« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月24日 (日)

あの夏とは別の夏を追って

 あの夏を追いかけて。

06250

 先々週は雨天順延。
 先週も雨天順延。

 そして今週は、同行予定だった兵庫県人は紅白出場アニソン歌手を追いかけて島根県に行ってしまいました。
 翌週は自分が一週間出張で前後は厳しいし、兵庫県人はその後は夏のまんがまつりの原稿で身動き取れないし。
 なので、しばらく長野県行きは無理そうです。

 代わりと言っては何ですが、あの夏に変わって別の夏を追いかけに行ってみました。

 夏色キセキ。

 下田市。

 自分の西部地方と、伊豆地方とは同じ静岡県とは思えない。遠いよ。
 しかも伊豆には何度か行っていますが、道路状況が色んな意味で良くないので、実はあまり気が進まなかったりします。

 さて、これが初めての第二東名デビューだったりします。
 第二東名のIC付近は通勤路なので、ずっと建設経過を毎日眺めてました。

 早朝出発のせいか、がら空きの状態でしばらくファンカーゴとタントと3台で連んで走りました。たぶんタントが一番ハイペースなんですが、離されては上り坂区間で追いつき追い抜いたり(笑

R1

R3

 路面が新しいせいもあり極めて滑らかに走るため、めっちゃ走りやすいです。こんな早朝に覆面さんがいるとは思えないけれど、意識して押さえ気味で走行しましたが、あれ?沼津ってこんなに近かったっけ? という感覚であっという間に沼津。

 ここから南下するんだけれど、沼津時点でも7時前だから楽勝かと思いきや、前方に重機(大型クレーン車)がスローペースで走っていて小一時間(泣)

R2

 ループ橋で半径が小さいのを結構なスピードでいい気になって下っていったら、途中目が回りそうになって気持ち悪くなった……。ちょっと寝不足だったかしらw

 結局、第二東名分の時間的貯金は一気に無くなって、当所の想定時間に到着。

 下田公園を行動の拠点とするため、公園の駐車場に行くと事前情報通り、あじさい祭り期間中で臨時駐車場に回される。臨時はいいのだけれど、未舗装なので帰りは砂埃まみれが予想されてちょっと迷って、他に駐車場が無いか探すものの見つからず結局そこに入れました。

 アニメ中の、のど自慢大会の会場は本日は色々な催し物があるようで、テントや露店も並び既にそれなりに賑わってました。

062515_3

 のど自慢のステージは今日も色々イベントがあるようです。

06254

 ちなみにアニメ背景と同一構図の検証写真は個人的には撮影してますが、散々既出ですので、あまり掲載しません(笑

 有名なカットの場所。

06251_2

 このカメラ置き場にカメラを置いてアングルを合わせると、アニメと同じ構図になるようです。

 臨時駐車場から登ったので、「キセキの階段」へはペリーロードに向かって下る方向になります。

06255_2

 全体像はこんな場所。

 先ほどの展望台でも同業者とちらほら出会いましたが、この階段部分で遭遇したのは恐らく中国な方? 通訳役の母親さん?から同じ目的か、と尋ねられました。カメラを持った男性の手には、キャプチャと中国語の解説をプリントアウトしたファイルが(笑
 以前にも恐らく韓国な方からも尋ねられた事がありましたが、いわゆる聖地巡礼もワールドワイドになったなぁ……

 ペリーロードでは、アニメの構図で薄々気がついていた事が現実に。

 例えば、特にマンガ「咲-saki-」では原作者が超広角好きで、ロケでは明らかに魚眼(対角魚眼)まで使っているのは有名です。けれど、それを除けば大抵は常用の35mmフィルム換算で24~130mm程度のズームレンズで検証写真は撮れるさ、そう思っていた時代もありました。
 また、アニメスタッフのロケハンに使うカメラも、ロケが行われた時代のトレンドのカメラ、コンデジだったら広角28mmからの4倍ぐらいのズームとか、そんな機材の想定もしたり。
 ただ、風景写真を長く続けていた経験上、夏色キセキのアニメの背景が大きく捏造されていないならば、かなりの広角が必要ではないかと気がしていました。

 ペリーロードの旧澤村邸。
 広角24mm相当では厳しいので早速18mm相当に換装するものの、実は広角が足りてない感じ。

Fig1
参照用引用画像:(c)「夏色キセキ」製作委員会

06256

 これがますます明らかになるのは次のカット。

Fig2
参照用引用画像:(c)「夏色キセキ」製作委員会

06257

 左側水路と右側のプティックへの階段が構図から切れてしまいます。
 街頭の位置からもう少し前に出て撮影したいのですが、そうなると左右がますます収まりません。
 カットの絵と正確に合致する部分が多いので、広角を捏造している訳では無さそうです。広角特有の歪みが描かれてますので。屋根の直線が湾曲していない事から魚眼系ではなく、いわゆるAPSサイズ系の撮像素子なら、シグマの8~16mm(換算12~24mm)あたりなら撮れるのかな? 最近買おうか悩んでいたところだったり。

 これは改変された捏造系な気もするんですが、龍馬の像と背後の山の稜線を一致させようと前に出て撮影すると、またしても換算18mmより広角が必要となります。山の稜線の位置を一致させたり、台座や階段の上面が見えていない事からかなりのローアングルからの撮影となりますが、かなり厳しい構図になりまする。

Fig3_3
参照用引用画像:(c)「夏色キセキ」製作委員会

062511_2

 例の駐車場は噂どおり着々とコンビニの建設が始まってました。

062510

 駅のヲタ勧誘看板は、やっぱり改札の中でした。撮影したいなら入場券買え、と。

062514

06259

 

 足湯は暑いせいか、誰もいませんでした。海岸公園の足湯は人気なのにね。
 でも観光客の残したドリンクの空き缶とか散乱していて、マナーの悪さが目立ちます。
 ……仕方ない、おじさんがちょっと片付けよう(ぉ

062512

 何の変哲もないバス停も念のため見に行ってみた。
 通学路とか見たくて学校とかも念のため汗だくになって確認しに登ってみたw やっぱ全然違った。

 今回のイチ押し。

06253

 噂の「同じ学校に通う生徒がいる設定」の家?
 どうやら個人的なノリで賛同しているらしいです。その心意気、イイネ!

06258

 実は一番見てみたかったりする物件でした。

 撮影はちゃんと店のマスターに声かけたんですが、最初ちょっとしか見えない状態だったのを、わざわざ窓を大きく開けて向きも変えてくれました。時間がなかったのでお店に入れなかったのが残念。
 まだそんなお店があるらしいのですが、日曜は閉まっている店が多くて……

 さて、帰りの時間も読めないので16時少し前に撤収。
 案の定、少々混雑気味だったけれど、渋滞が無かったのは良かったですわ。
 渋滞無いぐらい遅い時間に帰る手もあるけれど、存分に歩き回った(一部車載自転車も使ったけれど)疲れた後ではちょいとオジサンだと危険なのですよ。

 思っていたより下田、いいな。
 平日狙って夏の間にまた来たいかも。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »