« 2013年9月 | トップページ | 2014年4月 »

2013年10月16日 (水)

加茂花菖蒲園加茂荘 氷菓イベント

 今年は大洗にこそ行きましたけれど、他は氷菓関係ばかりになりました。
 氷菓は自分が計画して行ったのは一回だけで、他は「連れて行ってもらった」と形になり、どちらかと言えば受動的ですね。
 はい、10月12日の、今回もお任せで連れて行ってもらった氷菓イベントです。

Img_2626

 まあでも、掛川なんて地元みたいなものだからお手軽なものです。
 一応参加表明を前々日にmailしておいて、朝10時集合ですが加茂荘は9時半から開いているようなのでその時間を狙って出発。
 現地はあちこちがお祭りで、こんなに朝早くから山車引き回していて、加茂荘の前を通る感じが豪農千反田家ってイメージにぴったりかも。

Dsc_4426

 早めの到着ですが、案の定というか皆さん結構集まっていまして。

Dsc_4436

 集合時刻の10時までは自由に写真を撮ったりして、それから加茂荘の現当主の加茂荘にまつわる話を伺いました。
 現在の日本のこういった建物を文化財として保存する仕組みは非常に弱く、恐らく現当主の次の代では維持出来ずに無くなるだろうと言う話は、他のこういった歴史のある建造物の抱える九通の問題のようです。
 その後、スタッフさんの案内で加茂荘内の、主に氷菓に関わる場所を説明を受けながらひととおりまわって昼食となりました。
 昼食は、例の皿に載った氷菓おにぎり。

Img_2615

 前回頂いた物に加えてけんちん汁やしいたけの煮物が付きました。

 この皿ですが実は5セットしかなく、事前参加予約者優先ということで、次回11月3日に参加される方は加茂荘Blogから参加表明をしておいた方が良いかと思いますよ?
 イベントは基本まったり系で、当主のお話から食事までの間以外は、自由行動で、参加者同士で交流したり、撮影に勤しんだり、スタッフさんと話したり。
 ふくろう(もちろん生きている)を撫でてみたり(笑
 加茂花菖蒲園の名の通り、花の季節を終わって特に9月も過ぎると閑散期となりお客さんも少なくなるという事で、当日はほぼ氷菓イベントで貸し切り、といった感じでしょうか?
 今年の前回訪れた時は、欲張って菖蒲の花に合わせて伺ったので、もう園内は修羅場な感じでしたが(笑
 当主のお話で出てきた「花オクラ」についても、ちょうど今咲いているとの事で臨機応変に甘酢和えを作って試食させて頂いたり。
 おくらの名の通り、ヌルヌルして不思議な食感。

Img_2623

 もう少しゆっくりしていきたかったのですが、用事もあったので14時半には撤収となりましたが、他の皆さんはまだゆっくりしていった様子でした。
 帰りにお土産でw

Img_2627

 千反田家のお皿は、有田焼の有名なベストセラーなお皿でした。
 劇中に登場するのはたぶん60cm級の大皿タイプ。お土産は一番小さいサイズなのでお手軽です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年4月 »