« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月26日 (土)

新幹線なるほど発見デー

 近いから行ってきますた。

 新幹線なるほど感謝デーだと思ってました。

 数年前に行ってるので、そう何度も行かなくてもいい系のイベントなのですが、黄色い新幹線が来るというので行ってみました。
 とは言っても別に内部見学の抽選すら申し込んでいないので、外観を眺めるだけですが。
 ちなみに「そうかえん」抽選は敗北した模様……
 
 近年、駐車場の解放が無くなったらしく、違法駐車防止のため付近の団地やコンビニなどには全て見張りを立たせるという厳重な規制の中、自分は原チャリなので正門横の駐輪場へ直行です!
 信号にかからなかったので5分くらいで着いてしまいました!
 
 さて、開始時間は10時からだが、10分前には既に大勢入場しています。
 社員用のゲートはSuicaやTOICAで入れるのか、ちょっとタッチしてみたいです。

14072600

 まず、黄色の新幹線、見に行こう。

14072601

 黄色の新幹線は実は小学校からしばしば見えたものですが、当時は「黄土色の変な新幹線」と呼んでいました。

14072602

 さすがに本日の目玉のひとつだけあって人が多いですし、見学チケット組しか入れないエリアがあるようで、ホームで偶然見かけた程度の見学しか出来ませんね(笑
 皆さんロープの外からべたべた触ってるよ。
 
 うろうろしているとアナウンスがあって、例の新幹線の車体吊り上げ実演がまもなくだとか。
 今までは一日2回の実演が、今年は倍の4回ほどになったようです。

14072606

 その分、台車に接合(の真似)まではなく、ちょっと作業を省略して台車に近づけるだけ。
 まあ、観客の興味はクレーンで自分たちの頭上を走ってくるのがメインですから、見学のチャンスを増やす方が良いでしょう。

14072604

14072603

14072605_2

 群がって場所取りしていなくても、以上のような写真は案外と撮れまする。
 
 実演がわって、車庫の中の車両を見に行きます。
 異様なほどのピカピカ感だが、新車らしいです。

14072610

 これらのいくつかは運転席見学や小さなお友達の乗務員コスプレ記念撮影ブースになっています。

14072611

14072612

 さて、帰ろうと(笑)外に出ると、間髪入れずに今度は保線車両の実演があるらしい。
 実演の目玉は「マルチプルタイタンパー」略して「マルタイと呼んでね♪」らしい。

14072621

 「迫力あるマルタイの実演!」とアナウンスは自画自賛していたが、案外と地味です。
 最初何やっているのか、いつ動くのか気がつかなかったぐらい。

14072622

 実際には、突き刺さっているツメの振動でバラストを突き固める実演ですが、写真では動きがわかりませんね。
 (コンデジで動画も撮ってみたけどやっぱり地味ですねぇ)
 そしてバラストが散らばったあとの掃除をこの車両がするらしいです。

14072624

 後ろにブラシが着いているので何らかの清掃車かと思っていましたが、こちらの実演ではなくもっと地味な高所作業車の実演となりました。
 ダミーの架線作業するならともかく、柱の電球の取り替え実演なのでもっと地味。

14072625

 さて、開場後1時間も経っていないけれど、人の波に逆らって帰るのでした。
 何しろとても暑くて死にそうでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

『劇場版 魔法少女まどかマギカ』オーケストラ・コンサート

 まどマギオーケストラコンサートへ行ってきました。
 

Img_3269_2
 

 アニメ辺境な地、ヲタに厳しいとらもめろんもない我が地元にこんなイベントがやってくる事は珍しいのですし、特別まどマギの熱狂的信者でもないので、サントラをそのまま生オケで再現するのってどうなのかと思ったので、正直ちょっと迷ったんですよ。
 
 でも基本、私ってオーディオにそれなりに凝っているし(スピーカーで鳴らす方。ヘッドホンは割と苦手)、久々に音の圧力を感じる生演奏を聴くにはいい機会かな、と思いまして。
 アニメサントラって、短い1分前後の曲が多くてじっくり聞くには物足りなくて、かといって昔流行った交響組曲に仕立てて、変にアレンジや構成に凝ってなかなか聞きたいパートが来ないのも困りものだけど。
 
 まあ、まどマギの威光でも我が市が誇るバブル絶頂期に設計・建設が始まったホールの2300席が埋まらず爆死しないよう、懲りてイベント絶滅しないように協力の意味もあってですね(笑
 
 今回のまどマギコンサートの開催されるアクトホールは、ホテル棟のアクトタワー含めてバブル期の遺物なんですが、そのお陰で完成当時は国立劇場に次ぐ舞台装置だとか、日本に有数規模のパイプオルガンとか(←スプリンクラー誤動作でダメにしたw)、まあ、贅沢に作ってはあるんですよ。

Img_0014
 ※画像は天気の良い日のイメージですw

 しかしまどマギ凄いよ、本当に4階席の上の隅まで人がいるよ。
 とりあえず物販は興味なかったけれど、13時頃自宅出発。15分で会場到着(笑
 やっぱりというかイベント風景というか、既に物販待機列、結構並んでました。

Img_3251

 とりあえず記念にパンフだけ買って、久しぶりの浜松の街を散策。
 すみません、今年になってめっきり行く事が少なくなった名古屋は大須よりも行く機会がないのですw
 
 開演20分前に戻って会場入り。やはりなんだかんだ言って気持ちが高まってくるね。

Img_3253

 
 アニメ系のイベントのお約束で、今日の司会役の野中藍さん(佐倉杏子)がアニメネタ盛り盛りで開演前の案内と注意事項が。
 
 その後すぐにステージに楽団が揃って一曲目が始まると、一気にもうまどマギの世界!
 すみません、それぼど信者じゃなくて予習不足は否めないれど、いきなり一曲目から感動しました!
 
 予習不足とか何とか書いたけれど、聞けば何となく知っているし、もうマミさんが飛び回るシーンとか、場面が頭に浮かんで感動するの。生のコーラスとかも良かったわね。
 そして映画の上映通りの進行で言えば、杏子の登場する当たりから本日の司会の野中藍さんが生で名シーンのセリフを挟んでは曲が演奏されるのでよりイメージが深まります。
 行く前に曲どれだけ知ってるといった不安はとっくに消え失せて充分楽しめました。
 
 実に、行って良かった~。
 
 次回も是非行きたいのですが、、さすがに次回は名古屋当たりが現実的だろうな?……と、思っていた所へ野中さんから新編についての公演で、まさかの浜松公演決定とか、いったい浜松どうした!
 
 つか、共催の静岡朝日テレビって、まどマギに全然関係ないんじゃ……思うのですが、こういう美味しいトコロばかりつまんでアニメはサッパリ放映しないのよね、静岡県のTV局ってば。(少なくとも現在の深夜アニメの放映形態が必ずしもTV局だけのせいとは思っていないけれど、おまいらが昔テレビ東京の進出に反対したお陰で……)
 
 ロビーでは名古屋方面と思われる方々が、発表されなかった名古屋公演にやきもきしていたんですけれど、流石に名古屋には来るでしょう?
 
 にわか杏子さんのファンになったので、帰り際に記念でクリアファイルも結局ちょっとだけ買って来ました。 
 物販のお客が途切れた時点で終了というアナウンスの中(既に一部片付け始まってたし)、ギリギリのタイミングで買ったけれど、会場限定のグッズ余裕で全部残ってました。ヤフオク(今見た)の転売すごいねー(苦笑

Img_3263

 ちょっとオーケストラコンサートとしてはアニメファン向けに敷居を下げたお陰で、若干観客の敷居も下がっちゃってオケのコンサートとしては観客ノイズが多めだったけれど、演奏CDも欲しいなー。
 そして後ろの方で聞いてたんだけれど、意外に自宅のオーディオ装置もイケるんじゃないかと思った次第(笑
 ウチのはアニソン向けじゃなくてクラシック向けの組み合わせなのよねー。パラメトリックイコライザーをわざわざ導入してアニソン聴いているんだからねっ!(逆ギレ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

これが本当のアンツィオ戦

 最近、地元の映画館、目覚めたのかアニメの上映が割とされるようになったのです。
 ちょっと静岡市に差を付けて嬉しい。
 環境的には(ヲタショップとか)、大いに水をあけられてるからね、大井川。
 こっちの天龍ちゃんはやっぱ遠征専用だからなぁ。
 とりあえず、プレミアムとエコノミー(笑)が同じ価格だったので、プレミアムの回を選んで言ってみました。
 OVAだけど、戦闘シーン多めなので、劇場で観るのも良いものデス。
 そしてプレミアムなシートってずいぶん快適。
 POPの戦車が背景に溶け込んでまるで迷彩……って当たりまえか。

Img_3244

 そして「センシャラウンド」って昔の映画の「センサラウンド」のもじりなんだろうなぁ……と思ったりする自分の年齢を考えたくはないものだな。

Img_3247

 フィルムは、今回のOVAじゃなくてもどこにでも登場しそうな平凡なシーンなんですが、周囲からは「当たり」の方だと言われますた。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »