« 不発弾処理の日 | トップページ | F-15エンジン・ランナップ展示 »

2013年3月16日 (土)

浜松 ミニ・ガールズ&パンツァー展

 何故、この深夜アニメ難視聴地域の浜松でミニイベントとはいえ開催するのか摩訶不思議なのですが、近いから見に行ってきました。
 会場は、浜松ジオラマファクトリーです。

 地方の良くある安直な設定で、製造メーカーが多い浜松は「楽器の町」、静岡は「模型の町」なのですが、模型の静岡ではなく、浜松という所が何とも。
 しかし意外にも浜松は模型のレベルは高いと思っています。ジオラマ作家で有名な山田卓司氏もいらっしゃいますし。本日も専用工房にいらしてました。

 さて、ネタで入場整理券をゲトしようかとも考えていたのですが、ここしばらく花粉症による睡眠不足のせいもあって寝坊したので、到着は開場7分前でした。
 行列が『それなりに』出来ていて、念のためスタッフのおねいさんに聞くと、本日は予想より人が集まらなかったので整理券の配布は無かったのこと。

1303161

 ……まあ、あまりネットでも話題にもなってない感じですしね。

 
 さて、列作っているのは十数名ですが、あんこうチームのマークが背中にプリントされている服の方を見れば一目で目的が分かります。並ばず分散して待っている人もちらほら。

 ちなみに開催の建物は「苺ましまろ」に登場する聖地ですよw
 こちら側から見れば分かるかも。

13031612_2

 一応、各入り口には案内ポスターが貼られています。
 たぶんこれが後に限定200部で売り出されるポスターなのかしら?

1303162_2

 大都市圏の開催のように、主催者も気合いを入れて待機列の動線を考えたようですが、いやはやちょっと拍子抜け(笑

13031613

 開場と同時に皆さんはチケット買って真っ先に物販へw
 もともと物販には興味が無かったこともあるので、眺めただけ。
 何しろⅣ号D型(タミヤ)はもはや十数年前から既に自宅に積んであったし。しかも2個。時代がようやく追いついたか(笑
 目玉は200枚限定のポスターらしいけれど、本日は販売がない模様?

 入り口フロアの記念撮影ブースは混雑防止のためか、撮影はお一人様2枚までらしいけれど……誰も写真撮っている人がいなくて(ぉ

13031614

 何か会場内はもう撮影会状態で、皆さん必死。入場前にデジタル一眼の重装備な方が数人いて、何をそんなに……と思ったんですが、意外にも展示物は(壁の版権絵も?)撮影フリーでしたのね。
 自分も一通り撮ってきたけれど、ネタバレするのも何なので代表例だけこんな感じ。
 みんな見に行くといいよ。僻地だけれどw

1303164
 

1303165_2

 
 
1303167

1303166_4
 

1303169
 

 こんなジオラマ作品も付近に比較用として置いてある。

13031610

 みんなガルパンコーナーに粘着していて帰らないんだけれどw
 それより素晴らしいジオラマの常設展示とか見ようよ。

 こんなのとかあるから見逃さないように。

13031611

 実は、ここに展示されている作品のいくつかは、ガレキを一生懸命作っていた頃に毎週のように通い詰めていた地元の「ホビーショップやおや」で見ていたので感慨深いです。当時、山田卓司氏の作品が、模型誌の発売前後にその掲載作品が無造作に何の特別の表示もなく置かれていたのよ。いやー、やおやのお陰で目が肥えたのよね。

 ちなみに同ビル一階には、スチール製あんこうのオブジェが置いてあったり。みなさん気がついたかしら?

13031615

|

« 不発弾処理の日 | トップページ | F-15エンジン・ランナップ展示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199552/56968310

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松 ミニ・ガールズ&パンツァー展:

« 不発弾処理の日 | トップページ | F-15エンジン・ランナップ展示 »