« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月17日 (日)

あの日見た花のドリルは里帰り?(2)

 今回は、「道の駅」や「西武秩父駅」などの駐車場を拠点に、車載高機動車両「乃梨子」を投入しました。

 前日に、ドンキに買いに行きました(笑
 フェラーリやランボルギーニは高いのであきらめたのですが、ハマーは冬季限定モデル?が在庫処分でお安かったので。

Ccb29

 レンタサイクルも考えたんですが、秩父市街を全部を自転車で回るのは体力的にキツいので、長距離の動線は車で、面の制圧は乃梨子号なのです。
 結果的に大正解でした。それなりに高低があるので変速機付きで良かったです。

 個人的にはこの歯科医院のこういう構図が好き。

Ccb22

 アニメ絵からの道の構造で、地図から独力で探し出せました。
 他の方のマップ見る前に自分で地図でアタリをつけるのも楽しみですからね。
 以前来た時に「山の麓の松平病院」探して市内を走り回ったからなぁ……建物のデザインから病院以外を疑ってましたけれど、その後武蔵境の日本獣医生命科学大学と発見されちゃいましたから、今回は気軽です(何がだ

 この場所では「秩父市市役所職員」に間違われました!

Ccb25

 写真を見ると分かりますが、実は橋の白い部分がアニメ放映時より後に増設されています。
 そこの民家の方とお話ししたのですが、大きい車が曲がれる様に市に要望したそうで、その工事完成写真を撮りに来たと思われちゃったみたいです。
 ちょっとタイミング的におかしいと思ったそうですが、キャプ絵を見せて何の写真を撮っているか説明しましたら非常に感心されて、「暑いからお茶飲んでいかない?」と大変好意的に接して頂きました。

 ウニクス秩父ですが、原則的には「私有地内での許可のない撮影行為は禁止させて頂いている」との事で警備員さんに確保されてしまいました。
 結果的には『あの花』に関する撮影に関しては支配人さんより許可を得られましたが、本当は撮影をご遠慮願う場所なので、撮影した写真の利用は個人の利用に留めて欲しい、という事でした。

 さて、ちょっち日差しが厳しく気温も高い。
 計画では熱射病対策で「龍勢会館で涼を求める」なので、いったん吉田の方へ向かいます。
 小鹿野に宿を取ってあったので、チェックインの手続きだけも先に済ませるために。

 龍勢の発射場の入り方が分からなくて、ほら、めんまパパがアウディですぐ近くに乗り付けているイメージがあったので車でウロウロ入って行ったらいきなり発射場直下に出てしまってびっくりしたと同時に引き返せるんかい、とちょっと焦ってしまいました。

Ysd01

 龍勢会館では、本来の会館の目的(笑)の龍勢のビデオを見てきました。空調が効いていて生き返った~。もちろんビデオも良くて実際の祭りにも来てみたいです。

 が、この会館の一角が残念な事になっている(←褒め言葉)のを聞いていたので見てみます。

Ysd02

 詳しくは公式のBlogで見て下さい、「ずっとなかよし」仕様になってました。

 帰り道、メインルートから外れた所にゴミの不法投棄の場所を偶然見つけて、思わず立ち寄ってしまいました。
 まあ、例の牛乳瓶なんですけれどね(笑
 秩父牛乳は平成20年に倒産(民事再生申請)後は戸田牛乳になってしまっている上、秩父牛乳のデザインも何種類もあるので単に秩父牛乳の瓶、だけではダメなんですよね。

 牛乳瓶のデザインがズラリと。少なくとも近年にも数種類あったみたい。

Mmh

 こちらの展望出来る場所は巡礼者以外の方が結構訪れています。

Ccb28

 かと言って、早朝とかだと光線具合が変わってしまいますからね。

 名前も何と「聖地公園」ですが、秩父市市営墓地です。

Ccb27

 左側に移っている墓は、実はお墓(墓石)の見本なのです。
 市内の商店が配っているマップには「お墓まで実在」なノリのものもありますけれど、今回はシーンの検証や新規発見で行った訳ではないので、さすがにお墓までは見に行っていません。
 

 この灯籠みたいなのは「どこいくべぇ」という案内板なんですが、思ったより望遠で引っ張ってました。とは言っても35mm換算で135mm程度あればいいんですが。背後の建物の距離感の圧縮が。

Ccb31

 あの花では風景が圧縮されて描かれているものが結構あったので、望遠対策でクソ重い旧式80-200mm/F2.8なんかより、安く廉価な55-300mmでも本気で買おうか考えました。道のうねりの描写とか、もし本当なら望遠で圧縮効果出してますからね。道路を望遠で引っ張るのは油断してました。日中は車多すぎて無理。

Ccb33

 ここも以外に望遠気味なのね。

 昔は中判カメラまで使って本格的に風景やってたので、絵を見ただけで結構焦点距離が読めるのです。
 最近はネタ物やコス撮影ばっかりだけれどねwww

 学校周辺は車を止める良い場所がなくてちょっと苦労しました。
 車の往来は結構あるので路駐は迷惑になるし、脇に入る場所もほとんどありません。

Ccb32

 あと、この場所はあなるが自宅庭からじんたん達に水を掛けるシーンだと思っていたんですが、実際には花火職人の庭だったのか……。

Ccb26

 あなるの家=花火職人の家と、二つは同じと断定しているレポもあるけれど、塀の形や張り出した窓と二階ベランダの有無など相違点が多いのです。

 二日間の巡回順序とかごっちゃになってますが、回った順序から一部の場所は場所を特定しにくくする意図もありますのでご容赦を。すぐ上の写真とか。

 金曜の巡回終わって小鹿野温泉の須崎旅館さんで貸し切り露天風呂(ぬるめで日焼けした肌にも優しかったです)にゆっくり浸かって、500mlのペット飲料2本飲んで22時頃寝たら見事に翌朝はお寝坊で8時過ぎ。

 朝撮りも考えてましたが開き直って新グッズが入荷する、という龍勢会館9時オープンに合わせてお出かけ。
 しっかり覚えられていたので「入荷しました!」と顔見た瞬間言われました。

 最近はアニメグッズとか買わないので、本当に安価な物を秩父記念に(笑

Img_0711_2

 おっと、新商品の缶バッチを写し忘れたぜ。
 交通安全ステッカーは2枚は実用だけれど、残りはお知り合いとかにお土産がわりに。

 後は昨日暑くて移動が嫌だった数カ所を撮って13時頃に出発。

 行きはこれから……という事でテンション高いですが、帰り道が同じで6時間半もかかるとなると辛いものがあります。
 前回首都圏経由で帰ったら渋滞に懲りたもので。
 帰った直後は当分出かけたくない、と思うんですが、すぐにまた行きたくなるんですよね。撮影ミスとか見つけると(笑

前半(1)

(1)の続き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

あの日見た花のドリルは里帰り?(1)

 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の聖地巡礼してきました。

Ccb07

 聖地巡礼、という言葉は好きではなくて舞台探訪とか舞台訪問などと言うべきでしょうが、最近NHKの紹介番組をはじめ、ここ秩父市の各案内所や商店でも「聖地巡礼ですか?」と声を掛けられるあたり、こちらの言葉で定着しちゃうのかな……? と。

 あー、あの花関連の訪問レポは散々既出なので、写真は気に入ったものだけ貼り付けておきます。

 元々の秩父行きの目的は、車を買い換えまして、瞳子号と名付けた(ぉ)からには慣らしの仕上げに、まさにドリルの聖地に行こうかとの企みがあったからです。

 しかし連日の猛暑日の警報や、あと少ししたら秩父市の公式イベント「アニメ 『あの花』 in 秩父キャンペーン」に合わせるのもありかと考えたんですが、ただでさえ盛り上がっている最中のイベントで巡礼者でいっぱい、という構図は避けたかったので金曜日が会社が休みになるタイミングで出かけることにしました。
 何よりアニメを最終話まで観て高まりを押さえられなかったというか。
 まあ、イベント参加するならまた行けばいいや、なんてねww

 猛暑対策で、前回の秩父行きの経験も考慮して、体力温存のため、一泊はちゃんとした宿泊をすることにしました。以前の志摩子さん号(ステージア)は寝るには快適仕様だったんですが、今度の瞳子号はコンパクトエコカーなので、そうはいかないのです。
 しかし早朝の「朝撮り」は基本なのでやはり夜明け前には現場にいたい、と仕事終わって木曜夜に出発。前回と同じく甲府経由です。

 この前は12月初旬、山梨→埼玉の越境は予想外の雪で泣きそうでした。

Ccb01_3

 今度は心配ないぜ! と、雁坂トンネルを抜け軽快にワインディングを……と思ったら、うぎゃー!!!! いきなりABS発動の全力制動と回避ハンドル。
 コーナー抜けて見たものは、ヘッドライトの反射で目が光る地デジカシカたち。しかも何匹もその後遭遇するので本当におっかなびっくりです。

 午前2時くらいに現地到着。
 さすがに誰もいません(笑)

Ccb03

Ccb04

Ccb05

 欄干の照明が節電なのかメンテが滞っているのか分かりませんが部分的に消えていたり、照明具合のイメージが違っていて少しがっかりでした。
 セメント工場も真っ暗だし。

 劇中の望遠シーン対策に、F4時代に買った80-200mm/F2.8を持って行ったけれど、さすがに夜の手持ちじゃVRなきゃ無理か……

 入口付近の照明も消えているので、手持ちのLEDライトで照らしてみたりします。
 背後のナトリウム灯がどうしても撮影者や三脚の陰を落としてしまいますね。

Ccb02

 午前4時半頃、明るくなりそろそろ本格的に撮影行動をしようとしましたら……

 どう見ても10人以上の巡礼者が。
 時間、思わず確認しちゃいました。
 くれぐれも、今日は平日(金)です。(大学生は休みなのかな…)
 こんなの絶対おかしいよ!

 

 秩父神社周辺も、人と車の往来が多くて撮影が難しい、のと情報がありましたので早朝にカットを確保しておきます。

Ccb08

 色温度が低い時間帯なので写真が黄ばんでしまうのが難ですが。やっぱRAWでも……と思うのですが、いじってる暇もないし容量がねぇ。

 秩父に来ると、やっぱドリルファンとしてはこのシーンはグッと来ます!

Ccb00

 もちろんドリルカーブではニューカーを記念撮影!

 さて、重要ポイントのひとつ、札所遍路17番実正山定林寺です。

Ccb09

 管理人さん?(住職さんなのかな?)が寺を開ける時間帯に行ったので、いろいろ興味深いお話を聞けました。
 原作(岡田磨里さんの事なのかな?)さんが子供の頃(おおよそ高校ぐらいまで)、ずっとこの場所を気に入っていたご近所さんで思い入れのある場所だとか、そんなお話。
 一日あたりアニメ巡礼者が百人は来るんですって。

 定林寺のゴミ箱は噂どおり見事に偏った商品の空き缶でいっぱい!

Ccb10

 アニメのカットでは定林寺入り口に自動販売機があるのですが、あなるが「ジュース買いに行ってくる!」と行った先は方向が違っていてそちらにも自販機があるのです。
 この前の豊郷の痛自販機にもあきれましたが、こちらもとても残念なことになっていました。

Ccb11_2

Ccb12

 しかもお勧めされちゃってます。

Ccb13

(後半へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »