« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月13日 (土)

秘境駅を眺めに行かなイカ?

 そうだ、大井川鐵道を見に行くゲソ、と思い立って行ってきました。

 つい最近、立て続けに大井川鐵道を撮り鉄する番組や、旅番組を見たせいもあります。影響されやすいなぁ(笑
 もともと行ってみたかったのですが、いつでも行けると思っているとやはりなかなか行けませんね。

 さて、今回は悪路対策として、志摩子さん号を人質にして、弟の通勤車である軽自動車をレンタルしました。一応ターボ付き。
 国道362号線を行こうとするも、崩落で通行止め(泣)、迂回は主要地方道263号。センターラインが無くなってから直線が全くないブラインドの幅員の狭い道を、延々と一時間くらい走り続けます。弟の家の配置上このルートになってしまうので、帰りも……と思うとぐんにょり。早速、軽で良かった(笑

 結構早めに到着出来たので、寸又峡へ寄って夢の吊り橋とか温泉とか企んだのですが、こんな僻地の山奥に何だ……町営温泉に立ち寄るのにも、有料町営駐車場で、しかも1回500円にすっかり萎えてしまってそのままUターン(ぉ

 弟の通勤車はカーナビが付いていないので超不便。道案内はともかく、予め航空写真で下調べした撮影ポイントとか、山道で目印が少ないから自分の現在地が分かりにくい~。
 なので、途中のポイントすっ飛ばしていきなり分かりやすい場所、有名な湖上駅が見える所まで来てしまいました。

 確かに秘境駅って風景です。
 もっともそこまでの道路はそんなに悪路はなくて(途中幅は狭い区間有りますがね)、車で行くとそんなに秘境という場所ではないです。

 持ってきた時刻表を見ると、列車が来るまであと20分もある……と、寒いので車の中に待避していると、何か警笛の音が? あれ、まだ10分以上も前だよ? と思いつつ見に行くと、ゆっくり列車がやって来ます。
 ここで不思議なのは、自分の他に人は居ないと思っていたのですが、列車音がし始めたら突如2名ほどカメラを持った人たちが現れました。いったいどこに隠れていたんだろう。

 列車、小っさ!
 秘境駅っぽいカットで写すと、写っているのか良く分からないほどです。

 ちなみに鉄道は全く専門外なので(笑

Oigawa1_2

 列車が早く来た理由が分かりました。
 観光客が降りて駅周辺をうろうろ徘徊する時間を取っているんですね。発車時間が来ると、警笛を鳴らして乗客を呼び戻します。

 さて、この場所から奥に行くと湖上駅まで歩いて行けるんですが、天気も悪くなって超寒くなってきたので温泉に行こう(笑

 接阻峡温泉です。

Oigawa2

 立ち寄り湯は町営温泉会館と、駅前の露天風呂とあるようなのですが、温泉会館は団体さんが列車から降りて向かっていったようなので、駅前の露天風呂をチョイス。

Oigawa4

 入ろうとすると、女将さんから「電車が来たから入っていていいよ」と駅に行ってしまいました。どうやら駅の管理も請け負っているようです。貸し切り状態だし。
 温泉らしく、入るとすぐに身体、ぬるぬるだ。

 接阻峡温泉駅で眺めていると、東海道線よりずっと長い編成で、前半分が満席状態で後ろ半分が乗ってる人もまばらな状態。見ているとどうやらツアーの貸し切りの様ですね。来る列車、みんな結構盛況だな。

Oigawa3

Oigawa11

 お昼になったので駅の近所で軽く食事。とは言ってもそばやうどん、しいたけごはんとおでん程度しかありませんが。コンビニなんて無論ありません。

 また列車見に行こうと時刻表見たけれど、どうやら大井川鐵道はお昼休みがあるようで、12時台は列車がありません!(笑
 関の沢鉄橋を探しに行こうとも考えたけれど、時間があれば乗車もしてみたいし、湖上駅に向かうには今度は歩きもあるし、早めに湖上駅に行っておこうかと、先ほどの所に戻って今度は山道の遊歩道へ。

Oigawa10

 下りばっかりなので、帰りに登る事を考えると……考えたくない。

 湖上駅を見下ろす所で、ここが県の広報誌の撮影場所なのねー、と思ってあと20分待つのか、と時刻表を眺めているうちにふと、「列車の進行方向を考えると途中で見つけた場所の方が良くない?」とか思い始めて、急いで来た山道登って戻ったでゲソ! でも列車が来たら実はあんまし良い場所ではないと思ったし、湖上駅で止まっているうちにさっきの場所に戻ろうとしたら、この列車は時刻表通りにやって来て(しかも2分くらい遅れ)、すぐに発車して発車のシーンに間に合わないし。

 なのでまた約20分待って下りの列車を撮ったけれど、足下からトンネル抜けて向こうに走っていく列車を試し撮りもなく初めて撮るのは無理だ……タイミング取れないよ(泣

Oigawa6

 しかし、この写真を撮る前の、上り列車が湖上駅で大量の団体客を吐き出していて、その人たちはあろうことかこの元祖レインボーブリッジ(命名はこちらが先)を歩いて向かって来るんです。(画面左側が歩道)
 しかもほとんどがお年寄り。最初、何?あの国旗持っている人は?右の人?とか思っていたら、トラピッ●スの添乗員で、その次がJ●Bと、団体2つかよ!

 ちょうどこの列車撮影時間にお年寄り集団と撮影ポイントで鉢合わせになって泣きそう。

 帰り道も団体さんの後ろに付いていく羽目になって。ただでさえ足の遅い集団の上に何もない遊歩道の中で立ち止まっては記念写真撮っているのでなかなか進めません。
 でもそのお陰で、もう一本下り列車を撮る事が出来ましたけれどね。ド逆光のシルエットですが。

Oigawa7

 ちなみに、300mm相当の望遠だと、有名な撮影ポイントだとこのくらいの大きさになります。

Dsc_5406

 時間的に暗くなってあの何にもない山道(地方道)をドライブしたくないので、早めに引き上げ。
 時間があれば、長島ダム~アプトいちしろ間を乗車しようとしたんですが、1時間に1本のダイヤだとねー。寸又峡なんて寄らなければ良かった(ぉ

 帰り際、アプト区間を眺めてみます。TVの番組でも、この辺から撮ってました。(正確な場所は違いますが) 列車のスピードはもの凄く遅いのだな。時間になって音はすれどなかなかやって来なくて(笑
 しかし、本当に線路としては凄い勾配が。

Oigawa9

 帰り道、SLと追いかけっこになって追い抜いたら撮ってみようじゃなイカ?……と思ったけれど、SLは遅くてもやはり線路の方が最短距離で走るのでなかなか抜けません。残念。
 まあ昔、撮影しに来た事はあったからまあいいや。

 帰りは国道362号を行ける所まで行ってみようか……とかギャンブルな事を考えてましたが、行かなくて良かった。迂回のない所まで進んですごすご引き返す所でした(笑

 意外に面白かったし温泉にも入れるので、また来よう。

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »