« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月21日 (月)

日食記念うぷ

 せっかくなので記念UP

 

 7時25分頃
725

 31分頃
731

 34分頃
734

 会社にあったあり合わせの機材で望遠度も足りませんが。
 コンデジNikon COOLPIX P7100
 1/2000秒 f8 + 溶接保護メガネ(笑
 色が緑色なのは、溶接メガネのガラスの色です。

 会社所有物であまり使ってないので、内蔵NDの入れ方は日食が終わってから勉強した(死

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

九州なりゆき旅行最終日はやっぱりネタ系?

 三日目です。

 朝食付きだったので出発はどうしても九時近くなります。
 昨日もそうですが、こういう宿はゆっくりが基本? 早いお出かけですねと言われちゃった。

Dsc_9412

 そのまま阿蘇山に登り始めるんですが、何と前方を走っているのは我が地元ナンバーの車ではありませんか! 地元で有名な神社の交通安全ステッカーも見えます。

 こんな所で奇遇な、つかここまで走ってきたのかい! と感嘆と共に親近感もあったのですが…………運転がとても残念な方でした。
 コーナーで止まりそうなくらいにスピード落とす割には、特に右カーブで対向車線へ大幅にはみ出すし、直線だけはやたらとスピード出すし、直線でも何故か対向車が来る度にブレーキ踏むし、そのうち後ろが詰まり始めたので意識的に煽ったんだけれど(ぉ)絶対に道譲らないんだわ。恥ずかしいからもう地元帰ってください。

 そんな一悶着後に火口登山道入口まで来たら、風向きが悪いのかガス(火山の有毒ガス)規制中でケーブルカーも有料道路も封鎖され火口に行けません!

Img_0232

Img_0228_3

 残念な結果となり、ロープウェイ乗り場の土産売り場を眺めるものの、何かこれ勘違いしてるよねw

Img_0229

 さて困った何処へ行こうか、熊本城他市内観光は経験済みだし……と悩む。

 ということで、しかたがない、なりゆきで一路南下。

Img_0239

 けれど帰りは熊本空港にしちゃったので、そんなに遠くは行けません。薄々鹿児島空港にすれば良かったと行く前に思ったんだけれどね。

 人吉市。

Img_0241

 既にピンと来る人がいるかと存じます(笑
 ここで神社めぐりをしましょう。

 最初の神社は。
 小さいながら一部の方々の間でとても有名な神社です。

Img_0255

 
 まさか、ここまで来る事は無いだろうと思ってましたので、かなり感慨深いです。
 つか、こういう場所は事前に調べてあったんかい! というツッ込みは無しでお願いします。

 えっと、ご神体の所に何か飾られちゃってますが(ぉ
 これでここがとんな場所かネタバレっスねw

Img_0244

 絵馬のそれ系の方々御用達のものばかりですね。

Img_0250

 お向かいが焼酎の蔵本で、どこから来たのと話かけられて、「その方面」のお話を色々伺いました。せっかくなのでここで米焼酎と麦焼酎を買いました。

Img_0266

 コーヒーまで出して頂いて一服後、次の神社へ行く前に。

 はい、一部の方々の間でとても有名な橋です(笑

Dsc_9442a

 こんな平日の昼下がりに同業者?がいるよ(お前に言われたくないかも)
 後出しジャンケンの良い所は、先駆者がこの場所を探し当て写真を撮った後、実は風景は左右反転されていた事が判明したためせっかく行ったのに泣いた方も多いみたい。
 惑わされずに正しい方向から撮る事が出来ました。(写真は反転済み

 付近にも撮影スポットが。

Dsc_9425

Dsc_9430_2

 神社めぐりですので、「一般的に」有名な神社に立ち寄ります。
 国宝、だそうです。

Img_0290

 でも、その隣の観光物産館のお土産屋には、何故かアニメグッズのコーナーがあったりします。不思議だw

Img_0301

 最後の神社は、やはり一部の方々の(以下略

 一応、神社の由来とかの案内板もあるので観光地っぽいですよ。
 遠くから見ると本当にトトロの森みたいだ。

Img_0302

 光が見えているので、あそこが頂上だと思われがちですが、階段の傾斜が屈折しているので実はもう少し登ります。

Img_0306_2

 

Img_0325_3

Dsc_9476

 最後にもう少し車で走った場所に通学路やらバス停やらがあるので、一応見に行っておしまい。

Dsc_9482

 帰りは空港まで残り50kmぐらいの所で燃料警告灯が点灯して、でも5リットルぐらいは残っているはずなので大丈夫だよね? と、エコ運転に努めてちょっとドキドキ。事前に満タン返し不要のオプションを2500円払っているとはいえ、すっからかんで返却する鬼畜仕様(笑

Img_0336

 時間が若干早いので熊本城とか思ったけれどガス欠だし、市内の渋滞程度も判らないため素直に早めの空港入りをしました。
 でも案外、空港内で食事とかしているとそんなに時間は無いものです。

 フライト中に日が沈んで今回のツアーは終了。

Img_0350

 名古屋(空港)からのバスがかったるくて最も辛い。
 あと一ヶ月ちょっとしたら出張でまた飛行機だ。面倒だな……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

九州なりゆき旅行2日目

 二日目。
 早く寝た分、すっきりと起きて朝風呂して、8時には出発することに。

 行き当たりばったりですが、やまなみハイウェイ走ろうと。

 阿蘇に向かって目的地を設定すると、ナビの検索条件変えても変なルートばかり選んでやまなみハイウェイ選択しやがらなくて、朝からプチ切れ状態。なのでやまなみハイウェイ自体を目的地設定して何とか出発。
 自分のナビの使用スタイルは、一応ルート案内させるものの、道は自分勝手に選んで進むので迷子にならない程度に使うんだけれど、それにしたってこのナビは……ルート外れた後の再検索も数分単位で異様に時間掛かるし。

 一応、有名な場所として大吊橋にも立ち寄ってきました。

Img_0116

Dsc_9319

 観光客のたぶん95%は中国人っぽい感じで、聞こえてくる会話に日本語がない!

 渡ったけれど、立ち止まった際に揺れているのが判る程度で、結構頑丈な感じでスリルはないですね。下も見えにくいし(笑

 

 やまなみハイウェイ、「ここは高速道路ではありません」の看板を眺め走ります。

Dsc_9333

Img_0140

 そのまま阿蘇山かすめて宮崎県の北限の高千穂峡に行ってみます。

Img_0143

 天岩戸神社に行ってみる。
 とりあえず、ここでご飯。
 鬼コロ、結構美味しいよ。もうちっと大きいと良いんだけれどね。

Img_0151

 天岩戸神社に入って手水舎を見ると、おや?

Dsc_9346

 こんな所にも、アニメらき☆すたにも登場し有名になった噂の「手水ちゃん」が(笑

Dsc_9349

 髪をドリルに巻けばいいのにと思うの。

Dsc_9338

 伝説(神話)の、天照さまが引きこもったという天岩戸は、申し込めば拝観出来るのだろうけれど、ご説明含め時間が掛かるみたいだし巫女さんが案内なら行ったんだけれど、写真をガツガツ撮らせてもらえそうもない雰囲気なので、河原の方にも降りてみます。

 何か地獄へ渡れそうな風景。

Img_0174

 こういう所で石を積むのはよく見られるけれど仕様なのかしら?

 この先に天岩戸がある筈なんですが。

Dsc_9366_2

 
 実は西本宮もあるんだけれど、行ってみて階段見て挫折しますた。
 入口にウズメさんがいらっしゃるんですが、人感センサーがあるのか、横を通るとこいつ動くぞ(回る)状態なのです。

Dsc_9373

 高千穂神社にも寄ってみましたが、こちらは手水ちゃんが成長しちゃって残念な姿に(ぉ

Img_0180

 今年の新卒採用の新人巫女さんの研修中な感じ。

Img_0184

 
 有名な高千穂峡。
 ここも中国人ばかり?

Img_0194

 何隻ものボートを漕いでいる人たちのはしゃぐ声も日本語ではありません。
 まるで中国に来たみたい。

 現代的に赤鬼殿が携帯電話で通話していらっしゃいます。

Dsc_9398

 この後、阿蘇へ向かい登山道を走り始めるものの、前方にもっの凄く遅い観光バスが走っていて登るのに時間が掛かりそうで 食事付きの宿だとチェックインが若干早めなので今日は挫折しました。

 今夜は南阿蘇の、やっぱり露天風呂付き離れ。
 敷地が広く、油断すると迷う(笑

Img_0213

 最初は大浴場(露天)に行って、夕食後は部屋の露天でゆっくり。
 夕食の料理は高いコースにしても食べきれないだろうと思い、一番安い標準のコースにしたのですが、品数も多くて充分でした。

 さて、今日も疲れたので早寝しそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

九州なりゆき旅行

 諸事情により九州旅行に行ってきました。

 事情というのは、この旅行は自由なんだけれど強制イベントなのです(笑
 べ、別に九州じゃなくても良かったんだけれどね、気候とか行った頻度とか考えて九州地方にしました。フライトと宿とレンタカーだけ確保して、行く場所はあまり決めないまま出発の日となってしまいました。

 朝4時起きで自宅出発。始発の空港行きバスで中部国際空港から向かうは大分空港。
 小さい飛行機とローカル空港に憧れて(笑)、旅行会社が提案した福岡空港を蹴って大分に降り立ちました。今回は必ず旅行会社を通さないとフラグが立たないイベントなので、何かと面倒だったのよ……直接ネットで予約出来るしその方が安いのに。

 ああ、何て素敵なローカル風景。
 降りた飛行機から直に歩いて空港ビルに向かうのって新鮮です。

Img_0026_2

 今回のお供はFit君。

Img_0331

 良くできた車で好きなのですが……レンタカーだと社外品が多いカーナビが、今回は純正で、これが未だかつて無いほど使いにくくて泣けた。幾多の機種もメーカーも説明書無しの直感操作で使ってきたけれど、こんな使いにくいのは初めてです。
 ダッシュボードには平日という事もあって? 自動車速度測定機探知装置(通称レー探)を自前で持ち込んでセット。案の定、平日は営業してましたねー(笑

Dsc_9272

 国東半島の国宝だか重文だかの寺院を二つぐらい巡って、寺院で会った尼さん?が美味しいと教えてくれた蕎麦を食べに行ったんですが、店の人にどのくらいで出来るか確認したのにそば粉をふるうところから始まったのでとても時間が掛かってしまいました。美味しいのには間違いなかったです。

Img_0040

 もう少し国東半島の、崖の石仏とか回ろうかと考えていたのですが、時間的に別府に向かう事に。

 別府と言えば地獄めぐりなのですが、雲仙とかその手の所は経験済みでそんなのを予想していたんですけれど。
 チケット売り場へ行くと売り場の前に必ず案内のオバサンとか立っていて、八ヶ所だかある地獄めぐりの入場通し券を進めてきます。一箇所400円なので全部回ればおトクですが……。
 経験上、こういうのは2~3ヶ所ぐらい回れば飽きます(笑

 一ヶ所目。

Img_0046

 二ヶ所目。

Dsc_9295

 三ヶ所目。

Dsc_9299

 ほら、飽きたw

 良さそうな個所を選んだのですが、だんだん残念度が増してきましたので、これで終了。各所とも景観も加工されて人工的な感じがするのがマイナスポイント。

 別府を後に今回の泊まる場所へ移動します。

 北海道とはまた違った、ダイナミックな風景が広がってきました。

Img_0067

Img_0068

 緑が鮮やかで眩しいです。

Dsc_9302


 さて、今回は由布院にお泊まりです。

 宿にチェックインして市内マップをもらって、宿の無料自転車を借りて出かけたんだけれど……。

 まあ、美術館とかそんなのは夕方5時で終了なのは判るけれど、お土産屋とか飲食店も5時とかに終了なのね。温泉入って夕暮れの温泉街を散策……っていうのとはイメージちょっと違った。木立の中のお洒落ストリートって感じ?

Img_0088_2
 ※オサレエリアはもう少し先
 

 この辺りの飲食店って鶏肉料理(地鶏)メインなのよね。鶏(鳥)嫌いな私は事前には多少調べておいて今夜の宿は素泊まり専用にしたんだけれど、まさか由布院で夜はコンビニ弁当になるとは思わなかった(笑)
 明日の宿は食事付きなので牛肉も出るだろうし今日は肉はいいや、って感じで探すのも疲れてきたので。

 お宿は離れ型式の客室専用露天風呂付き。
 サービスで冷酒が振る舞われるので、持ち込んだ酒と共に、お約束の露天風呂に浮かべてご満悦なのですが、ヤバい、朝早起きだったので十時前だけど激烈に眠くなってきたよ。

Img_0098_3

 そんな訳で一日目終了なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »