« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月 5日 (日)

私、飛騨高山が気になりますっ!に行ってみる。

 少なくとも冬タイヤという概念のない地域に住んでいるため積雪や凍結のある地域には出かけられず、暖かくなればまた花粉という名の毒の粉が蔓延するなか、堪え忍ぶ約1/4年を過ぎてようやくお出かけの季節になりました。
 今年の花粉症はひどかった……花粉症の辛さを再認識させられた年でした。大洗に行くという話もあったのですが、花粉症の症状の酷さに挫折した次第です。

 さて、世間はGWの名の下に浮かれてますが、何故か製造業でしかも忙しくないのに我が会社は例年通り日本国のカレンダー未満のお休み、つまり祝日も出勤です。やってられませんねー。
 そんな中、何とか都合をやりくりして行って来ました。
 私、気になります、飛騨高山。の氷菓の舞台です。

 実際には氷菓関連なら掛川あたりが近くて手っ取り早いんですが(笑

 いったん高山駅に行って観光案内所に行き公式mapを頂く。
 残っていて良かったのです。
 それから水無神社に行ってみます。

Hk01

 水無神社の境内は普段入れないのですが、本楽祭が行われるとの事で入ることが出来ました。
 が、神事とか舞の奉納が行われていて自由には動けませんでしたので氷菓目当ての写真を撮るにはちょっと不向きだったかも。

Hk02
 

Hk03_2 

Hk04

 お祭り、という雰囲気は出ていますけれど。

Hk05

 高山市街へ戻る途中に、千反田家の高山側(笑)の場所とかその道のりを辿ってみますが、田畑などまだ黒々していてもう少し緑が欲しいところ。
 日枝神社は新緑がキレイ。

Hk06

 市街に戻って、本日宿泊する旅館に電話して午前中から駐車をさせて頂いて、まずは徒歩で川沿いや商店街を散策します。
 お昼頃は、それはもう観光客や修学旅行生でいっぱいで、なかなか人のいなくなった風景に会えません。特に鍛冶橋周辺とか、人が溢れています。

Hk12

 印象深いシーンのいくつかは、どう見ても望遠が必要だよな、とお荷物覚悟で旧式で重いだけの80-200/2.8を持ってきたのよ。う~んやっぱり便利ズーム欲しいよな。

 でも案の定、このカットとか、

Hk07_2

 このカットは35mmフィルムサイズ換算300mmです。

Hk08

 かと思えばこのカットだと微妙に同24mmの広角では収まらない。
 作例は広めに撮っているので15mm相当。

Hk10

 普段は16-85mm(APSサイズ)の便利ズームで大抵済むのに、高山はなかなかお荷物が増える舞台訪問です。
 もっとも解像度気にしなければ、拡大はクロップやトリミングでそれなりに対応出来ちゃいますけれどね。

 修学旅行生はこういう場所で結構粘着しているので要注意です。3回ぐらい来てようやく人がいませんでした。

Hk09_2

 この橋は、夜にまた撮りに来るつもりでしたが、当日の高山の日中気温は10℃。最低気温は0℃とか聞いた気がします。しかもお昼前後は度々小雨がぱらつく天気。

Hk13

中田中央薬局さん。

Hk14

 ……ここが薬局と気づくまで時間がかかりました(笑 →とても薬局とは思えなくて、さすが地元のCDショップとか思ってました。

 商店街の中の招き猫ですけれど、本当は飾られるシーズン(月)が決まっているはずで、本来別の物になっていると思っていたんですが、これも舞台訪問者へのサービスなんでしょうかね。

Hk15

 予定どおり休憩タイムとして、喫茶かつてさんへ向かうも、どうやらガイドマップに載るお店らしく、入店待ちで店の外まで順番待ちで溢れています……。迷ったんですが、時間は大事。あきらめてバグパイプさんへ向かいます。こちらはすんなり入れました。良かった。

Hk16

 お客さんが少ない時だったので許可を頂いて写真を撮らせて頂きました。

Hk17

 まあ、他のお客さんも一般の方は一組だけっぽかったですけれどねーw
 もちろん頼んだのはブレンドとウインナーココアでした。

 再び古い町並みへ出ると、ほんの30分程度で観光客が激減しています。
 喫茶かつてさんもお店の前には誰もいなかったので迷わず突入。喫茶店のハシゴ? そんなの名古屋人の常識(私は名古屋人ではありません)

 店内はほぼ満席状態。
 しかし注文したわらび餅&抹茶がお時間頂きますとは言われたものの、思ったより時間がかかって、お会計するのは最後のお客となりました。
 逆にそのお陰で、店内を撮影させて頂ける結果に。

Hk18

 

Hk19

 古い町並み辺りでも午後5時ともなると割と閑散としてしまうのですね。喫茶かつてさんも午後5時で閉店でしたし。

 いったん旅館に戻ってチェックインの手続きをして、すぐにまたお出かけです。
 車から折りたたみ自転車を出して今度は行動半径を広げてみます。

 モデルとなった高校へ行ったのですが、事前情報どおり無残に美術背景となった風景(橋)は無くなってました。
 おまけに下校時間のタイミングか、生徒が絶え間なく通行するので撮影は断念。

 一転、南下して途中、高山米穀さんに寄って千反田える米と飛騨牛ビーフカレーを買ってみる。

Hk20_2

 版権料が高いので中身のお米は安いからもっと買ってね的な意味合いのチラシが(笑) だがそれは周知の事実であって袋が大事。当然通販で買える氷菓米ではなく、える米。
 翌々日は千反田えるプレミアムの発売日なんだけれど、さすがに2kgで3千円超は……。

 その後は一本杉白山神社や陸橋などへ行って今日は終わり。

Hk21

 だってかなり冷えてきたもの。冬物ジャケットは自分の地方の感覚でもういらないと判断してもうクリーニングに出しちゃっていたからね。

 翌日。
 かなり冷え込んでいるんだけれど、日中は気温が上がることを期待して昨日よりは薄着でお出かけ。
 道が狭そうな部分なので自転車です。

 この辺りで印象的なカットがあったんですが、背景の建物は既に無く更地になっているのでどんな風景だったのか我が目で見ることももはや出来ず。

Hk23

 あっ、ガソダムがれんぽうのしんへいきをもっている。

Hk24

 この道は狭いのに割と車の通行が多いので要注意ですわね。

Hk25

 帰りに図書館に寄って

Hk26

 自転車を積んで車で移動。一応、学校に行ってみる。

Hk27

 結局学校は休日なのに人が結構いたりして、風景も変わっちゃっているので撮影もそこそこにして、そうだ、バスを撮りに行こう!

 氷菓ラッピングバスは昨日も何度も見かけたんですが、すれ違い撮影はタイミング的に難しいです。障害物や対向車の影になったり歩道を歩く自分と距離が近すぎたり。
 なのでパスターミナルで狙った方が早いです。
 ちなみにラッピング車両のまちなみバス左回り線は駅前毎時00分発(最初の一便は30分ズレる)なのです。

Hk28

 バスの左側が順光になるタイミングが難しい……。

Hk29

 バスを一応押さえられたので、帰途につきます。
 なにやら聖地巡礼デビューしたいらしい弟が、高山に行きたいので下道での所要時間を知りたい、ということで帰りはずっと一般道でした。
 ちょっと疲れているので割とゆっくりなペースで(若干早いペースの車に置いて行かれるぐらいに)、途中水無神社に再度立ち寄ってみたり昼食をゆっくりとってみたりしたんですが、……あれ? 高速フルに使うのに比べて1時間ぐらいしか違わないのね。 もしかしたらGWの渋滞考えたらむしろ早かったかも知れない。

Hk30

 ちなみにお土産(菓子類)はそんな弟向けでした。
 かなり高山の経済効果に貢献したよね、自分(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »