« 寄り道沖縄 | トップページ | 木崎高校バス遠足 »

2012年7月27日 (金)

小諸1回目(たぶん)

 ようやく、「あの夏で待ってる」舞台訪問です。

 おね*ツイ時代には上田と軽井沢へは行ってますけど、小諸やっと行けたよ。
 実は兵庫県人と一緒に行く計画をするものの、2回とも雨天順延。
 二度あることは三度ある、3回目の単独計画もやはり雨天で4回目にして行くことが出来ました。
 そんなに気軽に行けないので、なるべくベストな天候の時に行きたいですしね。

 さて、「あの夏で待ってる」の題名の通り、季節は夏。
 今回は雲は若干多めですが、晴れの天候で田園や木々も青々としてまさにイメージ通りの環境でしたが……行動するにはとんでもなく暑かったです。全国的に猛暑でしたが、小諸も暑かったです。ボディ冷却ジェルとか制汗ローションとか日焼け止めローションとか駆使してましたが、外を出歩くには過酷でしたね。

 自宅を朝5時に出発。事前のシミュレートでは自宅から山中を北上、諏訪経由のルートと、清水から北上、甲府ルートの2ルートを調べたんですがこれが奇しくもほぼ同距離。しかもまたほぼ270km。どうも270kmに呪われているの。
 カーナビの到着予想時間は12時半とか絶望的な表示だったけど、まあ大抵は早めに着くよね。

 そんな訳でこまめに休憩した割には10時きっかりに最初の目的地へ。
 離れたポイントの場所なのでなかなか見つからなかったらしいです。至近の交差点からは入れないので、布施温泉入口から集落へ入るのが吉。

Komo1

 今回は、一日では回りきれないだろうと目的地は絞りました。ちゃんと劇中の風景も堪能したかったですからね。
 
 もちろん資料は万全の準備で全地域を持って行きましたが、軽井沢は論外、佐久市もサクッとあきらめ、ハイキングとなる布引観音もたぶん無理、ということになりました。
 なので今回は、印象深いシーンと市街だけになりました。
 それでも試行錯誤の初回は思っているより時間が掛かるのですが。

 最初のカットから移動して、なつまちのイメージでも最も有名なシーンと言える、通学路の場所へ。
 油断すると撮影範囲は広そうですが、ええ、ちゃんと電線のたるみの場所ですよ。劇中の左側での畑の色が違う訳を目視で確認。

Komo2

 停車して置く場所がない、と聞いてましたので自転車移動を予定してましたが、脇道の土手に寄せて停車。コンパクトカーで良かった♪

 そのまま直ぐに乙女池公園と隣接の駅を回ります。

Komo3

 時間的に大体合っているのか、イメージ通りの日差しのカットが撮れました。

 もっとも池のシーンのイメージは雨ですけれどね。

Komo4
 

Komo5_4
 

Komo6

 コントラスト高すぎて、ダイナミックレンジ的に厳しい条件ですけれど。

Komo7_2

 この後、無理せずお昼に合わせてごはん。
 回りたいのはやまやまですが、ちゃんとエネルギー採って休憩しないとね。

 もちろん、お昼ごはんも関係店です。

Komo10_2

 店舗を見ると懐石料理も出すようでちょっと敷居が高いかと思いましたが、玄関にあの夏協賛の案内が出ていますので安心です。

 噂の『グレープフルーツ丼』

Komo11

 名古屋の関係者では、その他『ダイナマイトドリンク』等、ネーミングから名古屋で有名な喫茶マウ▲テ▲、通称「山」的なイメージのトンデモ料理と思われますが、ほら、前述したとおり懐石料理も出す店、食べてみると全く問題ないです。ネタバレすると、ドライカレーの上にサラダが載ったイメージ、と申しますか。

 さて、食後はモデルとなった学校を通過観光して「なつまちおもてなしサロン(本陣主屋)」、ピンポイントで「ほんまち町屋館」そして「懐古園」と回ります。以上の三つは入場(営業)時間の制限があるからです。
 「ほんまち町屋館」のみはらし庭自体は事務所が終わった後も入れますが、りのんをレンタル出来なくなってしまいます。

 車を駐車場に入れ、高機動車両(折りたたみ自転車)をすぐさまセットアップし移動開始。

 なつまちおもてなしサロンは一室がなつまちスペースになってます。

Komo13_2
 

Komo14

 麦茶を頂いて少し休憩。
 しかし木彫りというのは流行なのでしょうか?

Komo15

 学生さんは夏休みですけれど、さすがに平日、同業者とは『あまり』出会いませんでした。が、まさか名古屋のお知り合いの木崎湖仲間が同日同時刻に来ていたとは思いもしませんでした。
 「なつまちおもてなしサロン」で私が麦茶を飲んでいた同時刻に、直線で約280mの「珈琲こもろ」で名古屋の彼が「ダイナマイトドリンク」を堪能してたとは。

 その後、途中のロケ地を横目で眺めつつほんまち町屋館へ直行。
 事前に聞いていたけれど、急ではないけれど全体的に町中は坂道で、疲れがじわりと来るね。

 りのんは庭には出ていなくて、別の方がレンタルして持ってきたところを拝借しました。てっきりビニールの風船スイカと思ったら水が詰めてあるらしく重いよこれ(ぉ

Komo16

 この入り口ではオバチャンが野菜などを広げて売っていたので、入り口付近のカットは後で市街のカットとともに回収することにして懐古園。

Komo21

 懐古園は一番のポイントともなる場所なのでゆっくりしたかったんですけれど、既に今日の残り時間も気になり出して、とりあえず雰囲気だけって感じですね。

Komo22

 その後は市街地をぐるっと回ります。

Komo24

 交差点の信号はLED化されたため、意外に失敗して写らなかったりします。LEDが高速点滅しているので消灯しているタイミングでシャッターが切れちゃうと写らないのです。
 ここの交差点はちょうど工事中の片側規制車線で、規制車線の交通整理の方の隣で写真撮ってました(苦笑)

 交差点ネタでは、この場所。

Komo25

 メクラ撃ちで撮った例なので傾いてますが、この場所でアニメ中の構図通りでの、日中の撮影は無理な気がします……。早朝で交通量が少ない時間帯で、二人組(安全確認のため)かなぁ。
 案内標識類の上下関係から、道路の真ん中で横断歩道中でしゃがんで撮ると思われますが、実は赤信号中でも東側市街地方面からの右折車が多く突っ込んでくるので危険のでお気を付けて……。

 ひととおり回った後、駅で「入場券セット」がまだあるという話を聞いて、鉄道ファンじゃないけれど記念に購入。

Komo30

 ここでいったん宿にチェックイン。
 荷物だけ置いて直ぐに再出撃。

 夕食はこれまた予定通りの「珈琲こもろ」で『あのパスタ』と『DAINAMAITOドリンク』
 普通に美味しく頂きました。

Komo26

さっぱりしていて食べやすいです。食欲が落ちていたので『あのサンド』は控えました。

Komo27
 

Komo28

 店内で涼んで気力が回復したので、ダムを見に行くことに。
 薄暮の時間に出発したので、ダムに着いたらもう真っ暗。

Komo31

 地図で予習してあっても日中に道路状況を確認のため下見に行った方が良いですよ!

 それとダムに登ると蜘蛛の巣に突っ込む事になるので、あんまりオススメしません(笑

Komo32_2

 
Komo33

 装備不足(主に懐中電灯)と虫で早々に撤退。

 

 宿のご主人が夜になるとどんどん気温が下がる、と言ってましたが、ダム付近の水場でも蒸し暑くて閉口しました。

 宿に戻ると直ぐに風呂に入り、1リットルくらい水分を補給して早い時間に就寝。
 明日は木崎高校の遠足だからねw
 
 
 

 

 

|

« 寄り道沖縄 | トップページ | 木崎高校バス遠足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199552/55309666

この記事へのトラックバック一覧です: 小諸1回目(たぶん):

« 寄り道沖縄 | トップページ | 木崎高校バス遠足 »