文化・芸術

2014年10月19日 (日)

朝比奈大龍勢

 18日に行われた朝比奈大龍勢に行ってきました。
 
 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」で一躍アニメファンの間にも知られるようになった秩父の龍勢祭りですが、静岡県にも2つの龍勢があります。
 地元局ローカルニュースで秋頃ぼちぼち話題に上るので知っていましたが、そんな大層な祭りとは思っていませんでしたが、日本三大龍勢のうち2つが静岡県だというのは、実は秩父の龍勢会館で「どこから来たんですか?→静岡県です」みたいな流れの会話で知ったのですが(笑)
 
 恐らくは今年が最後の可能性が高い「あの花龍勢」を見に行きたかったのですが、諸事情で行けませんでした。
 その代わりという訳ではないのですが、割と近い所であるので狙っていました。
 朝比奈大龍勢は隔年開催なので、今年を逃すと再来年になってしまいます。
 
 さて、滅多に行かない静岡方面へせっかく向かうので、県立美術館で「美少女の美術史」と鈴木酒店をいったん巡ってから行ったため、朝比奈龍勢の会場到着は13時過ぎでした。
 12時から打ち上げ開始でこの間20分間間隔(15時からは15分間隔に増発)の打ち上げなので、到着後まもなく13時20分発の打ち上げをちょうど見る事が出来ました。

Asa01

 駐車場からシャトルバスで往復するのですが、シャトルバスは次から次へとほとんど待たずにやって来るので便利ですが、5km強の距離が片道400円とはかなりお値段が。
 
 秩父の龍勢祭はあの花ファンの流入によりフリー見学エリアは大変な修羅場っぽいと聞いておりましたので、それなりの混雑を覚悟していたんですが、こちらはまだまだ長閑な田舎の祭りといった趣で、発射台の最接近できる場所まで行ってみましたが、余裕で居場所を確保出来ました。
 
 ほとんどの多くの地元の方々は屋外宴会モードだし、多くの方々は飲食物販売テント周辺に集中しているようです。

Asa02

 ちなみに主な見学場所からは逆光になりがちになります。
 逆光を避けて歩いていたら発射台に近い所だったという感じ。
 
 
 さて、巨大ロケット花火はいかがなものだろうと思っていたんですが、これが非常に面白いものでした。迫力満点です。

Asa07

 
 周囲に龍勢マニアな方々がいらして漏れ聞く話を伺うに、どうも今年は成功率が低い、上昇する高さも低い、という事でしたが、ちょっと言い方は悪いかも知れませんが、この「失敗する」というのが見ている分には面白いのです。
 
 たぶん全部が全部上がって成功すると数本見ればいいや、と思っちゃうかも知れません。
 
 
 秩父の龍勢は生で見た事はないのですが、あの花龍勢他、いくつかの動画を見る限り大体において打ち上げの流れは同じです。
 打ち上げの前にやはり口上が述べられます。
 口上の雰囲気も秩父のと同じ感じ。ただ、スポンサー名がかなり述べられるんですね。
 ちなみに成功すると万歳三唱です。

Asa04

 秩父と違い、龍勢を発射台の中に入れるのではなく、ロケットの様に発射台の横にセット。櫓は鉄骨製です。

Asa06

 
 発射のタイミングも秩父の動画を見ていたイメージとは随分違いました。
 
 イメージ的に下からシュバババッっと導火線で火が昇って、ほぼ間髪入れずメインロケット点火で上昇するかと思いきや、朝比奈大龍勢は、
 
 口上が終わった後、点火(とアナウンスがある)
  ↓
 点火自体に10秒くらいはかかる
  ↓
 導火線自体はシュババババッっと一瞬で火が駆け上がる。

Asa14

 ロケット本体下の遅延導火線が十数秒燃える
 (望遠で見ていると火の色が変わっていく。目印なのか?)
  ↓
 発射

Asa07a

 みたいな感じで、意外に発射のタイミングが読みにくいんですが、近い場所だったので燃焼音で判断していました。
 
 口上が上手いと口上の終わりと同時に打ち上がる、と、龍勢マニアな方々が言ってましたが、どうもそんな雰囲気ではないです。
 
 さて、打ち上がった龍勢ですが、上昇が止まって下降を始める頃にこうなれば成功。

Asa08

 かなり時間が経ってから仕掛けが出るのもあって、地面に落ちるまで割と目が離せません。

 が、山の頂上付近に墜落して森の中でバリバリと煙と炎をあげるものや、不発で一直線に落下し地面に激突するもの。

Asa10_2

 上昇し始めたんですが、高度が上がらないうちにいきなり爆発するものも。

Asa11

 中央付近に弾頭を失ったロケットの尾が上昇しようとあがく感じが見える。

Asa12

 爆発地点で健気に仕掛けが作動。

Asa13_2

 また、撤収する最後に見たタイミングの16時発の龍勢が……

Asa21

 離陸出来ず、発射台にて爆散。

Asa22

Asa23

 申し訳ないですが、こういうのも期待していたので大満足。

 弾頭が残ったものを運んでましたが、弾頭があるという事は不発だったのかしら?

Asa09_2

 さて、混雑を避けて16時のものを最後に撤収しましたが、この時間になってもシャトルバスが満員に近い状態で次々に客を運んできます。

 秩父ともっとも大きな違いは、朝比奈大龍勢は夜の部がある、という事です。

 実は夜の部を見ないのは「もったいない」らしいのですが、2時間ぐらい眺められればいいや程度に考えていたので夜戦装備がありません。これから来る人たちは多くの人たちが防寒装備で来ていましたし、夕方は山中という事もあり急速に涼しくなってきたため断念。

 次回は再来年になってしまいますが、次は一日かけてゆっくり見ます。
 秩父の龍勢祭りも行きたい。

 おまけですが、静岡県立美術館でやってるもの。

Img_3619

 でかい。

Img_3615

 内容はなかなか興味深かったですの。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

第三回 浜松ジオラマグランプリ

 土曜日、第3回浜松ジオラマグランプリの作品の展示と一般投票があり、見学に出かけました。

D00

 本日が表彰式なので、グランプリが決定している筈ですが、公式はアフターパーティーの盛り上がりを伝えるばかり。
 ちょっと苦言が先になっちゃうけれど、どうも公式はPRやアナウンスが弱いというか下手に感じます。
 
 さて、一応はモデラーだったのすが、現在目の病気で視力が失われつつあるため模型作りも思うようには出来ないのですが、行ってみて久しぶりに作りたい! という情熱を会場から頂きまして、大変良いイベントでした。
 
 ■Twitterの方では先に写真を一部上げてますが、会場の写真撮影の許可は出ていますが、各作品個別の掲載にあたり、問題があるようでしたらご連絡頂けたら幸いです。
 
 写真掲載は平等に行いたいのですがそれは公式に任せて、ここでは個人的な趣味に偏らせて頂く事をご容赦下さい。
 
 まず、入り口付近の係員さんに順路らしきルートされて進むと、最初の方に目を引く大型の作品が。
 ノイシュバンシュタイン城です。

D01

 細部まで良く作り込まれた作品です。一般のお客さんには、模型の完成度としてはとても訴えやすいようでここで写真を撮る方も多かった様です。
 
 この方は、ヒロシマの原爆ドームの今昔をひとつにした作品も出品されていました。

D11

D11a

 橋の下に兵士が隠れていたり、教会の塔には狙撃兵がいたりと、ジオラマの楽しさがよくわかる作品です。

D02

 メタリックな統一感がいいですね。

D03

 こちらも同じようなテーマですが、より現代的な情景です。

D18

 ベースの箱も世界観のひとつだし、市場の雰囲気が伝わってくるようです。

D04

D04a

 大型のジオラマもいいですが、プラモデルなど作ったらまずはこういう展示を目指そうっていう良い例です。

D06

 でもジオラマとしては、もう少し物語性が欲しいかもしれません。
 投票用紙は配られたんですが、その用紙の裏にでも、作者からのプレゼ的な作品の想いを伝えるみのが掲載されていればいいと思うんですが。もちろん、作品そのものが全てを物語る、というものありますけれど。
 それにしても出展者の作品名と作者の一覧ぐらいは欲しかったです。
 
 やはり戦車のジオラマは定番で安定。

D19

 大小の展示会でも必ず見かける、もはや定番のジブリ。

D07

 丁寧な仕上げで写真に撮るとまるでアニメの様です。

D08

 、今回の展示が作者さんが意図的にケースに収めた作品以外はそのまま露出して展示してあったのですよ。
 
 そのお陰で、模型ファンとしてはガラス越しではなく直接間近で作品を見られ大変な眼福だったのですが、その反面、例えばジブリなどは一般受け(特にお子様)が大変よろしく、お子様が作品に触り放題だったのが気になった所です。作者さんは作品中のフィギュアの向きも細心の集中力で考えて配置してあっただろうに、向きを変えるどころか引き抜こうとしていたりするんです。
 
 スタッフさんたちも知り合いや常連さんらしき方たちと談笑で見ていないし、「触っちゃダメだよ」と言うとその子供の親が注意した私を睨むんだよね。
 
 そんな子供たちの集中攻撃を浴びていたトトロ。

D05

 手前のスイッチで音が鳴るギミックがあるから余計に攻撃の対象となっていたようです。
 
 バイクや自動車の模型って、実物を見慣れているだけにどうしても「オモチャ」っぽく見えてしまうんですが、この自然な感じは素晴らしい。

D09

 芸術の芸術。
 ナウシカなどもそうだけれど、正面から見るとトップライトのお陰でメインのフィギュアに影が出来てしまうため、こういう場所の展示とか難しいよね。

D10

 作り込み度としては会場でも目を引いた作品です。

D12

 どうも公式関連から流れてくる情報が「ジオラマ=ノスタルジー」のような印象を受ける感じでして、会場が山田卓司氏の常設展示が行われている影響もあるのだろうかとか、一般の方々へのジオラマの印象が偏るのも嫌だな、と思っていた次第ですが、それでもこれは素晴らしい。
 
 まるで映画のシーンのようです。

D13

 写真に撮るとリアルさが増す例。

D14_2

 火や水の表現はなかなか難しいものですが、写真に撮るとなかなかに一層リアルです。

 遊び心といえばジオラマの醍醐味ですが、これは仕掛け(ギミック)に凝った作品です。

D15

 これは「巨人の星」の星一徹宅のジオラマですが、写真に写っていませんが手前にズラリと押しボタンスイッチが並び、例えば星一徹がグルリと回って中央の部屋に(隠れて見えませんが)あるちゃぶ台が豪快にひっくり返る、などの仕掛けがあります。
 
 ノスタルジック系のジオラマでも人気を集めていた、おばあちゃんが留守番する電気店。
 生意気を言っては申し訳ないんですが、自分を含めてPCによる素材作成に頼りすぎた印象を受けました。看板は、看板屋の手書きだったのですよねぇ。

D16

 魔女の宅急便のグーチョキパン店。
 女の子が遠慮無く中の猫を引き抜こうとしていてハラハラしました。

D17

 ノスタルジー系に負けず、どんどんこういう系の作品も増えて欲しいと思った作例。

D20

 メインの素材の考え方から発想をどんどん変えて行かなくちゃいけないですね。
 フィギュアが布の質感で出来ているんだけれど、柔らかいドールなのでしょうか?(触って確認する訳にもいかないし)

D21

 
 そして、今回の私的に一番のツボで、圧倒された作品。

D22

D22a

 
 遠目にやたら細かいものがあるな、と思って近づいてすぐにピンと来ました。
 
 私個人の趣味性もあるものの、もうこの作り込みの情熱は、圧倒されました。
 いったいどのぐらいの労力を掛ければ完成するのだろう。

D24

D25

 見ていると、憧れの軍艦島にココロが飛んでいけるような作品です。

D23

D26

 
 もしかしたらジオラマコンテストとしてはジオラマの持つ物語性としてはわかりにくく不利かも知れません。
 それを差し引いても、これに一票。
 
 でも廃墟の持つ物語って確かに存在するんですよね。
 
 今回はコンデジしか持って行かなかったので一眼持って出直そうかと思ったくらいです、でも逆に人混みの狭いスペースなので、コンデジでフットワーク軽い方が正解だったかも知れません。
 ちょっと久々に「模型やりたい!」な感じで興奮して帰って来た次第です。
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

寄り道沖縄

 宮古島から帰る途中、那覇で乗り継ぎ時間を4時間弱とって少しだけ観光しました。

 沖縄本島も既に3回観光しているので、肉体労働系出張の後には積極的に動く気力がありません(他のメンバーは本島で延泊して遊び呆けてますがw)
 今回は少しの時間なので、おみやげの回収に国際通りに。首里城へも、と迷いましたが一度行ってるし「ゆいレール」がとてもトロいし、炎天下の首里城は死にそうだったので挫折。

 「あの夏で待ってる」の舞台は長野県で、一応、お隣の県なんですけれど、計画では既に雨天で小諸行きを2度も失敗しているうちに、先に沖縄に来てしまいました(苦笑

Img_0823

 あっ、今回こそは巡礼とかではなくて本当におみやげ回収なんだからねッ!

 お昼を過ぎていたので、手っ取り早くいつもの?大衆食堂「むつみ屋」

Img_0831

 うろ覚えだけれど辿り着けました。他にチャレンジしたい気もあったんですが、店を探検して選んで時間を消費したくなかったのです。
 むつみ屋さんの味って何か安心するんですよね。
 本日のランチ「ゆし豆腐セット」500円。

