« のうりん スタンプラリー第3期 | トップページ | 時間つぶしの東京散策 »

2015年2月 1日 (日)

「のうりん」白鳥先生の一日所長イベント

 前回のスタンプラリーでしばらくは美濃加茂市へは行かないだろう……
 
と、思っていたのに 「のうりん」の原作者、白鳥士郎先生が美濃加茂市観光案内所の一日所長を務める、という訳で1月31日、再び美濃加茂市へ行って来ました。
 3週間後の同じ1月のうちに行く事になろうとは思いませんでした。
 
 直前まで情報が先生の「のうりんBlog」にしかなく、本当に開催されるのか不安でした。他の方が当日のスタッフさんにも意見としてましたが、どうも情報の発信が少ないのです。

15013101

 
 中の人(声優さん)が来る訳でもないので、基本まったり進行でスケジュールは進みました。
 9時の観光案内所の開所に合わせて、一日所長の任命式。
 
 ※Blog掲載許可の確認を得ています。無断転載禁止。

15013102

15013103

15013104

 先ずは、その場にいた人たちに名刺を配るお仕事。

15013122

 
 案内カウンターについた先生は「何をすればいいんでしょうか?」と、観光案内所の本来の業務内容の説明を受けていましたが、実際のお仕事はほぼサインと記念写真とファン交流ゲームなので、実質ファン交流会……なのでたぶん企画通りだったんじゃないかな。
 
 むしろオッサン率高めで観光案内所が埋められていたので、一般の方々への観光案内業務の支障になっていなければ良かったのですが(笑
 「若い人(特に女子)」が訪れると先生は喜んでいらっしゃったので次回がありましたら是氏とも足を運んで下さい。
 

15013107

 
 基本的に聞き専だったので、他の方の質問や会話を聞いていましたが、色々楽しい話を聞けたりしました。
 自分もラノベの執筆のネタ出しの仕方だとか聞いてみたりしました。
 手持ちの本でサインを頂こうと「のうりん」の前作「蒼海ガールズ!」を持って行ったので逆に感想を尋ねられたりもしました。
 
 お米を買うとポストカードがもらえるんですが、先着十数名くらい?に先生からプレゼントでのうりんコミック7巻(もちろんサイン入り)も。

15013121

 
 交流ゲームということで、先生とゲームをして勝つと、美濃加茂市の観光クリアファイルにサインしたものが頂けるのがメイン企画のひとつだったようですが、何度でも再チャレンジ出来るし、当日の配布物や購入グッズなどにもお願いすれば快くサインして下さるのであまり意味はないな(笑
 
 交流ゲームを楽しむ先生。

15013105

 
 スタッフさんに当日のスケジュール表を確認させて頂き、11時からはスタンプラリーの店を先生と自転車で巡る企画があり、駅前のレンタサイクルでどうぞ……と勧められて、いち早く自転車確保に向かったのですが、まさに「そんな装備で大丈夫か?」状態で、自転車に乗る事を想定していなかったため外は超寒く断念。
 
 スタッフさんに再び詳細にタイムスケジュールを聞いて、別のルートで車でスタンプラリーをこなしつつ行き先に先回り。
 
 ちなみにスタンプラリーの参加店のひとつ、スイーツ類のモンテール美濃加茂工場直売所は、早い時間に行くとお買い得品があるのでオススメ(笑
 
 12時に太田宿中山道会館で待っているとファンたち引き連れ先生ご一行到着。
 もともとスタンプラリーを兼ねてこちらで昼食予定でしたが、特に予約もしていなかったんですが、スタッフさんに勧められ先生たちと一行全員で別室にてお昼を先生と談笑しながら頂く事になりました。
 
 観光案内所へ戻る時、「JAめぐみの」を見に行ったらすっかり解体が完了していました。

15013108

 13時頃には再び観光案内所に戻ってみると、カウンター裏が模様替えされていました。
 
15013110
 
 今後展示が予定されているグッズにサインのお仕事。

15013111

 15時まで色々と会話したりまったりと過ごして、白鳥先生は案内所所長の大任を果たされ帰っていきました。
 
 スタンプラリーは結局全部揃いました(笑

15013123

|

« のうりん スタンプラリー第3期 | トップページ | 時間つぶしの東京散策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199552/61069774

この記事へのトラックバック一覧です: 「のうりん」白鳥先生の一日所長イベント:

« のうりん スタンプラリー第3期 | トップページ | 時間つぶしの東京散策 »