« 朝比奈大龍勢 | トップページ | 大洗あんこう祭 »

2014年10月26日 (日)

秋の木崎湖にて。

 2年ぶりの木崎湖は快晴でした。
 昨年のイベントはスケジュールも合わず天候も悪かったので無理せず諦めちゃったからね。
 
 今回の記録はアップしない予定でしたが木崎湖の風景を求めて来られる方もいらっしゃるようなので遅ればせながら記事にしてみました。

K141

 何度も来ているけれど、ここまでの快晴は久しぶりです。
 
初めて訪れた木崎湖も快晴だったけれど初夏だったため強烈な日差しに参りましたが、今回は暖かく気持ちが良い天候でした。
 周囲の山の紅葉は、少しだけ早かったかな。
 
 実は木崎湖を含む大町市広域にわたって出ていた『熊出没警報』により、キャンプ場でもテント泊や屋外での飲食が禁止されるという緊迫した事態により、木崎湖訪問も既に延期していて中止も検討していたなか、今回訪問の当日は付近で祭り(イベント)などが開催される事もあって人出もあり周辺警備も行われるだろうと考え、思い切って出かけた次第でした。
 
 もちろん見通せない森や藪の近くの人気がない所や暗くなってからの行動はしない事を前提として、キャンプ場でも熊の直近の状況を伺って行動しました。
 
 
 空はこんなに蒼いのに……

K143_2

 今回出演(コスプレイヤーさん)はアンナさんです。

 Nikonの発色は地味なんですが、カメラのスタンダード設定のJPG画像でもまるで加工した様な青さです。
 そしてみずほ先生の衣装の色彩コントラストが凄いです。今日の天候ロケーションに良く映えます。 

K144

 しかし我々しょぼいカメラマンが「あーでもこーでも」理屈を言いながら撮っている中、キャンプ場の管理人さんはササッとコンパクトデジカメで撮ってTwitterに上げられた写真を見て、管理人さんのずっと木崎湖を見守る愛と経験の愚直さか、敗北感を味わったものでした。 

Dsc_8329

 そんな管理人さんとツーショットの図。
 
 パラグライダー場へも登ってみました。熊が心配でしたが、むしろパラグライダー場はコンディションが良いからと勧められて登りました。途中の山道でも開けた場所ではカメラマンたちが、頂上ではパラグライダー愛好家たちと大勢の人たちで賑やかでした。

K146

 思った以上に空気が澄んでいるようです。

K147

 正規カメラマンさんの方は「湖面キラキラ」が今回のテーマだったようで、随分と頑張っていた感じですが、山に囲まれた湖だと、太陽光線の入射角の関係で難しいんですよ。

K149

 踏切シーンも撮っている最中におねがいシリーズを思い出して感慨深い。

K1410

 海ノ口駅は夕方の、光が柔らかくなってからの少し寂しさや切なさのイメージで。
 ローカル駅ってそんな感傷を抱かせるので、写真もそんな感じに仕上げてみました。

K1411

K1413_2

 さすがに10月も下旬となると、急激に気温が下がってくる感じでしたので早々に切り上げ、いつものアルペンハイム山正旅館へ。

 旅館での夜、例のキャンプ場さんで上がった写真見て我々も木崎湖テンプレ写真を素直に撮ろうじゃないかと、でも翌日はたぶん曇るんじゃないかなぁ……。
 
 と、朝が来てみれば相変わらずの快晴っぽい。
 なので時間を惜しんで、すぐさまお出かけ撮影です。

K1415

 
 木崎湖湖畔で、キャンプ場内でも唯一紅葉する木は既に落葉盛んであまり綺麗な感じではないのですが、撮影してみると意外に綺麗に見えるんですね。

K145_2

 お昼は行動範囲の諸事情もあって「ゆ~ぷる木崎湖」で2日間ともに利用したんですが、大町市内では黒部ダムカレー推ししているのですね。ゆ~ぷるでも協賛していたので食べてみました。

K1416

 ごはんの量が固めてあるので結構多いです。
 帰りに安曇野で「りんごナポリタン」も考えていたんですが無理っぽいです。
 
 さて、関東組を昼食後信濃大町駅へお送りして早めの帰宅の途に。
 
 安曇野インター入口直前で先行車が妙に左に寄せて走るなー、と思っていたら案の定ガードレールと接触して急ハンドルで車線またいでうろうろ。居眠り? びっくりした。

|

« 朝比奈大龍勢 | トップページ | 大洗あんこう祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199552/60679867

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の木崎湖にて。:

« 朝比奈大龍勢 | トップページ | 大洗あんこう祭 »