Img_0829

 念のため、あの夏に出てくる風景も回収しつつ(笑

Img_0834

以前国際通りに訪れた時には時間が遅すぎて店が閉まりきっていた商店街を見てみたかったのでした。ちょっと怪しそうで興味津々w

Img_0840

 国際通りのお土産屋は店によっては22~23時くらいまで開いているのですが奥の商店街はそれなりの時間で閉まってしまうのです。

 話に聞いていたけれど、迷うほどではないけれど、ちょっと迷宮っぽい。

Img_0843

 ごめん、出てくる所が予想外という事はやっぱりちょっと迷っているんですね。
 通りがカーブしていたり交差点がこんな形で鋭角に交差しているので、迷いやすいかも。

Img_0846

 アーケードの天井も、鉄のトラス構造がちょっとレトロで素敵。

Img_0848

 見てみたかった公設市場に着きました。

Img_0858

 特に魚屋系が鮮やか過ぎてちょっと毒々しくて、食べられる気がしません(笑

Img_0862

 海ぶどうも空港の価格より半額ぐらいで売っていますが、市場の中及び周囲の商店でもかなり価格差がありますので、欲しい人は少なくとも一周ぐらいは眺めた方が良いかも。眺めていると「安くするからさぁ」と盛んに声を掛けてきますので、表示価格よりも多少は値引きされるようです。

 色々見ているとあっという間に時間が経ってしまって、そろそろ飛行機の時間がやばいかも……って急ぎ足でゆいレールへ。

 矢吹のジョーさんでも炎天下は辛いのか、店側の日陰にいらっしゃいました。

Img_0876

 モノレールってポイント?のレールがダイナミックに動くんですね。モノレール自体ほとんど縁がないのでちょうど動く所を見て感動しました。

Img_0896_2

Img_0901_2

 しかし那覇空港のファーストフードで札幌ラーメンはないだろう……

Img_0545

 那覇はあんなに天気が良かったのに、中部国際空港付近は雷雲に覆われている、と言う事で飛行機への落雷の注意があったり、着陸のかなり前の早い時間からキャビンアテンダントさん達が着席して揺れに備えてと、それなりに揺れましたし、着陸をやり直すみたいな説明もあってちょっとスリルがありました。

 でも着陸が別の空港に振り替えられたり、帰りが遅くなったりするのは勘弁して欲しいなぁ……と思っているうちに、外も悪天候で何も見えないなと窓の外を見ていたら、いきなり空港の地面が見えてあっさり着陸。

 最後に一番苦痛なバスの行程を終え、ようやく帰宅。
 翌日からすっかり夏バテ気味なのでした(ぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

エンジンの音轟々と隼は往く宇宙の果て

 ごきげんよう。

 「はやぶさ」の回収カプセルが当地方でも公開される、との事でしたが、混むしどうせ行ってもアクリルケースごしにちょびっと見えるだけだし……と、行かない事を決め込んでいたんですが、まあ、「はやぶさ」祭りの余韻に乗っかるのもいいかと思い直して出かけてみました。

1012192

 会場は通称バブルの塔のあるアクトシティ。バブル期に設計され完成時にはバブル崩壊という、現在の地方財政では二度と出来なさそうな駅北東ブロックで、普段はゴーストタウン(失礼)なイメージがあって自分もこういう時しか寄りつきません(笑

1012190

 現地には11時半ぐらいに到着したんですが。会場となるホールをぐるっと3/4周するくらいの待機列になっていて。最後尾のお兄さんが「チケット買うまで1時間半、カプセル見るのにさらに1時間半」と言われて悩む。実際、訪れた方の多数が挫折してその場から脱落して行きました。

 実際には1時間弱でチケットと時間で区切られた入場整理券をゲット。

1012191

 時間があるので、同じ会場ブロック内の別の場所で行われている松本零士複製原画展を見に行っていたり。てっきり噂の「エウリアン」な所かと思ったけれど案外人が訪れていたので安心して入れました。
 もっとも貧乏人に見られたか、一切セールスされませんでしたけれど、9~16万くらいのヤマトや999のリトグラフが結構売約済みになってました。ちょっと欲しいとは思いましたけれどw

 整理券の時間内に戻ればいいのよね、と、ちょっと遅めに行ったら既に次の時間帯の列が形成されていて、慌てて自分の回の列に割り込ませてもらいました。皆さん真面目に待っていたのね。
 そこからはスルスルと列は進み、15分くらいで噂のカプセルの前に。
 立ち止まるなと言うので、見る行為もあっけなく終了。たぶんネットの写真の方が詳細にじっくり見られるよね(笑
 しかし、やはり肉眼で確認するのが大事なんですよね!

 当たり前ですが予想通り、本物の展示部分は撮影厳禁です。撮影を決行した場合のペナルティもちゃんと明記されています(笑

 なので皆さん、鬱憤の晴らすべく、実物大模型の前で写真撮ってました。

1012193

 もっともこの模型も、JAXAの模型ではなくさらにレプリカなんですが(笑

1012194

 会場の物販コーナーも盛況で、雰囲気に飲まれてみなさんこんな工学書まで手に取って眺めています。ちょっと欲しい本もありましたが、専門書なので高いです……;;

1012195

 まあ、話のタネと言う感じだったし、冬のまんが祭りの行列の予行練習にもなった、という所でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)