« 小諸1回目(たぶん) | トップページ | おねてぃ10th記念イベント »

2012年7月28日 (土)

木崎高校バス遠足

 遅ればせながら参加して参りました。
 おねがいティーチャー&ツインズ10周年記念企画の木崎湖巡礼バスです。

 2便を予約してあったので余裕を見て11時には到着していたいため、小諸の宿を朝7時に出発です。
 途中にチェックポイントもあるからね(笑

 行きがけに明るいダムを眺めに立ち寄ったり、布引観音の入口だけ撮影したりしながら木崎湖へ移動です。

 バス停の写真だけは回収したかったので立ち寄りました。路線地図の本来のバス停名称と一致していない旧表記で残っているらしい、という話なのでいつまで残っているのかちょっと危機感があったの。072802

 上田菅平あたりから更埴まで市街地を避けるため高速で移動後、県道70→国道19→川口交差点から北大町駅最寄りに抜けるルートで移動です。

072803

 ずっと道がアーケードみたいになっていて面白い!

Img_1304

 北大町駅は、なつまちのチェックポイントなので立ち寄り後、木崎湖へ向かいます。

072705

 木崎湖は何回目だったか(笑)、二桁は来ている筈ですけれど、やはりここは格別ですね。また帰って来た!という感じがします。
 最近の言葉で舞台訪問(探訪)の方が良いとか、聖地巡礼は違うんじゃないのか、とか意見もあって、私は舞台訪問派なんですが、木崎湖は個人的な心情では聖地と言ってもいいかな。あー、木崎湖が最初に訪れた舞台という訳ではなくて、舞台訪問系の経験はやたらと長かったりします。今流行の竹原へは別の作品で過去に通ったとかw

 さて。

 恒例の「おね*てぃ」「おね*ツイ」のミュージックをエンドレスモードにして木崎湖周回に突入。
 湖畔を走っていると、前方に何かいる!

 巡礼バス(1便)だッ!

072806

 時間的にこの辺りにいるのもふしぎちゃんな気がしますが、あれが帰ってくるまでに木崎湖の定点チェックをしておこう。
 通学路も緑がいっぱいで雰囲気もいっぱい。放送後に舗装されちゃったけれどね。

072822

 そして、縁川商店で早めに腹ごしらえした後、キャンプ場へ向かいます。

072807

 木崎湖キャンプ場への1便の帰着は11時40分なので、場内の散策も兼ねて11時にキャンプ場入り。
 実は前週までバスの運行が慢性的に遅延していたためダイヤ改正の最初の週でした。

 キャンプ場は降車場所となっていますが、前便に空席がある場合はキャンプ場から終点の信濃大町へ乗車し、改めて予約便の始発から乗車可能であるか問い合わせたところ臨機応変に対応させて頂くとご回答を頂きまして、そうさせて頂いた次第です。
 駐車場事情も質問させて頂いて、始発の信濃大町駅周辺にいくつか有料無料の駐車可能場所をご案内頂いてますが、こちらで掲載して良いか分かりませんので公式での案内をお待ち下さい。

 乗車場所は始発の信濃大町駅前と、ゆ~ぷるの2ヵ所が指定されてますが、一応始発から乗った方が良いです。

072808

 バスの目玉のひとつに「Please!交通のバスガイド風見みずほさん(井上きっこ17才)」の音声ガイドがあるためです。
 実際は、ゆ~ぷるまでは予想に反してあまり喋りませんのでちょっと拍子抜けな気もしますが、後にだんだんテンション上がってきますから心配無用ですよ(笑

 バス乗車前に「巡礼のしおり」を購入します。

072808a_2

 実際にはこれがバス運行期間中の「定期券」となるため、一度買えば何回も乗れるのです(乗車の予約は必要)

072809a
 

072809b
 

072809c

072810

 バスの窓は外から見ると真っ黒で良く見えませんが、あちこちでバスに向けてカメラを構えられて乗ってる方はちょっとイヤン♪
 
072810a

乗車していると、入り口ドアからみずほ先生がw

072810b_4

 スタッフジャンパーも撮影させて頂きました。

 ゆ~ぷるから出発して星湖亭横公園・湖畔遊歩道などポイントのガイドを聞きながらいわゆる車窓観光で通過し、最初の立ち寄り降車場所である縁川商店へ到着です。

072811

 正式名称はYショップ・ニシさんだったけど(当時のスタンプカードもそんな名前だったけれど)既に縁川商店と言わないと通じない気がします。

 
 ここで皆さん遠足のお菓子やドリンクを補給していく訳です。

 その後海ノ口駅と上諏訪神社をそれぞれ下車観光します。
 海ノ口駅は改修工事で8月10日頃まで足場など組まれちゃっていて外観は残念なのです。
 ホーム側に出ると大丈夫ですが。

072812

 
072812a

 10thボードはスタッフから借りて記念写真を撮ることが出来ます。 自身の記念写真を撮ってもらいたい場合はスタッフさんが撮影もしてくれます。

 神社の石垣のヒカリゴケの話は初めて聞きました。

072813

072814

 神社を出発していよいよ小熊山パラグライダー場へ向かいます。

 木崎湖自体は何度も行ってますが、ここまで登るのはそんなに多くありません。
 狭い山道で場合によっては路面も悪くエッジの鋭い落石がゴロゴロしている時や草や樹木が茂って邪魔していたり、また熊や野猿も出没していたり蜂やアブに追い回されたことも。また登ってもガスで全く見えなかったりして、天気がイマイチだと最初から登るのをあきらめちゃったりします。車でも木崎湖の麓から所要約1時間程度掛かりますからね。

 バスなので慎重にゆっくり登って行きます。
 バスの一番長い区間ですが、その間バスガイドさんが歌ったり一人でしりとりをしたりで飽きません。

072818

 今日は、まあまあ、かな。

072819

 初めて登った日がなかなかに良い状態だったので。たまに行くぐらいではなかなか良い条件に巡り会えませんね。
 夜明けの風景を眺めに登った時は霧で真っ白で全く何も見えなかったぜorz

 パラグライダー場を下ると、キャンプ場に停車し、ここから乗った私は下車します。
 ガイドさんのアナウンスもここまで。

 いや~、楽しかった☆
 何度も見た風景も、舞台風景の選定裏話など聞きながら見ていると、また新鮮な気持ちで見ることが出来ます。

072820

 せっかくなので、おみやげを回収して、ゆ~ぷるで開催中の巡礼10年展を見学。

Img_1193

 *ゆ~ぷる展示中

 お酒は……実は昨年買った恋愛同盟、まだ飲んでないorz
 リキュールだからちょっとヤヴァイかも。

 キーホルダーは病的苺Ver.を購入。
 手前の小さいのは、伝説?の初回ロット版。すっかり色が変わりました。
 当時のものは、みずほは1番桟橋、苺は7番桟橋の板をそれぞれ使ったもので、桟橋改修寄付も兼ねていたんですが、今はどうなんでしょう?

072821

 走行中のバスも撮影しようと思っていたら、時間の読み違えで思っていたより早い時間で、自分が運転中に3便のバスが対向して来てすれ違ってしまいました。良さげな撮影ポイントだと、そうそう待ってもいられなかったので断念。

 帰りに昨年立ち寄って気に入った果樹園の「おどろき桃」が欲しかったけれど、まだ一ヶ月早いと言われてしまいました。
 味は桃なんですが、梨みたいに固い実なのが不思議。今シーズンまた行って買えたら良いんだけれど。

 
 

 

|

« 小諸1回目(たぶん) | トップページ | おねてぃ10th記念イベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199552/55315576

この記事へのトラックバック一覧です: 木崎高校バス遠足:

« 小諸1回目(たぶん) | トップページ | おねてぃ10th記念イベント »