売り切れていてショボーン。やっぱりコミケ需要ですかねぇ?(ぉ
 

 コミケ2日目の日記

 始発のこだまより38分後のひかりに乗っても、品川到着は14分しか違わないんだけれど、それでもやっぱり始発に乗ってしまうんです。
 現地到着は8時30分頃なんですが、やっぱり最後尾は水の科学館付近(笑
 夏の時と同じ位置なので、入場は11時半超を覚悟していたんですが、意外にもするすると列は進み、10時45分頃には建物内に凸出来ました。

 今回の私のテーマは節約! 不景気だからね、予算は約80,000リンデンドル(←訳わかんねーw:12月現在の日本円からのレート)を超えないように。夏はやたらと○○セットを買ってしまったからね!
 つか、早く入場出来た割には、大手さんの新刊セットは結構売り切れていたのですねー。

 今回の失策は、上海蜜蜂さん所のセット物を買い逃したの。セット限定本が欲しかったのー。恥骨さん所の隣だったのに、迂闊に私の買い物リストの勘違いで後回しにしてしまったのが痛いところ。
 総集本類は、収録期間を確認して購入。後は表紙にドリルが描いてあっても、ちゃんと中身を確認して買った!(笑) グッズには手を出さない! これだけで大幅節約!(ぉ

 しかしkitさんがよく言う「端から端まで買う簡単なお仕事」とよく言うけれど、それは嘘です。だって『先着特典配布物』とか『限定コピー本(少部数)』とかあるからねー、必然的にかなり動線が交差するよね(ぉ
 

 ショッパー類の特典も各サークルさん不景気?のせいか少なくて、かさばる荷物も少なくて済みました。
 (コミケのプロな方には『それが大事なんです!』と怒られてしまいそうですが…)
 つぶいりメロンさん所の新刊セットで、引いたのに入っていた痛ステッカーが祐巳だったので、志摩子さんかよしのんが欲しくて出るまで買いまくろうかとも(300円だし)一瞬思いましたが自重しました。そういう買い方はイケナイよね。よし、自分で作ろう(ぉ

 後は企業に上がって、マリみてのCDひとつ買ってヘタリアのショッパーに入れてもらって(kitさんが邪魔なら捨てて帰ればいいよ、と言ってましたがちゃんと持ち帰ったよ) この頃になると上に行くのも面倒くさくなるのですが、未だAmazonの商品リストに載ってこないので仕方ないんだもーん。

 買い終わって企業の外側で板橋の人と連絡取ってたり、kitさん待ってたりしたら何かの無料配布の待機列に巻き込まれました。面倒なので待っているついでに並んでたり(笑

 下のコス広場を見下ろして板橋の人は居るかなー、と探してみましたが(絶対無理)、電話で聞いたらこれから行くところだそうです(笑

C77_cos

 その後は3時少し前にゆりかもめで脱出。新橋駅で遅いごはんした後、新橋駅から東京駅に戻るのに、ちょうど来た東海道線に乗ったら東京駅では沼津行きが入線してたの。反射神経で一旦乗ってみたんですが(ぉ)、これだと確実に自宅到着21時過ぎだなぁ……と、とたんにヘタレてやっぱし新幹線です。これより45分も後のひかりでも、19時前には自宅に着くんだから、やっぱり偉いよ新幹線(ぉ

 今回の戦禍物。
 ちゃんと節約の効果、出ている……と………思います。
 厚みも文庫本の高さを少し超えたぐらいだし。
 何だかんだ言ってグッズもそれなりにあるなぁ?

C77_t

 画像はスキャンしてますが、当方の重複買い防止のデータベース作成のためのサムネイル目的なのですが、もしそれでも禁止だよ、と申されるサークルさんがいらっしゃいましたら、リンク先の大道寺から苦情して下さいませ。

C77_all

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

マリア様がみてる舞台訪問 ~ドリルを探しに

 頭文字D~Project Drill 埼玉ステージなのですよ!(嘘

 マリア様がみてる 舞台訪問 あなたを探しに ですの。

 マリア様がみてる 4thシーズンの最終回のあの日から、「ああこの風景は絶対存在するな」と思ったその時から(速攻でロケ地訪問された方が多かったのですぐに場所は割れましたが)、いつか自分も訪問を夢見ていましたが、如何せん「秩父って遠くね?」と。アニメと同じ移動手段で(移動自体も再現ですけれど)行くと地方遠征者は辛いものがありますので、なかなか腰が重いのですね。

 コミケ合わせに行くのも有りかも、ですが、大体疲れてしまうしコミケ行きにカメラ(一眼)とか持って行きたくないし。と、考えていると行けなくなりそうなので、まず車で行ってみようかと。

 調べたら、意外に近いのですよ? 秩父(笑

 ・自宅~木崎湖(最短) 約270km
 ・自宅~豊郷経由~修学院 約270km
 ・自宅~(甲府経由)~秩父 約270km
 (全て予定行程の片道)

 予めの走行距離見積もりすると、何という偶然。
 魔の270kmと呼ぼうかしら?(笑

 今年のスケジュールは、この日しかないって感じで。会社三連休だし。最初計画していた会社の冬休み合わせでは、26・27日のETC高速特別割引が使えないのですの。そして、年明けだと、私の住む地域って雪降らないから冬タイヤなんて持ってない……(ぉ

 金曜は、雨。
 でも明日は晴れると言うから、行く。

 朝6時に出発して、ETC通勤割引で清水まで走って、国道52号~140号で秩父入りしました。
 山梨・埼玉県境の有料トンネルが710円も取られるなんてショックでしたが(ぉ)、トンネル抜けた後が衝撃の事実!
 トンネル内の電光掲示板で「ユキ」とか「路面凍結」とか不安を煽る表示が出てましたが、想像を超えてました……何この一面の雪景色と吹雪は・・・orz
 シャーベット状の路面を轍を外さないように半泣きで恐る恐る下りました……他に車来てなくて良かった。(写真撮れば良かったと思うのは無事に下りられた時の話で当時は余裕ありませんw)

 でも、それ以外は極めて順調に、ほぼ12時には到着してお昼ごはん。

 雨なので市内観光は潔くあきらめて、時間を有効利用しようと、乗り鉄(と言うらしい)する事になりました。何しろ瞳子は女子鉄らしいので(4th DVD 6巻映像特典参照)。

 乗る人たちがほとんどいないので、写真撮りまくりです(ぉ

 イチイチ参照画像入れませんが、判る人には判る(笑

Dsc_2592

 とは言っても意味判らないかもなので最低限に。

Dsc_2600

Pdvd_065

Dsc_2596

Pdvd_020

 
 電車の走行中は、カメラ構えたまま窓の風景にしがみついていましたが、目的の風景は見つからず(ぉ

Pdvd_022見つからないの図

 もちろん、往復はそれぞれ反対側の席に座って頑張ったんですが。

 終点の駅で折り返し。

Dsc_2606

 「黄色の電車」はここで撮影するのは邪道なので、イメージ映像です(笑
 もちろん構図的には押さえては来ましたが。

Dsc_2617

 
 でも、「黄色の電車」のシートは、人がいない時でないと撮れませんので押さえておきます。何種類かあって鉄道には疎いので迷いましたが(ぉ

Dsc_2612

 往復すると、約2時間半かかりましたので、秩父に戻ると日没時間間近です。
 とりあえず車で現場の下見をしてみます。

 間もなく完全に暗くなる、雨の秩父公園橋。
 WBオートだけれど、不思議な色になるのね。

Dsc_2631

 夜のドリルカーブ(ぉ

Dsc_2633

 その後、日帰り温泉施設行ったり。
 武甲温泉とか行ったんだけど、すごい人(駐車場の車)っぽくて、人多いの嫌いな私は、秩父ミューズパークの森の温泉へ。こっちは温泉薄めてるけどガラ空きどころか私以外全く人の気配なし(笑)>つまり完全貸し切り状態。

 そして夜明け前から朝駆けです。

 夜明けのドリルカーブ(笑

Dsc_2641

 夜明けの秩父公園橋。

Dsc_2657

Dsc_2678

Dsc_2645

 朝の霧から徐々に目覚めていく秩父の街。

Dsc_2688

 祐巳と瞳子が木立の中の道。
 木の形(配列)が一番似ている場所から。

Dsc_2708

 晴れてると思っていれば一瞬で霧の中に沈む風景。
 アニメでもちょっと霞んでいるので、霧がかかってる写真で提供します(ぉ

 

 一旦、駅に行って朝ご飯とかにしようと。(まだ食事関係の店は開いてなかったけれどねー)

 西部秩父駅。

Dsc_2799

Dsc_2796

 この撮影位置って、木と後ろの建物の位置関係合わせようとすると、かなり微妙な位置になるんですよね?(ちょっとアップにしすぎた)

Dsc_2789

  後ろの「おみやげ」「特産品」などの文字は、アニメの歩道の線基準で立ち位置を決めると、位置関係は合わないんですね。
 
Dsc_2805

 「祐巳さまこっちです!」

Dsc_2814_2

 とは言うんですが、バスの中から見える塀は、隣のバス乗り場だと思うんですが。

Dsc_2802

Pdvd_032_2

 やっぱりこの場所は人気らしく、常に人が集まってますので撮るのは大変かも。

Dsc_2783 

 さてさて、本番?に向かいましょうかね?(ぉ

 タイミング的にはこのくらい?

Dsc_2825

 走行中の車の配置とかで何度かリテイク(笑

Dsc_2769

 もちろん歩いたって渡りましたわ!
 一体この橋を何往復したんでしょう?
 しかもIXYを車載カメラにして動画にもチャレンジしたし(ぉ
 そう広い都市ではないのですが(行く場所も限定されてるし)、帰りに気づいたら何故か100kmも市内を走ってるし(笑

 昼間のドリルカーブ(ぉ
 ここに一体何回来たかは秘密です(ぉ

Dsc_2716

Pdvd_052_2

Dsc_2856

Dsc_2853

 結構、この道から人が登ってきたりするんですよ!

Dsc_2847

 「写真ですか? ご苦労さんです」とか言われますので、ちゃんと挨拶を忘れないように!

 問題の場所ですが、後ろの細い道の描き込みがかなり正確であることから、その位置から推測して背景原画のロケ時には、本当にその通りだったのかも知れません。竹林は放置すると成長が早くてすぐに茂ってしまいますから。

 電線が写らない位置で、右端の常緑樹の再現で似た構図で。

Dsc_2869

Pdvd_057

Dsc_2875

 うぬー、楽しかった。
 距離的に考えると、また来るのもアリですよね(笑

 帰りは、トンネルとか橋梁とかの「撮り鉄」しようとしたんだけれど、昨日、車窓の風景見つからなかったし、トンネルは多すぎるし、赤い塗装の鉄橋は同じ構造なのが見つからないし(→マズルカさんのもちょっと違う気がする…)のであきらめちゃいました。運転する人と探す人が別々でないと危ないしね(笑

 それにしても、山の麓の松平病院も、暇を見てはGoogleやYahoo!の航空写真見たりして探したんですが、なかなか見つかりませんねー。

Pdvd_038
 
 真っ正直に病院は端から当てにしてなくて、食堂の中に自動販売機のある風景から、公共性の高い建物中心に探したんですけれどね。ゴルフのクラブハウスとかw
 秩父市のホームページから、市関係の建物の外観が判る写真は全部チェックしたんですが(ぉ

 しかし帰りは東名厚木から帰ろうとしたんだけれど、東京近郊の渋滞には閉口しました(泣
 実は志摩子さんのお寺(妄想設定)に寄ろうとしたんだけれど渋滞で全然時間が読めなくてあきらめました。約90kmを4時間……そのうち秩父からの半分の距離は1時間強だったんだけれどね(泣

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »