« マリみてオンリー「子羊5」行ってきました | トップページ | 嶺上開花塩尻原村雛見沢で12000点です(中編) »

2010年5月22日 (土)

嶺上開花塩尻原村雛見沢で12000点です(前編)

 また会社から長野県直行です。

 夜のうちに頑張って塩尻入りします。
 道の駅小坂田公園は宿泊者も多いし(笑)バイクでテント泊の人もいるけれど、トイレが夜間真っ暗なのです……大抵の道の駅はトイレだけは明るかったのに、閉鎖されているのかと思いました。
 
 塩尻。

 本当は私的にはツボになる風景はないので、塩尻は行かなくてもいいかなー、と後回しにしていていたのですが、塩尻の通称「天江衣が登ったビル」が9月に解体される上、立ち入り禁止だったそのビルが、咲の舞台訪問のえらい人のご尽力により、「安全に注意の上、ビル内の駐車車両や建物に損傷や正規の利用者の方の迷惑にならないよう」を条件に、当該場所の立ち入りと撮影許可が下りたため、ちょっと頑張ってみようかと。

Saki1005221

 同時にこの風景も撮影出来なくなってしまうのでお早めに。

Saki1005227

 当然このアングルも奥の建物がなくなってしまう訳なので、かなり影響大ですわね。 

Saki1005222

 レザンホールは行かなくても良いかと思ったのですが、せっかく行ったので(ぉ

Saki1005223

 塩尻で行って見たかったのは、以下の2ヶ所。

Saki1005224

Saki1005225

 諏訪湖周辺は、実はあまり風景的にも好みではないし、あまりマメに全ての舞台を制覇しちゃおうかと義務にもならないように、行くつもりは無かったんですが、時間の余裕度を見ながらちょっと寄り道です。

Saki1005226

 原村は最初の遠征に既に来ていたんですが、YG最新刊(5月第一週号)に登場した風景がある、と聞いて来ちゃいました。

Saki1005228

 左の建物の傾き加減と足下の鉄板の線を気にしたら、何か傾きすぎた気がします。

Saki1005229

 なんと発売日には場所が特定されていて、7巻表紙といい、咲の舞台訪問業界は仕事が速すぎます!
 劇中のマンホールのイラストや火の見櫓の構図から、それぞれのマンホールや火の見櫓のファンサイト(笑)から地域を特定するあたりはインターネット時代ですね。
 私が舞台訪問を始めた頃は、とにかく地域を絞り込んだ後は「情報は現地」しかなかったから、とにかく行くしかありませんでした。キャプ絵もTV画面をフィルム写真で撮影でしたから隔世の思いです。

 もっともまだ発見されていない大物物件もあるので新参者にもチャンスは残っているのですが(何がだ?
 のどっちの家も老朽化のための改修工事が予定されており再度見ておこうかとも思ったんですが、そうすると周囲をもう少し回りたくなるしキリがないので断念。時間と体力を温存します。最近は余力を残して引き際を考えるようになってきました(笑
 個人的に帰り道にもう一ヶ所、ロケに時間がかかりそうな物件がございますからね。

 さて、龍門淵公園などの大物物件も残っているのですが、今後木崎湖訪問の予定もあるのでその帰りとか?(ぉ

|

« マリみてオンリー「子羊5」行ってきました | トップページ | 嶺上開花塩尻原村雛見沢で12000点です(中編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199552/48437664

この記事へのトラックバック一覧です: 嶺上開花塩尻原村雛見沢で12000点です(前編):

« マリみてオンリー「子羊5」行ってきました | トップページ | 嶺上開花塩尻原村雛見沢で12000点です(中編) »