« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月10日 (土)

もうすぐハロウィン

 世間は商業主義の誘導でハロウィンっぽい感じですが、そういや地元では一年中ハロウィンっぽい場所が誕生して、昨年末はずいぶん話題になったものです。
 
 最近はシュタインズ・ゲートや海月姫のコラボ賃貸というかコンセプトアパートと言うべきか、部屋の中がちょっとネタになっている感じですが、こちらは外観がむっちゃ懲りまくっているんです。
 何ともコスプレイヤーさんがロケしたがりそうな建物だが、別にテーマパークやアミューズメント施設ではなくれっきとした「賃貸アパート」なのです。

150913_01

 
 厨二病でなくても男子でも住んでみたいんですけれど。

150913_06

 
 アパート名は「サマンサ・マーサ」=魔女の館です。ホントにそんな名前だってば。

150913_04

 
 建物が広角レンズで歪んでいるように見えますが、事実、実物も歪みまくりなのです。
 
150913_09
 
 カラスや黒猫、コウモリにジャック・オー・ランタン、蜘蛛の巣などのアクセサリーも至るところに標準装備。

150913_03_2

 

150913_10

 屋根の突先がぐるぐるだったり†だったり素敵すぎる。 

150913_07

 
150913_08

 細部の作り込み(敷石のタイルとか門扉のストッパ)もハンパない。テーマパーク真っ青。

150913_05

 内部インテリアもかなり素敵だという噂。 もちろんバスタブは例の足のついたアレ
 
 施工は上のリンクのぬくもり工房ですが、地元では「ぬくもりの森」の……と言った方がよく知られています。
 施工会社の外観写真だと手前の道路が水平ですが、実は少し坂道。
 でも建物に水平線がないので水平がよくわかりません。

150913_02

 
 俗な話をすれば気になるお家賃は、確かお安いワンルームタイプで当時の不動産案内で13.3~15万円程度が提示されていて、建物にステイタスを感じられるなら安いと思うけれど、現実には賃貸に(しかも斜陽の地方都市)これだけ掛けられる人は少ないです……。
 庶民ほどこのお家賃出すなら家のローン……って思っちゃうよね。
 
 ただ、ホントにこんなアパートを実現させちゃったのが地元にあるっていうのがちょっと誇らしいです。
 逆にセカンドライフ(ネットのアレ)に普通にありそうな建物なんだけれど、逆輸入して再現させてみるのも面白いかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »