映画・テレビ

2007年10月 7日 (日)

リメイク映画

映画館で映画鑑賞なんて、超超久しぶり。いったい何年ぶりなの?
って感じで映画に行ってきました。
過去の作品を監督自身がリメイク……と言ってもレイのアレぢゃありません。大林宣彦監督の『転校生』です。25年ぶりのリメイクです。
なんと! この映画観に行こうと言い出したのは、実は母親!
浜松映画祭で千円な上に、大林監督が舞台挨拶に来るというのが気に入ったらしいです。母親ながら案外ミーハーなのかも(ぉ

 入場時刻に合わせて行ったら(シネコンはキッチリ時刻にならないと入れてもらえないのね)、入場時刻前なのにもう入場が始まっていて、監督自らが入り口でお出迎えなの。
 舞台挨拶も開始時間を若干フライング気味だったので客の入場が続いており若干落ち着かない感じの中で始まり、スタッフさんの、恐らく『時間、オしてます!』とか書かれてるんじゃないかと思うボードが出たところで終了でした。

 上映開始で、久々に白い枠線が描かれ、その中に『A MOVIE』の文字が浮かび上がるのを見るのは久しぶりで、少し感慨深いのです。
 映画の内容は、あの尾道の舞台を長野に移し、ご存じ男女の主人公たちの心と体が入れ替わってしまったギャグデイストの部分は、全くと言っていいほど忠実に移植されています。旧作は何遍となく観ていますので、このまま旧作のストーリーをなぞるように進むのかと思いましたら後半、違うアレンジが用意されていました。
 
 ……うむ、やはり前作の方がまとめ方が秀逸だったせいもあり、やはり超えられなかったですか。
 少年(の心)だった日々とのひとつの決別を印象深く描いたもののひとつに銀河鉄道999の鉄郎とメーテルの別れがあるのですが、前作の転校生でもこのシーンは非常に巧く描かれていたと思うのです。無事に男女の入れ替わりが戻って、再び転校する主人公。二人はもう一人の自分自身だった者と別れを惜しんで見送った後、ヒロインは、もう振り返らずにスキップして帰っていく。お互いの未来のために。

 ですが、リメイク版ではヒロインは突然発症した難病により、あっけなく他界してしまいます。主人公の男の子がヒロインの記憶だったものとか背負っていくんですが、ヒロインに未来はありません。
 難病は心と体が入れ替わった事によるものだから、元に戻ればすぐに回復するんだろう…みたいな終わり方を期待していたんですが、悪い意味で裏切られました。

 犠牲を背負う新作は、旧作を知る者にとっては少々納得出来ない感じがしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

日本以外全部沈没

 月初めになったので、レンタルビデオ屋で新作落ちのチェック。『日本沈没』と『日本以外全部沈没』はセットで。地獄少女二籠3~4はまだ旧作に落ちてこないのね。

 日本以外全部沈没は、お手軽に見られそうだったので早々に見てみました。
 筒井康隆お得意のパロディに載せてのブラックユーモアの短編の映画化なんですが、いや、バカバカしいとしか言いようがないですね、この映画。内容はないので、笑える所だけ笑えればいい感じですが、まあ映画だからといっていい気にならない方が日本人さん(笑
 アメリカの人気女優が「日本の映画なんかチープで出たくないわ…」と言うとおり、まるで昭和の時代の特撮の様に、ビルの崩壊は石膏ミニチュアの爆発シーンで、チープさ満点です。CGよりむしろお金がかかるかも…
 外人は失業者で溢れかえっているので、メイドさんを3人くらい雇うのが今時のステータスらしいですよ!!
 そしてやっぱり北のお方はクーデターを目論む訳ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)