ゲーム

2007年10月28日 (日)

ひぐらしデイブレイク

 新しいパソコンも一年も使うと、内部のデータ整理はぐだぐだ。いっつも使い始めの頃はちゃんと階層別に整理しようと意気込んでいるんですけれどね。いや、時代のファイル増加に対応しきれていないというか(ぉ

 で、変なところに見慣れないショートカットアイコンがあったので、ついクリックしてみたら「ひデブ」だったの。ああ、こんなのもパソコンの中にインストールされていたのね(ぉ

 黙ってそのまま終了しようかと思ったけれどふと考え直して、その昔、もうすぐまんだらけになってしまう“某2階”の特殊喫茶の現役バリバリ常連だった頃のカリスマレイヤー葵あずささんと、二人でお揃いで「MELTY BLOOD」を購入した時、それをプレイするために買った格ゲー専用コントローラーを接続してみたのでした(ぉ
 ちなみに「MELTY BLOOD」は新品未開封ですが、何か?(ぉぉ

 ええっと、格ゲーつうかアクション系はあんまし得意ではないです。つうかこの手のゲームは自分の反射神経とかそういうのが人間としての能力のピークをとっくに過ぎています(わかりやすく言うと歳を取った)
 いや、昔は友人の家に行った時に初代PSの何だっけ?有名格ゲーで、自分をカモにする予定の友人を、30分で操作に慣れた私が返り討ちにしてボコボコにしましたよ?(←言い訳)
 まあそれでもストーリーモードは30分ほどでさっくり終わってます。赤坂とクラウドに地形的な面も含めて手こずっちゃった…。

 変な視点で感想を言うと、「雛見沢聖地巡礼シミュレーション」?
 ストーリーモードでプレイすると学校が舞台になるけど、学校の周りをぐるぐる回ってみてちょっと感動した!
 その他の舞台も、対戦モードでキャラを変えると色々変わるみたい。対戦やストーリーをこなすと舞台も自由に選べるのかも知れないけれど、自分にはそれはちょっと無理(笑
 それで新しい舞台だとちょっと感慨にふけって、舞台内を散策していると背後から襲われていつも死んでしまうの、さすが雛見沢(ぉ
 地理的に見覚えある場所ですが、梨花ちゃんハウスには行けないんですね(ぉ

 そしてッ!
 空中戦嫌い! なぜかいっつも青空をバックにパンツ丸見えモードの戦いに! ちゃんとジャンプしているつもりなんですがね。Rena
(引用画像:ひぐらしデイブレイク/黄昏フロンティア

 あまり対戦成績は良くないので、自分のキャラは強めに、対戦相手は弱めに選択するの。自分のはトミーが相性が良いみたい(笑
 しかし、梨花ちゃまを赤坂でぶん殴りつづけたり、沙都子を悟史のバットでぶん殴ったりとか、なかなか心が痛む戦いですなぁ……。あ、フリーズした!!!(ぉ

 そして壮絶な4人梨花ちゃんモード(ぉ)

 とりあえずこれは今度とんかつ屋(カツ味さん)へ持ち込んで雛見沢観光をしてみたい気分です。やっぱり対人ぢゃないと飽きちゃうんですよね。かといって通信対戦するほど上手じゃないし(笑
 でもとんかつ屋さんは意外と上手そうなんですよね……若いからなぁ…(爆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

Nice boat.な原作

 笑劇(ぉ)のNice boat.な最終回だったアニメSchool Daysのルーツを辿ろうと、会社のエロゲコレクターの後輩ちゃんに例によってレンタル発注をかけてました。
 なかなか持って来ないので督促したら、
「すみません、実用のは先に貸し出しちゃっていて無いんです。観賞用と保存用はあるんですが」
 なんだって~(AA略)、
 観賞用はダメなのか?
「だってだって、部屋にディスプレイして置くのだから開封出来ないし……」

 う~む、俺様より先に発注した奴がいるだなんて、なかなか侮りがたいな。

 Summer Daysは即貸し出しOKらしいですが、スクイズはあくまでネタとしてそこそこ楽しめるけれど、ネタでするならスクイズだけで充分、とってもつまんないらしいのでパスしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

ぴあ雀

 Pia雀は…と言うよりPiaキャロットシリーズは全然知りませんが、何か?
 なので、何やら知らない女の子と麻雀をするただの脱衣麻雀ゲームです(ぉ

 エロゲコレクターの後輩ちゃん(社内では通称「宇宙人」)が頼んであったのをようやく持って来やがりました。まあ仕事毎日午前様らしいので許す(ぉ) それにしても「Piaキャロットの、新しい麻雀ゲーム」と言ったのになんで「Piaキャロシリーズ全部」持ってくるのかなぁ……(そういう何考えているのか判らないところが宇宙人たる所以)

 「あれ? これは?(MapleColors)」
 「あっ、間違えて持って来ちゃった。面倒くさいから持ってって」

 Piaキャロット麻雀「ぴあ雀」は、冬コミの時、ガレキ仲間の西高東低さんに整理券取ってもらって、イベントショーを草葉の陰から眺めていた奴です。何で欲しがったかというと、大須の住人の人なら良くご存じの織姫よぞらさんがOPを歌っているので。ただそれだけ(笑

 で、インストールしたらOPが始まっちゃった……目的終了。(デモムービーでいいじゃん?)
 EDだったらどうしようかと思ってました(だってゲームしないと見られないじゃん)ヤッた事ございませんので、出てくるキャラも全然知りません。なので、自分にとっては「良くわからない女の子が出てくる脱衣麻雀ゲーム、それ以上でも以下でもない」訳ですね。
 そうか、親切な後輩はその為に全部一式貸してくれたのかな?(ぉ
 OP見て適当にクリックしたら、対戦相手を選べと、キャラクターのマップが。3人いるので、強制的にこの三人で卓を作るのかと思ったら、一人を選んだらいきなり始まっちゃいました。二人対戦なんですね。(←OPを見てれば判る筈だが…)

 ところでさあ、多分いちばん最初の対戦だから難易度下げてると思うんだけど……圧倒的ではないでか我が軍は!って感じでとりあえず敵?をサクサク倒し続けるの。
 つーかさぁ、役満でもう3回も和了ってるのっておかしくないかい? そりゃ自分はCPU相手の麻雀の時はチマチマしたのを作るのは好きくない(だから勝てないw)けど、勝って何だけど、逆に意図的にイカサマされているようで超不信感。「ホラ、最初は勝たせてやるよwww」みたいなカモにされる典型的なパターン(ぉ

 と、思ったら案の定です。
 少年マンガで言ったら最上階にいるボスを倒す為に登り始めた塔の3階目。いきなりダブルリーチ一発ツモ三暗刻ドラ3で和了やがりましたよコノヤロウヽ(`Д´)ノ

 まあ、「エヴァと愉快な仲間たち」( ´,_ゝ`)より勝ちやすい気がします。
 
 麻雀とか花札とか、こういうゲームの難易度ってどうやって設定しているんだろう? とかプレイしながらいっつも疑心暗鬼。配牌とか完全乱数になっているんだろうか、「統計的な偏り」が作られているんじゃないか? もっとはっきり言えばユーザーは見えない事を良いことに「イカサマに近い」事がされているんじゃないか? とか。
 まあ、やったらとリーチかけて早上がり、っていう思考ルーチンは単純で納得出来るけれど、例えば某花札ゲームで相手にばかり絵札が集まるのは確率的に納得出来ないのですが(ぉ
 だから、キャラクター物の麻雀などで、ポイント制でゲージ溜めて「必殺技」(要するにイカサマ技)を発動するっていうのは、むしろ明朗的なプログラムなのかも知れませんね。

 さて、敵を倒すと?脱衣していき、えってぃシーンになるんですが、てっきり紙芝居かと思ったらアニメーションだったよ。アニメの一部は、画面いっぱい大小のモザイクだらけで一体何が映っているのか全然わからないや。しかも1秒未満の動画の繰り返しなので、アニメの時間の割には動画が少ない(ぉ
 しかしクリックしてもキーボード叩いても、この出来の悪いアニメはスキップ出来ないんですかねぇ……。早く次の敵?に行きたいの、イライラ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

つよきす、おわた

 乙女さん攻略で、平凡かつ単調なシナリオに失望し、しばらく放置プレイだったけれど、久しぶりにエリカさんに手を出したら意外に好みだったので(ぉ)、何だかんだで全員攻略してしまいましたわ。

 佐藤良美さんは委員長で、一見フルメタの大佐風味。髪の毛もコンパチでなかなかよゐ娘に見えるんですが、虎馬から生じるゲーム中随一のブラックさが良いです。だが惜しい、邪魔者は消すぐらいのキレが欲しかったです。
 なごみんこと通称ココナッツ、香具師椰子なごみさんはツンと言うよりヤグサレモードから一転、デレデレモード、典型的ですが甘過ぎ…甘すぎる。少しスパイシーな所を残しておいてくれないとね。
 丁度らきすたのらっきーちゃんねるで「ツンデレ」が熱く語られてたんですが、しかしながらツンデレ定義は、黎明期では異説の方にも支持者が多かった気がします。自分はまさに確信犯的に後者、そう、デレデレ一本槍になってしまってはいけません! ツンツンスパイスの中に見せる「甘さ」が良いのです。
 って事で、なかなか香具師さんは良いのですが、ちょっと甘過ぎ。ま、良いんだけどね(ぉ
 話はそれるんだけど、先日のM's Melodyイベント「C's Melody」(※行かなかったけれど)、COMOKの制服(一期ロリセーラー)着るんなら、あきらさんにらっきーちゃんねる、やって欲しかったな…とか言ったけれど、誰も反応しませんでした。意外に「らき☆すた」見てる人少ないの?

 そして蟹さん。もうね、自分的には外観でアウト。守備範囲外。
 しかしながら公式には最初に攻略を推奨されている、もしかしたらメインヒロイン? なので、シナリオとしてはこの中で一番まとまっているものなのかもですね。

 最後に祈先生。
 うわっ、さすがにオマケキャラだけあって唐突に秋になったと思った瞬間、エンディングですか。

 全部終わったんだけど、隠しルートとかないのかにゃ? とりあえず、中の人の挨拶とかは発見?したけれど…。
 後は、みにきすが残っているなぁ…。TVアニメに出てきたキャラ専用ルートだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

つよきす

 朝起きて、足が治っている事を期待して……は無惨に敗れ(ぉ

 もし、再度ギプスの生活になったらと考えると精神的ショックが大きいです。憂鬱の極み。
 気を紛らわせるために溜めてあった「らき☆すた」を眺めたのですが、あっという間に見終わってしまいました。だらだら見るには好都合だけど、癒やされないな(ぉ

 とにかく足を下げていると(つまり椅子に座っていても)ジンジン痛むので、常に床上に投げ出す姿勢です。
 PC近くの座椅子から動けないので、何気なく突然思いついて、乙女さんルート終了後放置してあった「つよきす」を起動。当然「蟹」は無視してエリカさんルートへ。
 ヤケクソで、ぶっ続けで完了。少なくともヤッてる最中は、足の事は多少気が紛れてました。

 エリカさんルート、乙女さんルートより自分的には好み。典型的「お嬢様で恋を理解していない」ツンデレテンプレート。乙女さんは恋モードだとデレデレで腑抜けになりすぎるからなぁ…。やっぱりあくまでツンツンしてなくちゃ、ということでは合格レベルでしょうか?
 むしろかなりの物語の終盤、エリカと百合?を匂わせる良美さんとエリカのどちらを取るかの選択肢が出るんですが、どちらかひとつは、つよきす=「つよき(強気)」の女性を意味するタイトルで、優しく笑顔で温和な優等生の良美さんの、どこをどう見れば強気な女性なんだろう?……って謎が、なかなかダークに明かされて一見の価値がありますね。ああ、間違いなく「地獄通信」に書き込んじゃうタイプなお方だw あるいは「嘘だッ!」と叫んだりとかww

 このエリカさんを攻略する事により、良美さんが攻略可能になったんですが、このエリカルートの良美エンド見た後で良美さん攻略させるとは、なかなかよい趣なものですね(ぉ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

つよきす

 Fate/hollow ataraxia が終わったー。長かったー。
 途中、PCの調子が悪くて2回もインストールしなおしたり、半年ぐらい間が空いちゃったりと、ほぼ一年がかりだった気がします。アニメのFateが放映されていたのが一年前の丁度今頃だったし。
 もっとも、花札とイリヤ城はほとんど手付けずだから、全然CG埋まってませんけれどね(ぉ

 終わった感動や余韻に浸る暇もなく、消化義務的に次のゲーム。
 なんとなく、つよきす。
 色々と「つまみぐい起動」をしてみたんですけれど。
 美味しい物は後に取っておく質なので?(ぉ

 「はじめから」スタートすると、オープニングをスキップしますか? と出るんですけれど、初めてだから素直に「いいえ」で。

 すると、だらだらと日常を描いた他愛のない描写が……カレンダーの日付が変わって、いったいいつまで続くんですか?
 途中、選択肢がいくつか出現するんですがね。オープニングをスキップすると、どうなるんでしょうね。うん、だんだん面倒くさくなってきました。数時間プレイしたんですが、「オープニングをスキップして」本編?が始まる日付を確認すると、まだ半分くらい…orz
 おまけにオフィシャルに言われている第一攻略キャラの蟹は、数時間の付き合いでますます嫌いになったし、自己的攻略候補の鉄乙女さんの私服は、とてつもなく萌えない(ダサい)し…。
 えっていゲームって基本的に紙芝居なんですけれど、やっぱFateって紙芝居の中でも演出効果が凄いっすね。その直後だから、立ち絵とかしょぼく見えちゃうよね…

 とりあえず、もう少し進めてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)