« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

あの花夏祭inちちぶ Final

 公式の開催アナウンスが開催前1ヶ月を切った唐突な発表だったので、木崎湖ツアーが決定していた中で旅館の手配も済んでいたのにキャンセルになってしまってC様ご迷惑をお掛けて済みませんでした。いや木崎湖から徹夜で秩父に移動する事も頭によぎったのですが。
 
 交代要員のドライバーを確保出来たため、日帰り強行軍で行ってきました。
 
 多少無理もありましたが、行って良かったです。

Anhnf01

 
 特に、Secret Baseを会場参加者みんなで合唱後、「せーの!」のかけ声で「めんま、みーつけた!」と叫んで「見つかっちゃった……」を再現する辺り、ああ、これで本当に終わりなんだと、ひとつのアニメの作品の終わりとしては非常に印象深い思い出となりました。
 
 締めくくりの花火は、これでイベントも終わりだという雰囲気満点で。
 
 イベントの内容に踏み込んだ部分は撮影禁止だったので写真も少なくこれで終わりです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 が、記録として。
 イベントの内容自体はとても良かったんですが、残念な事もありました。
 かの有名な噂高い物販列の評判を聞いていたので、同行者は会場限定グッズの夢を見ていたようですが、東京からの始発でも危ないんじゃないかと思っていたので、物販スタート時刻ぐらい到着予定の比較的ゆっくり。とは言っても4時出発なんだけれどね。
 
 意外に順調すぎて予想より大幅に早い時間に到着しちゃったので、会場の道の駅にいったん車のまま突入。既に会場は人だらけ。
 
 係員にここの駐車場はどうなるのか聞くけれど、今日のスケジュールを把握していないのか要領を得なく、別の係員に聞くと今はいいけれどいずれ閉鎖になり強制退去になるということで移動。有志作成のパーキングマップもあったけれど、5月に来た時こんなこともあろうかと!見つけておいた一日500円打ち止めのパーキングが道の駅徒歩5分にあったのよ。
 さて、会場の道の駅をぐるっと裏の空き地にまで伸びた物販列の最後尾をヒヤカシに行ったけれど、もう絶対終わってる気配の中スタッフはどんどん並ばせているんですよね。

Anhaf03

 道の駅の裏の空き地が待機列の最終処分場(笑

Anhaf05

 そこから道の駅の表へ繋がる物販列。

Anhaf04

  
 同行者はそれでも並ぼうか悩んでたのですが、かの有名な噂(ry)なので「下手に並ぶと身動き取れなくなって終わるよ」と説得して、秩父市主催の方のスタンプラリーでもやろうかと。
 
 ここで問題のスタンプラリーの迷走が始まって、開催中の秩父市のスタンプラリーと、本日ファイナルイベント限定のスタンプラリーと二つがあって、最初配られていたのが秩父市の方。

Anhnf02

 
 それを先に承知の上でもらったんですが、そのうち「本部テント設営次第、スタンプラリーのシートを配布します」と会場アナウンスがあって、そこで配られたのもやはり秩父市のものだったのです。
 ただ、本日限定のラリーシートの配布はまだですが時間を前倒しして行う可能性がある、と説明をしていました。
 
 Twitterの方ではスタンプラリーのシート配布は開会式終了後と告知があり、それも開会式が一時間遅れとさらに訂正されました。

Anhnf07

 スタンプラリーで探すのは小さなスタンドPOPだったので、最初何を探すのかわかりませんでした。

 とりあえず秩父市のスタンプラリーをさくっと終わらせて戻ってくると、まだ列とは言えない人だかりが出来ていて、何かと聞くと開会式入場の待機列だそうですが、開会式はまあいいや、と甘く見ていたのが運の尽きでした。

 その後開会式への入場を見ていると、入場者がスタンプラリーの台紙を持っている。なんてインチキ!
 慌てて開会式の会場へ入ってみると配布している気配はないので、スタッフに聞いてみると開会式後に配布する、と言うので信用して指示に従って配布待機列に並びました。
 ところが、実は開会式入場時に大半を配り終えていたらしく、15分ぐらい並んでいて全く動かない列に「シート配るだけに何でこんなに時間がかかるんだろう?」と思っていると「誤った情報が流れているようですがラリーシートは既に配布を終了しております」とアナウンスが。
 今回のイベントでも非常に楽しみにしていたのに、この不手際はやはりこれを楽しみにしていた方々の、周囲からも怒りの声がたくさん聞こえました。

Anhaf06

 
 その上、既に限定グッズに付属していた「優先着席席券」を持たない人たちの、フリー入場の待機列が形成されつつあり、こちらもしばらくすると「今から並んでも入場出来ない恐れがあります」と説明があって、自分たちは開会式を野次馬していた道の駅とステージ会場を隔てるフェンスの場所で「もうここでいいや」とあきらめて居座る事にしました。
 
 結果的にはリバイバル上映に使われたスクリーンは設営テントの陰で見えないけれど、場所的にはフリー入場の右端組と大差なくむしろ段差分有利だしフェンスに寄りかかって見られるので楽ちんだし、ステージも一部PAに隠れるもののちゃんと見えるので結果オーライだったかな……。
 着席券を持っていても座れない人々の椅子取りゲームも見られたしね。スタッフの案内の不手際で、椅子の空きを探すスタッフの指示に待っている人たちの後から入った人が要領よく座っちゃっていたりしてました。
 
 会場外だったので見えない上映会は割り切って食事に出かけたり行動も自由だし、折りたたみ椅子も持参していたのでフリー入場で空き地の石混じりの土の上で体育座りの修行の必要もなかったですからね。
 ただ、この場所だとリハーサルが丸見えだったので、夜のステージの進行が事前にネタバレしちゃった(笑
 
 結局、イベント優先で時間的束縛が大きく秩父市内の観光やスタンプラリーがダメになったので舞台巡りも全く出来なかったので、自由度の少なさは覚悟していたとはいえ、もう少し有意義に秩父を楽しみたかったです。
 
 また行けばいいんですけれど(ぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

第三回 浜松ジオラマグランプリ

 土曜日、第3回浜松ジオラマグランプリの作品の展示と一般投票があり、見学に出かけました。

D00

 本日が表彰式なので、グランプリが決定している筈ですが、公式はアフターパーティーの盛り上がりを伝えるばかり。
 ちょっと苦言が先になっちゃうけれど、どうも公式はPRやアナウンスが弱いというか下手に感じます。
 
 さて、一応はモデラーだったのすが、現在目の病気で視力が失われつつあるため模型作りも思うようには出来ないのですが、行ってみて久しぶりに作りたい! という情熱を会場から頂きまして、大変良いイベントでした。
 
 ■Twitterの方では先に写真を一部上げてますが、会場の写真撮影の許可は出ていますが、各作品個別の掲載にあたり、問題があるようでしたらご連絡頂けたら幸いです。
 
 写真掲載は平等に行いたいのですがそれは公式に任せて、ここでは個人的な趣味に偏らせて頂く事をご容赦下さい。
 
 まず、入り口付近の係員さんに順路らしきルートされて進むと、最初の方に目を引く大型の作品が。
 ノイシュバンシュタイン城です。

D01

 細部まで良く作り込まれた作品です。一般のお客さんには、模型の完成度としてはとても訴えやすいようでここで写真を撮る方も多かった様です。
 
 この方は、ヒロシマの原爆ドームの今昔をひとつにした作品も出品されていました。

D11

D11a

 橋の下に兵士が隠れていたり、教会の塔には狙撃兵がいたりと、ジオラマの楽しさがよくわかる作品です。

D02

 メタリックな統一感がいいですね。

D03

 こちらも同じようなテーマですが、より現代的な情景です。

D18

 ベースの箱も世界観のひとつだし、市場の雰囲気が伝わってくるようです。

D04

D04a

 大型のジオラマもいいですが、プラモデルなど作ったらまずはこういう展示を目指そうっていう良い例です。

D06

 でもジオラマとしては、もう少し物語性が欲しいかもしれません。
 投票用紙は配られたんですが、その用紙の裏にでも、作者からのプレゼ的な作品の想いを伝えるみのが掲載されていればいいと思うんですが。もちろん、作品そのものが全てを物語る、というものありますけれど。
 それにしても出展者の作品名と作者の一覧ぐらいは欲しかったです。
 
 やはり戦車のジオラマは定番で安定。

D19

 大小の展示会でも必ず見かける、もはや定番のジブリ。

D07

 丁寧な仕上げで写真に撮るとまるでアニメの様です。

D08

 、今回の展示が作者さんが意図的にケースに収めた作品以外はそのまま露出して展示してあったのですよ。
 
 そのお陰で、模型ファンとしてはガラス越しではなく直接間近で作品を見られ大変な眼福だったのですが、その反面、例えばジブリなどは一般受け(特にお子様)が大変よろしく、お子様が作品に触り放題だったのが気になった所です。作者さんは作品中のフィギュアの向きも細心の集中力で考えて配置してあっただろうに、向きを変えるどころか引き抜こうとしていたりするんです。
 
 スタッフさんたちも知り合いや常連さんらしき方たちと談笑で見ていないし、「触っちゃダメだよ」と言うとその子供の親が注意した私を睨むんだよね。
 
 そんな子供たちの集中攻撃を浴びていたトトロ。

D05

 手前のスイッチで音が鳴るギミックがあるから余計に攻撃の対象となっていたようです。
 
 バイクや自動車の模型って、実物を見慣れているだけにどうしても「オモチャ」っぽく見えてしまうんですが、この自然な感じは素晴らしい。

D09

 芸術の芸術。
 ナウシカなどもそうだけれど、正面から見るとトップライトのお陰でメインのフィギュアに影が出来てしまうため、こういう場所の展示とか難しいよね。

D10

 作り込み度としては会場でも目を引いた作品です。

D12

 どうも公式関連から流れてくる情報が「ジオラマ=ノスタルジー」のような印象を受ける感じでして、会場が山田卓司氏の常設展示が行われている影響もあるのだろうかとか、一般の方々へのジオラマの印象が偏るのも嫌だな、と思っていた次第ですが、それでもこれは素晴らしい。
 
 まるで映画のシーンのようです。

D13

 写真に撮るとリアルさが増す例。

D14_2

 火や水の表現はなかなか難しいものですが、写真に撮るとなかなかに一層リアルです。

 遊び心といえばジオラマの醍醐味ですが、これは仕掛け(ギミック)に凝った作品です。

D15

 これは「巨人の星」の星一徹宅のジオラマですが、写真に写っていませんが手前にズラリと押しボタンスイッチが並び、例えば星一徹がグルリと回って中央の部屋に(隠れて見えませんが)あるちゃぶ台が豪快にひっくり返る、などの仕掛けがあります。
 
 ノスタルジック系のジオラマでも人気を集めていた、おばあちゃんが留守番する電気店。
 生意気を言っては申し訳ないんですが、自分を含めてPCによる素材作成に頼りすぎた印象を受けました。看板は、看板屋の手書きだったのですよねぇ。

D16

 魔女の宅急便のグーチョキパン店。
 女の子が遠慮無く中の猫を引き抜こうとしていてハラハラしました。

D17

 ノスタルジー系に負けず、どんどんこういう系の作品も増えて欲しいと思った作例。

D20

 メインの素材の考え方から発想をどんどん変えて行かなくちゃいけないですね。
 フィギュアが布の質感で出来ているんだけれど、柔らかいドールなのでしょうか?(触って確認する訳にもいかないし)

D21

 
 そして、今回の私的に一番のツボで、圧倒された作品。

D22

D22a

 
 遠目にやたら細かいものがあるな、と思って近づいてすぐにピンと来ました。
 
 私個人の趣味性もあるものの、もうこの作り込みの情熱は、圧倒されました。
 いったいどのぐらいの労力を掛ければ完成するのだろう。

D24

D25

 見ていると、憧れの軍艦島にココロが飛んでいけるような作品です。

D23

D26

 
 もしかしたらジオラマコンテストとしてはジオラマの持つ物語性としてはわかりにくく不利かも知れません。
 それを差し引いても、これに一票。
 
 でも廃墟の持つ物語って確かに存在するんですよね。
 
 今回はコンデジしか持って行かなかったので一眼持って出直そうかと思ったくらいです、でも逆に人混みの狭いスペースなので、コンデジでフットワーク軽い方が正解だったかも知れません。
 ちょっと久々に「模型やりたい!」な感じで興奮して帰って来た次第です。
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

「いなり、こんこん、恋いろは。」舞台訪問、敗北D

 12日に伏見稲荷へ行ってみました。

081201

 本当は5月の気候が良い頃に計画していた京都は伏見稲荷ですが、8月当初から何度か予定していたのですが何とも天候不順に見舞われ二度の順延の末、気候と人出の最悪な時期に決行しました。
 しかしどうも同行者は雨男らしい。
 3度目のチャレンジのこの日(12日)も、決行を決めた直後から伏見地区の予報は晴から一転雨に変わり、出発直前の午前3時に雨雲レーダー画像見て論争し中止か決行か二転三転、一時間以上遅れの出発でした。
 
 伏見稲荷は「いなり、こんこん、恋いろは。」を差し置いても京都の中では特に前々から行ってみたかった所ではありますが、京都=混雑、というイメージがあって特に観光地は苦手なのです。
 
 なお、夏休みお盆のシーズン中の混雑と暑さを差し引いても、想定以上に伏見稲荷の環境は過酷でした。
 遠征としては失敗、作戦としては敗北D、と言った所です。

Shippai

 出発が遅れたため、いつもの四日市や亀山JCあたりの渋滞に巻き込まれ到着は9時半頃でしたが、伏見稲荷境内の無料駐車場には意外にもすんなり停めらました。
 ちなみにここは4時間までで、それを超えると警告書がウィンドウに貼られます(貼られました)。
 何時間までは良いのか、整理している社務所の方に確認して「4時間あれば余裕よね」と思っていましたが、全然時間が足りませんでした。
 
 計画では7時ぐらいから行動予定だったけれど、既に混雑のピークを極めていた感じで混雑具合は半端ありません。4時間後戻った時には少し空いていた感じでしたので、出遅れたと思ったらむしろ午後の方が良いのかもしれません。
 
 しかも圧倒的に外国人ばかりで、お守りとか祈祷受付のオバチャンも日本式発音で「エマ、エイトハンドレット(\800の意)」などと言ってます。
 
 出発時点で「混雑しているから下見程度になるよね」と考えていたとおり、人が途切れるタイミングはおろか、撮影ポイントの立ち位置確保すらままならない人だらけ、しかも外人さん(というかもう断定的に言いたい国籍な方々)は、日本人な方々が記念写真を撮っている人たちの中へも、待つという事を知らずに傍若無人に割り込んでくるのよね。

081203

 さて、今回の遠征失敗のいくつかを挙げてみると、
 
 まず、とんでもない湿度の高さ。
 
 カメラのレンズを交換すると中が湿気りそうで躊躇うほどの高湿度で、歩き始めてすぐに服もカメラも何もかもべとべと。
 
 また、人ごみから少しでも外れると、各個撃破を狙うヤブ蚊の猛襲を受けるのです。
 当然予想して出発前に虫除けスプレーは念入りにしたため大丈夫でしたが、それでも常にまとわりつく羽音に悩まされ、スプレーしたのに同行者は無数に刺され足が腫れ上がっていました。
 
 人もまばらな11話の場所や、

081215

 まあ、こんな場所に入れば当然ですよね。

081218

 人が多いと言えば、ネットの観光案内では奥社奉拝所までで帰る人が多い、などと書かれていたので油断していましたが、そんな事はなく大量の人たちがさらに奥へ進んでいきます。

081207

 いなこんでは有名なスポットですが、奥社奉拝所からすぐの場所なのでかなり混雑しています。 
 とにかく人を写さないのが大変です。

081211

081212

 分かれ道のたびに先に進むか迷う人がいるのですが、この辺りはみんなまだ先に進みます。
 とにかく人が多くて、かなりアングルは妥協せざるを得ません。

081217

 定番のお約束アングルも本当に人が途切れるタイミングがありません。

081204

 熊鷹社あたりまで来ても人でごった返していて、三ツ辻あたりまで来ると案内を見て進むか帰るか迷う人たちも多いようでしたが、四ツ辻へ来てもかなりの人で賑わってました。でもこの先へ進む人はかなり少なくなりました。
 
 我々も高温多湿な中で階段の上り行程であっという間に体力を消耗し、既に登頂は断念、御膳谷遙拝所まで到達した時点で4時間を経過したため、戦略的撤退です。
 麓では定価より安価な自販機もあるのに、標高に比例してドリンクの価格が上昇するので要注意です。
 
 そして、「特徴ある風景だから行けばすぐにわかるよね」と思っていた所がまるで間違い探しみたいな感じで、同じようなものが迷路のようにかつ立体的に大量にあって、場所はわかっていても時間が気になった焦りもあり、なかなか難儀しました。

081222

081223

 麓までは通学路コースで下山です。このルートは観光客もまばらです。

081231

 上の写真で、この場所で写真を撮っていましたら、左側の商店の方に公式京都探訪マップを頂けました。京都市産業観光局へ直電して最寄りではどこで配布してるか聞こうとしていましたので大変助かりました。
 
 駐車場に戻って、やっぱり警告書貼られちゃってまして、整理の係員に「なめてました。奥まで行くと予想以上に時間がかかりました。ごめんなさい」して、出庫して調べてあった商店街のパーキングに移動しました。平日扱いなので打ち止め600円だったので最初からこっちにすれば良かったです。
 
 そして劇中の「お食事処いなり」で登場キャラたちが座っていたテーブルで遅い昼食。

081251

 混雑してたんですが、入るとすぐに「いなこん席」が空いたのでそちらへ移動。しかし見事に店内は外国人さんばかりです。
 
 意外にもメニュー名から内容が予想出来ないものが多く、「いなり丼」は油揚げベースはわかるんだけど構成素材(笑)はどうなっているのか店の方にと尋ねた結果、卵で閉じてもらいメニューに載っていない「衣笠丼」を頼むという結果に。
 
 帰って調べるとこの衣笠丼は京都ではポピュラーな食べ物のようです。

081252

 疲れ気味の胃に優しい味で美味しかったです。
 
 一息ついて一応駅前周辺や通学路方面を眺めに行ってみるものの、体力の消耗を実感して撤退を決意。
 お土産でもご当地に協力してみました。
 思わず全種類、と言いたかったけれど自重しました。

081259

 交代ドライバー要員があるといえ、帰りは来る時よりも渋滞が予想されていましたからね。
 次回のリベンジはいつ行けるんだろう???
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »